神奈川県の水族館のおすすめは? 人気から穴場まで10館を紹介!

コラム
公開日:2019/08/03
更新日:2019/08/26
神奈川県の水族館のおすすめは?  人気から穴場まで10館を紹介!

神奈川県は首都圏の一角でありながら、東は東京湾、南は相模湾に面しているので水族館がたくさんあります。天候に行動を左右されにくい水族館巡りは、子連れのおでかけにぴったりですね。一日中楽しめる大きな水族館から、小さくてもこだわりのある個性的な水族館まで10カ所ご紹介します。

子供と行く水族館のメリットは?

水族館の多くは屋内施設のため天候や気温に影響されず、いつでも適した環境で予定が立てやすい場所。おじいちゃんおばあちゃんも誘って三世代でのお出掛けもしやすいですね。自分たちのペース、子供のペースで見て回れるため、ゆったりと水族館の感動を満喫できます。子供向けの特別プログラムやいつもと違うシチュエーションに、子供も大興奮ですよ。効率よく回れるように、パパやママがショーの時間などをチェックしリードしてあげましょう。

水族館での注意とマナー

水族館で安全に楽しく過ごすために、パパやママが子供のために注意してあげたいポイントがあります。

子供から目を離さないように

水族館の中は、展示を美しく見せるためにやや暗めの照明に設定されていることが多い場所。段差などに気が付きにくいこともあるので、子供の手を取って転ばないように気を付けてあげましょう。ベビーカーに赤ちゃんを乗せている場合も同様です。

また、パパやママ、子供も鑑賞に夢中になってしまったあまり、子供が迷子になってしまうことも。慣れない場所、薄暗く混雑しがちな水族館では特に、子供から目を離さないように気を付けましょう。

子供にマナーを教える機会にも

魚の顔を自分の方へ向けたい!と、水槽を叩くのはやめましょう。また、小さな水槽の周りでは特に走らないように気を付けましょう。水槽に振動を与えてしまうだけでなく、他の来館者と衝突するなどして迷惑をかけたり、転んで大きな怪我にもつながりかねません。

魅力的な展示に楽しくて興奮する場面があっても、大声で騒ぐこともないように。水族館での過ごし方を、子供にも理解できるようきちんと説明してあげましょう。

水族館へ行くときのおすすめしたい持ち物

子連れのお出掛けのときの基本的な持ち物のほかに、水族館へ持っていくと便利な3点をピックアップしました。

上着やブランケット

屋内の水族館は、屋内は冷房が効きすぎている場合があります。羽織るものが1枚あると安心ですね。また、濡れてしまって体が冷えてたときにも重宝しますよ。

着替え

海の生き物とのふれあいコーナーや、動物のショーで座る場所によっては服が濡れてしまうことがあります。着替えを持っていれば、その後の鑑賞も子供の機嫌を損ねることなく、スムーズに続けられますし、風邪を引く心配もありません。併せて、濡れた服を入れるビニール袋やタオルもお忘れなく。

帽子や日焼け止めクリーム

ショーやタッチプールなど、一部の施設が屋外にあることもあります。屋外施設で長時間過ごすことも考えられますので、日焼けが気になる季節であれば、その対策グッズも忘れずに!

神奈川県内のおすすめ水族館10選! 価格や営業時間、アクセスもチェック!

横浜・八景島シーパラダイス アクアリゾーツ(水族館)

公式サイトはこちら

神奈川、水族館、子連れ

「シーパラ」の愛称で親しまれている横浜・八景島シーパラダイスは、水族館のほかにもアトラクション、ションピングストアー、レストラン、ホテルなどもあるアミューズメントパーク。日本最大級の水族館「アクアリゾーツ」には700種類12万点の生きものが暮らし、4つのコンセプトでエリア分けされた水族館エリアは、1日中飽きずに過ごせる人気スポットです。

海の生きもの大集合! 大水槽とショーも必見

圧巻の大水槽に子供たちも大興奮の「アクアミュージアム」。なかでもスーパーイワシイリュージョンは必見!音楽に合わせて舞い踊る5万尾のイワシたち。光と音の演出で、言葉を失うほどの感動を味わうことでしょう。さらにアクアスタジアムではイルカやセイウチ、アシカ、ペンギンと豪華役者の揃ったショーが見られます。2,000人収容できる会場はどこの席からでもよく見えて、楽しめますよ。

海の生きものとコミュニケーションや“海育“を考える学びのエリアも

「ふれあいラグーン」では、好奇心旺盛なバンドウイルカやシロイルカと間近でふれあえる「ホエールオーシャン」や、ペンギンやオタリアたちとタッチや記念撮影ができる「フレンドリーサークル」など、海の生きものたちにふれあえるプログラムも充実。
自然環境を楽しく学べる「うみファーム」では釣り体験も!捕った魚はここで調理してもらい食べることができます。海の生きものたちとの感動的な体験は素敵な思い出になりますね。

子連れお役立ち情報

ベビールーム(おむつ換えベッド、授乳室)完備/各ルームに赤ちゃんのミルク用水、お湯のサービス、島内センターハウスの1階のルームには電子レンジあり/ベビーカー1日500円で貸し出しあり/コインロッカーあり/弁当持ち込み可・

・所在地:横浜市金沢区八景島 横浜・八景島シーパラダイスアクセス:シーサイドライン八景島駅より徒歩すぐ
・開館時間:最長午前9時~午後9時(施設・日により異なる)

・休館日:なし
・当日一般入館料(水族館入館券4施設):大人・高校生3,000円/小中学生1,750円/幼児(4歳以上)850円/シニア(65歳以上)1,750円 ※2019年9月30日まで
・駐車場:乗用車1台1,300円
・問い合わせ: 045-788-8888(テレフォンインフォメーション)

先輩ママの口コミ

「ふれあいコーナーはイルカやペンギン、カワウソ等にふれあえてお気に入りです。有料のプログラムもありますが、イルカが近づいて来てくれれば無料でタッチすることができます」

新江ノ島水族館

公式サイトはこちら

神奈川、水族館、子連れ「相模湾大水槽」

神奈川県藤沢市、湘南海岸に面し、江の島や富士山を見渡せるロケーションを最大限に生かした新江ノ島水族館。「えのすい」の愛称で親しまれています。“わくわくドキドキ冒険水族館“をコンセプトに掲げ、楽しみながら学ぶエデュテインメント(教育+娯楽)を軸にさまざまな展示やショー、プログラムが作られています。

必見!「相模湾大水槽」

深さ6.5mの水槽には100種2万匹の生き物、マイワシは約8,000います。ここでは2つのショーがあり、館内スタッフがダイバーとなって水槽に潜り、ゲストと魚たちの間に入りパフォーマンスが繰り広げられます。他にも世界でここだけというカタクチイワシの繁殖展示や、開閉式ののぞき窓のある子供の目線に合わせた高さでの展示のキッズ水槽、皇室ご一家の生物学ご研究のブースもあります。

観覧はそれぞれのペースで自由気ままに!

迫力満点のイルカショーや海の生きものに直接触れられる「タッチプール」など、子供が楽しめるイベントも満載。工作などのワークショップを楽しめる「なぎさの体験学習館」も併設。館内は一方通行ではありませんので、観たいショーの時間を確認したら合間やその後にゆっくり展示ブースを鑑賞するのもおすすめです。

子連れお役立ち情報

おむつ換えベッドあり/授乳室あり/ミルク用給湯スペースあり/ベビーカー1日300円で貸し出しあり/コインロッカーあり/弁当持ち込み可

・所在地:藤沢市片瀬海岸2-19-1
・アクセス:小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅より徒歩3分/江ノ島電鉄江ノ島駅より徒歩10分/湘南モノレール湘南江の島駅より徒歩10分
・開館時間:9時から17時(3月から11月)、10時から17時(12月から2月)。春の大型連休、夏休み、年末年始、イベントにより変更あり。(最終入場は閉館時間の1時間前まで)
・入場料:大人2,400円/高校生1,500円/小中学生1,000円/幼児(3歳以上)600円
・駐車場:専用駐車場はなし。周辺に有料駐車場あり。
・問い合わせ:0466-29-9960

先輩ママの口コミ

・「クラゲ水槽の展示がライティングなど計算されており、とても美しいです。一時間以上、ソファにかけて眺めてしまいました」

・「小さな子供がいる我が家でお気に入りのポイントは工作などをしてくれるところです。その時期に合わせた工作を色々展開してくれていて、まさに図工室!という大人には懐かしい雰囲気も気に入っています」

