【妊娠33週5日/予定日まで44日】ママの爪も短くしておいて

【妊娠33週5日/予定日まで44日】ママの爪も短くしておいて

連載 2人で読む【妊娠後期】 安心マタニティ

【赤ちゃん】髪や爪もしっかり生えている

髪や爪もしっかり生えています。髪が薄い赤ちゃんもいますが、それは個性です。

【ママ】短い爪に慣れ始めよう

爪を長めに整えているママは、そろそろ短い爪に慣れ始めましょう。赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。いちばん上の表面を覆っている表皮は、大人の表皮の10分の1くらいの薄さしかありません。ちょっとひっかいただけでも、赤くなってしまいます。

「料理もキーボードを打つのも、長い爪でずっと慣れてきたから平気」というママも、初めての赤ちゃんのお世話は別物です。

「急に短い爪になって、なんだか調子が狂ってしまう」というよりも、徐々にやすりで削って短く整えていくほうが、爪にも負担がなくていいでしょう。

【セルフケア】お風呂後のマッサージでよく伸びる会陰に

会陰切開は全員がするわけではありません。もし、すごく順調に会陰が伸びてスムーズに出産できたら、切る必要はなくなります。

皮膚をやわらかくしておくことは、よく伸びる会陰にするためにできることの1つ。清潔なマッサージ用のオイルを使って、お風呂上がりの会陰部をさするようにマッサージするのもいい方法です。

オイルはどんなものでもかまいませんが、アロマセラピーのキャリアオイルに用いるホホバオイルや、コールドプレス(低温圧搾)したオリーブオイルやごま油など、植物油がいいようです。


この連載について

おなかもかなり大きくなってきて、いよいよ妊娠後期へ。週ごとのアドバイスを読んで、赤ちゃんの成長の様子、ママの生活上や健康面の注意点などを確認しましょう。かわいい赤ちゃんに会えるまであと少し!35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイスをお届けします。

最新の記事

【妊娠39週6日/予定日まで1日】明日は予定日です

【妊娠39週5日/予定日まで2日】予定日に生まれてくる子は全体の約5%

【妊娠39週4日/予定日まで3日】「いきみのがし」を意識しておいて

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム