【妊娠34週3日/予定日まで39日】頭が骨盤におさまってきます

【妊娠34週3日/予定日まで39日】頭が骨盤におさまってきます

連載 2人で読む【妊娠後期】 安心マタニティ

【赤ちゃん】背中は卵膜にふれたままの状態に

もう羊水はふえないし、体は大きくなる一方なので、背中はずっと卵膜にふれたままの状態に。窮屈そうですが、これが赤ちゃんがいちばん落ち着く環境です。

生まれたばかりの赤ちゃんが、おくるみやタオルケットなどにすっぽりくるまれていると安心して落ち着くのはこのためです。頭位なら頭が下。少しずつ骨盤におさまってきます。

【ママ】「シムスの体位」でおなかをラクに

大きくなったおなかをもてあますようになってくるでしょう。横に寝るとラクだったのが、横向きでもおなかが下になった方向に引っぱられる感じがして落ち着かなかったり、上のほうになった皮膚がつっぱるような感じがしますよね。こんなときは、「シムスの体位」がおすすめです。

上半身は横向きからややうつぶせになるように寝て、上になったほうの足を自分の前に投げ出すようにして、下になった足は反対に後ろに少し引くようにします。このとき、頭は枕に預け、ひざと床の間には、クッションや抱き枕を挟むとラクになります。

おなかを圧迫しない程度にうつぶせになることで、血流もおなかに届きやすくなるので、ママにも赤ちゃんにもラクな体勢です。

おなかの中では赤ちゃんは、ママに包まれていますが、ママもクッションやタオルに囲まれて、ちょっと似ていますね?


この連載について

おなかもかなり大きくなってきて、いよいよ妊娠後期へ。週ごとのアドバイスを読んで、赤ちゃんの成長の様子、ママの生活上や健康面の注意点などを確認しましょう。かわいい赤ちゃんに会えるまであと少し!35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイスをお届けします。

最新の記事

【妊娠39週6日/予定日まで1日】明日は予定日です

【妊娠39週5日/予定日まで2日】予定日に生まれてくる子は全体の約5%

【妊娠39週4日/予定日まで3日】「いきみのがし」を意識しておいて

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム