【妊娠35週3日/予定日まで32日】お産入院の移動手段を確保して

【妊娠35週3日/予定日まで32日】お産入院の移動手段を確保して

連載 2人で読む【妊娠後期】 安心マタニティ

【赤ちゃん】心拍数は大人よりちょっと早め

毎回の健診では、ドップラーによる赤ちゃんの心音を聞くことができますね。こもったような、ドクンドクンと脈打つ音はときどき弱くなったり、また強くなったり。ママのおなかの張りによって変化する様子も、わかると思います。

ふだんの心拍は、大人よりもちょっと早めです。一生懸命、心臓を動かしている様子がわかると思います。

【ママ】お産が始まったときの、移動手段の手配を

ふだんはバスや電車などを使って通院している場合、夜中にお産が始まったときにどうするか、いつでも呼べばすぐ来てくれるタクシーなどを調べておきましょう。

ただ、地域によっては夜間タクシーが営業していない場合や、出血や破水しているときは乗車拒否される場合があります。お産が近くなったら、こうしたことも含めてタクシーが呼べるかどうかを調べておきましょう。

もし、家族などに車の運転をしてもらう場合は、運転する人がお酒を飲むことを控えてもらわなければなりません。陣痛が始まってすぐから、歩けないほどの痛みになるケースはまれですが、どんどん痛みが強くなることはありえます。いろいろな想定をしたうえで移動手段を見つけておけば、お産が始まったときにあわてずにすみます。

不安にならないということも、体のリラックスにつながります。


この連載について

おなかもかなり大きくなってきて、いよいよ妊娠後期へ。週ごとのアドバイスを読んで、赤ちゃんの成長の様子、ママの生活上や健康面の注意点などを確認しましょう。かわいい赤ちゃんに会えるまであと少し!35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイスをお届けします。

最新の記事

【妊娠39週6日/予定日まで1日】明日は予定日です

【妊娠39週5日/予定日まで2日】予定日に生まれてくる子は全体の約5%

【妊娠39週4日/予定日まで3日】「いきみのがし」を意識しておいて

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム