むし歯にしない!赤ちゃんの歯のみがき方

コラム
公開日:2014/07/05
むし歯にしない!赤ちゃんの歯のみがき方

軽くやさしくみがくことから
赤ちゃんの仕上げみがきのポイントは、余計な力を入れないこと。そのために、歯ブラシを持った手は、赤ちゃんの顔に軽く押し当てるようにして、ブレないように固定します。そして歯ブラシを歯に当てるときは、軽くやさしく。これが基本になります。

歯ブラシの持ち方基本 (強さを確認・えんぴつ持ち)

2013spring_yoga3_3
一度、どのくらいの力でみがいているか自分のつめのきわで確認を。くすぐったく感じるくらいでちょうどいいのです。

歯が少ないうちは「かぶせみがき」で十分

2013spring_yoga3_3
まだ1〜2本しか生えていないうちは、歯ブラシの毛で歯をすっぽり覆うようにしてくるっと回すようにして3秒で終了です。

だんだん歯が増えたら、各面と間をみがいて

2013spring_yoga3_3
歯の数が増えたら、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目をきちんとみがくように意識します。歯1本につき、3〜5秒ずつでOKです。

0才代は、授乳の姿勢で

【姿勢は安定させて】

授乳のときよりも少し起こした横抱きに。赤ちゃんの手を脇ではさんだり、歯ブラシを持っていない手で固定したりして、赤ちゃんの動きを封じます。歯ブラシを持った手は、赤ちゃんの顔につけて、ぶれないように。

1才過ぎたら、ゴロンして

2013spring_yoga3_3
歯の本数が増えたら、口の奥まで見えるようにしてみがくことが大事。パパに協力してもらって、どちらかが体を押さえましょう。毎日はきちんとみがけなくても、週1回でもこうして集中してみがけるといいですね。
P_2013_spring-100

■歯みがきイヤイヤベビーの味方/倉治ななえ先生
東京都大田区のクラジ歯科院長。日本歯科大学附属病院臨床教授。生活習慣や子育ての方法を見直すことで、子どもの美しい歯を育てることを提案する「子育て歯科」の第一人者。講演活動や本の執筆を行うなど、多方面で活躍中。
出典:Baby-mo(ベビモ)「イヤがってもダイジョウブ!!むし歯にしない歯のみがき方【超きほんの歯みがき方法】
こちらもチェック!

むし歯にしない歯のみがき方【ママの疑問Q&A】
むし歯にしない歯のみがき方【歯みがきをイヤがったら、どうしたらいい?】
むし歯にしない歯のみがき方【歯みがきグッズの正しい選び方】

あなたにおすすめ

注目コラム