【妊娠36週2日/予定日まで26日】ママの体重管理もラストスパート

【妊娠36週2日/予定日まで26日】ママの体重管理もラストスパート

連載 2人で読む【妊娠後期】 安心マタニティ

【赤ちゃん】内臓や消化器官も発達

内臓はいつ生まれても大丈夫な大きさになり、機能も発達しました。消化器官も働き始めています。

おしっこは、すでにもうずいぶん前からしていて羊水を作り出していましたが、うんちはまだしたことがありません。

おなかにいるときにうんちが出る、ということはかなりのストレスがかかっている状態で、もしうんちをしたら羊水が濁るため、すぐに赤ちゃんを子宮から出してあげなくてはなりません。

【ママ】胃がすっきりしても、食べ過ぎないで!

今まで胃や心臓がぐいぐい圧迫されていたのが、すっとラクになってきます。赤ちゃんが骨盤腔の下のほうにさらに移動したからです。その分、腰や恥骨、脚のつけ根の痛みが増してくるということはあるかもしれません。

胃がスッキリしたからといって、ここで食べすぎないで! 早ければあと1週間~10日で出産だから、多少体重がふえてもかまわないのでは? と思うのは危険です。

ただでさえ、ここからの数日間で、赤ちゃんはラストスパートをかけて大きくなります。1週間で100gほどふえます。その分、またママの体には負担がかかるのです。

また、せっかくここまで血圧も正常できたのに、急な体重増加で血圧が上がったり、むくみが出たり、最後にトラブルを招くと産後にも大きく影響します。臨月は「これまでのいい状態をキープする月」。そう考えてくださいね。


この連載について

おなかもかなり大きくなってきて、いよいよ妊娠後期へ。週ごとのアドバイスを読んで、赤ちゃんの成長の様子、ママの生活上や健康面の注意点などを確認しましょう。かわいい赤ちゃんに会えるまであと少し!35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイスをお届けします。

最新の記事

【妊娠39週6日/予定日まで1日】明日は予定日です

【妊娠39週5日/予定日まで2日】予定日に生まれてくる子は全体の約5%

【妊娠39週4日/予定日まで3日】「いきみのがし」を意識しておいて

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム