みつばちほけんの評判は?みつばちほけんならではの特徴と魅力を紹介

コラム
公開日:2019/08/09
更新日:2019/08/29
みつばちほけんの評判は?みつばちほけんならではの特徴と魅力を紹介

子供が生まれて、「学資保険やもしもの時に備える保険に加入しよう!」と考えているご家庭も多いのではないでしょうか?保険に入る際、一番の悩みは「保険の選び方」でしょう。たくさんの保険の中から、家庭の経済状況やニーズにピッタリの商品を探すのは一苦労ですよね。そこで今回は、複数の保険会社の商品を取り扱う保険の相談窓口「みつばちほけん」についてご紹介します。

みつばちほけんの魅力が知りたい!

お客様の「GOOD LIFE」を応援!

来店型保険ショップ「みつばちほけん」の魅力に迫ります。

全国に展開されている店舗で、ニーズにぴったり合う保険が見つかるよう、保険に精通したアドバイザースタッフが、何度でも無料で相談に応じてくれます。「GOOD LIFE STATION」のブランドメッセージを掲げ、全国に約60店舗展開中です(2019年7月現在)。

子どもの育て方、住宅の持ち方、老後の過ごし方に対する夢や希望や不安事は人それぞれ。そんな一人ひとりの「想い」をくみ取りながら、わかりやすく丁寧に説明してくれるのが大きな魅力。

多くの店舗には遊べるキッズスペースがあり、ママが子供と一緒に気軽に来店しやすい雰囲気も人気の理由です。

かわいいみつばちのぬいぐるみが目印の「みつばちほけん」。イメージキャラクターである「ぶんぶん」には、3つの想いが込められています。

「親しみやすく身近な存在でありたい」

私たちが普段口にする作物の受粉に「みつばち」は必要不可欠な存在です。普段は目立たないけど、実は人とのかかわりが深い存在。そんなみつばちと同様に、初めての相談から保険金の給付まで、いつまでも顧客にとって身近な存在でありたいと考えています。

「保険を通じて人生の行先を示す」

みつばちは地球が丸いことを知っていて、方角と距離を計算できさらにそれを「8の字ダンス」というコミュニケーションで仲間に正確に伝えることができます。一般的に“難しい”イメージの保険。分かりやすく正確に、保険を通じてお客様が将来の夢や希望に迷わず進めるお手伝いすることを目指しています。

「賢く・ムダにしない」

みつばちの巣のカタチは六角形。これは限りある材料をムダなく、大切な仲間を守るために導き出されたカタチでした。それぞれの家庭の家計全体を俯瞰し、支出と保障の最適なバランスを考えながら、賢く保険が選べるよう手伝ってくれます。

「ぶんぶん」はいつも店頭にいるから、一緒に写真を撮るのもいいですね♪

みつばちほけんが取り扱う保険会社は30社以上!

保険ショップは、数多くの保険会社の商品を取り扱っているから、複数の保険を比較して検討できるのが最大の特徴です。

治療費を保障することに適した保険、資産を増やすことに適した保険、一定期間で大きな保障を備えることに適した保険などなど…。それぞれの特徴を組み合わせながら、ムダなく賢い保険選びをサポートしてくれます。

「みつばちほけん」で取り扱っている保険会社の数は、なんと30社以上! 具体的には、生命保険は22社、損害保険は10社、少額短期保険会社は2社、計34社です。

取扱保険会社一覧はこちら

※取扱保険会社は、店舗(代理店)ごとに異なる場合がありますので、詳しくは各店舗へお問い合わせください。

子育て中のママは忙しく、30社以上もの保険商品を自分で調べるなんてムリ!ですよね。だから、これだけ多くの商品を把握した専門家に話が聞けるのはとても助かるはず。

みつばちほけんの3つのメリット

次に、「みつばちほけん」で保険を選ぶ3大メリットを紹介します。

保険だけじゃない! ママの味方になる情報提供もアレコレ

保険を選ぶ際の総合的なアドバイスだけではなく、“節約”や“健康”など、「GOOD LIFE」を送るために役立つ様々な情報提供もしてくれます。

■節約

何かと出費が多くなる子育て時期。保険の見直しだけではなく、電力の自由化にともない、電気料金の見直しが必要かどうかもアドバイスいたします。

■健康

日々の献立に頭を悩ませるママの味方に。健康的な食生活を送れるように、レシピを提供したり、健康相談ができるアプリのご案内も可能です。

各家庭の経済状況や将来のライフプランに合わせて、ぴったりの情報を教えてくれるなんて、身近で頼れる相談相手ですね。

まずは、入る必要があるかどうかから確認できる

保険ショップは「保険について聞く場所」「保険に加入する場所」というイメージが強いですが、みつばちほけんでは加入する必要があるかどうかを「確認する場所」として利用することをすすめています。希望によっては、「保険に加入しない」という選択肢を提案することも、真のプロフェッショナルだと考えています。だから、今入っている保険がその人・その家庭にとって良いものであれば、無理な切り替えや追加の案内はしません。
そんな“生真面目さ”も、気軽に相談しやすいと評価を集めている理由のひとつだと言えそうです。

アフターフォローがとにかく充実!

一度加入すると付き合いが長くなる保険。いざ保険が必要になった時、「当時の担当者が異動している」なんてことは、実は珍しくありません。
みつばちほけんでは複数のフォロー体制で、加入後もきめ細やかにサポートしてくれます。

■保険ショップ

契約後も変わらず、担当店舗スタッフ全員がサポートしてくれます。

■訪問担当者

引越し先の近くにみつばちほけんがない!という場合は、訪問担当者が家の近くまで来てくれることも。

■コールセンター

子育て中のママにとって、お店に行ったり、訪問してもらったりする時間を取るのは難しい場合も。そんな時は、コールセンターに電話すればOK。一次受付をしてくれします。

万一の時、手元に素早く保険金が届くよう継続してサポートしてくれるから、心強いですね。

みつばちほけんのデメリット

予約なしでも相談可能! でも逆に…

「完全予約制」の保険ショップもある中、みつばちほけんでは「予約なし」でも相談が可能です。買い物帰りにふらっと立ち寄って相談したい! そんな時も対応してくれるのは、隙間時間を上手に利用したいママにはありがたいですよね。とは言え、このような対応が可能だからこそ、話を聞きたい時に席が空いているとは限りません。
しっかりと相談したい時には、予約してから出向くのがおすすめです。

みつばちほけんの口コミが知りたい!

実際に、「みつばちほけん」を利用した方の口コミをチェックしてみましょう。※copyright © 2019 みんなの評判ランキング調べ(回答数:32件)より
(※参考:https://minhyo.jp/mitsubachi-hoken

「みちばちほけん」を選んだ理由、感想を教えてください!

「自分の医療保険の見直しで、総合的に情報が欲しかったため、みつばちファームで依頼しました。担当者は、ベテランの男性でした。こちらの質問に対して、すぐに対応でき、情報量も豊富でした。そのため、早めにいくつかの保険業者に絞れました」

「10年前にバラバラに契約していた保険を全部見直ししてもらいました。新しい自分(家族)にあった商品を紹介してもらえて、また無駄に契約しているものを省いてくれたので、月払いが以前より安くなりました。保険セールスはしつこいイメージがありましたが、相談後も一度連絡があっただけで、押し付ける事もありませんでした。相談してよかったと思いま」

「夫婦の生命保険や子供の学資保険など、まだ何も入っていなかったため、どうしようかと夫婦で相談していたところ、みつばちほけんが引越後の地域にもあったので、利用しました。 担当の方は非常に丁寧で、要望にそったプランを保険会社ごとやプランごとに何度も試算してくださいました。また、アフターサービスも定期的にはがきや電話をくださいます

ほとんどの口コミは、相談窓口での担当者の接客態度に関する意見でした。「親切、丁寧、わかりやすい」といった良い意見が多く見られますね。 

「はじめての保険」「保険の見直し」どちらにも対応してもらえますが、「みつばちほけん」では特に見直しが人気です。必要な保険がわかり、見直したら保険料が安くなったとケースも多いので、おすすめ!「保険の見直し」には、加入保険の証券を持って行くとスムーズに対応してもらえますよ。
相談後の対応にも「しつこい営業がない」「アフターサービスが充実している」といった良い評判が多く、信頼を集めています。
「頼れる!」「この人に任せたい!」と思える担当者と出会えるかどうかが、保険を決める際のカギですね。

みつばちほけんに子供を連れて相談へGO!

「みつばちほけん」の無料相談窓口は子供を連れて気軽に来店できるので、家族が増えて保険を見直したいママにおすすめです!ファイナンシャルプランナーの対応が丁寧で、説明もわかりやすい! 30社以上の保険を比較して検討することができるのでどの保険にするか迷っている人にも便利。加入後のアフターフォローもしっかり充実しているので、長いお付き合いができそうですね。

みつばちほけんの詳細はこちら!

▼教育費や学資保険に関する記事はこちら!

奨学金なしで大学進学させるための教育費の貯めコツ3
奨学金なしで大学進学させるための教育費の貯めコツ3
赤ちゃん時代の今でも、すでに毎月習いごと代などがかかっている家計も多いようですが、子どもが大きくなればなるほど教育費はもっとかかるように! 塾や習いごと、参考書代などの毎月かかる教育費と大学入学のための教育費は別ものとして準備しておかなければいけません。「奨学金があるのでは」と安易に考えていると、社会人になる前から子どもに奨学金返済という“借金”を背負わせることになってしまいます。では、どのようにいくらくらい貯めていけばよいのでしょうか。ファイナンシャルプランナーの畠中雅子先生に貯め方をうかがいました。
記事を読む
子どもの教育費ってどれくらいかかる? 希望進路でざっくりシミュレーション
子どもの教育費ってどれくらいかかる? 希望進路でざっくりシミュレーション
「大人になるまでにお金がいくらかかるかわからなくて不安」という声におこたえして、幼稚園から大学までの学費をご紹介します。生まれたばかりで、子どもの進路なんてまだまだと思うかもしれませんが、おぼろげながらでも希望する進路とかかる学費を計算してみましょう。将来のわが家に必要な教育費はどれくらい?
記事を読む

取材協力/みつばちほけん
文/小野由布

あなたにおすすめ

注目コラム