京急油壺マリンパーク

公式サイトはこちら

神奈川、水族館、子連れ

神奈川県三浦半島にある水族館「京急油壺マリンパーク」。大きく分けて7つのエリアがあり、約450種6,000点の生きものがいます。360度のパノラマ回遊水槽では日本での飼育は珍しいオオメジロザメ、シロワニ、ノコギリエイが必見。
こちらのおすすめ、いるか・あしかパフォーマンスは他とはひと味もふた味も違います。ホールのような屋内大海洋劇場で、照明、音響を駆使したダイナミックなミュージカル仕立てのパフォーマンスを観覧できます。

いるかやアシカと触れ合ったり、ヒトデやサメに触れたりと、体験イベントも盛りだくさん。子供が大好きなペンギンはもちろんのこと、巷で人気急上昇中のコツメカワウソもいます。参加費が別途1,000円必要ですが3歳以上の子供であれば、かわいいカワウソと握手体験ができますよ。(予約制)

お腹が空いたら本場三崎マグロに舌鼓

海の生き物の観察に飽きてしまった小さな子供には、芝生の広場や遊具でゆっくりするのもいいですね。園内には、三崎の名産で有名な三崎マグロを堪能できるレストランもあります。1日掛けてのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

子供連れお役立ち情報

おむつ換えベッド、授乳室、ベビーカー無料貸し出しあり(台数に限りあり)/赤ちゃん用ミルクのお湯のサービスあり/弁当持ち込み可/屋内外に食事スペースあり

・所在地:三浦市三崎町小網代1082
・アクセス:京急久里浜線三崎口駅1番バス乗り場より「京急油壺マリンパーク」行きバス15分終点下車(時季により変更あり)
・開館時間:通年午前9時から午後5時まで(ただし繁忙期、冬季は変更あり。最終入館は閉館時間の30分前まで)
・休館日:毎年1月の第2月曜日の翌日から4日間
・入場料:大人(高校生以上)1,700円/中学生1,300円/小学生850円/幼児(3歳以上)450円/ペット500円(要手続)
・駐車場:乗用車800円(夏季1,000円、時季により変更あり)
・問い合わせ:046-880-0152

先輩ママの口コミ

「ショーやパフォーマンスが上手く組み合わされており、それぞれが被ることなくまわることができました。また、他の水族館と比べ生き物との距離が大変近く、全て目の前で見ることができます」

「とても工夫されていて、魚の学校や子供が食いつきそうな危険生物や深海生物の標本もあり、またショーも良かったです!」

ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館

公式サイトはこちら

横浜、水族館、子連れ

横浜中華街の大通り沿いのチャイナスクエアビル3階にある「よこはまおもしろ水族館・赤ちゃん水族館」は2つのエリアから成り立っています。

ここは、魚のおもしろ小学校!!

「おもしろ水族館」は小さな中国南の島の小学校をイメージして作られていて、入り口を入ると下駄箱型の水槽があります。校長室、体育館倉庫、音楽室と教室が続いていきます。テーマに沿ってゾーン分けされたユニークな水槽に300種5,000匹の生きものが飼われています。楽しい実験が施されていたり、くすっと笑ってしまったりする見どころもたくさんありますよ。
水槽の前には、魚の名前や生態に関する3択クイズがあります。魚を鑑賞するだけではなく、楽しく勉強もできる雰囲気になっています。

まだ歩けない赤ちゃんでも楽しめる「赤ちゃん水族館」

「赤ちゃん水族館」は幼稚園をイメージして作られていて、絵本棚やお道具箱の中に水槽があり、100種5,000匹もいます。魚の卵や、なかなか見られない孵化の様子、魚の赤ちゃんが見られますよ。館内は子供を対象としたつくりになっていて、土足厳禁。滑り台やジャングルジムの水槽があり、小さな子供もつかまり立ちやハイハイをして、自分の目線で魚を見ることができます。子供は遊びながら、パパママは遊ばせながらゆっくり魚のすばらしさ、不思議さを体験できて評判です。

子連れお役立ち情報

おむつ交換台・授乳スペースあり

・所在地:横浜市中区山下町144チャイナスクエアビル3階
・アクセス:JR石川町駅中華街口より徒歩5分/東急元町・中華街駅2番出口より徒歩8分
・開館時間:最長午前10時から午後8時まで(最終入場は閉館時間の30分前まで)
・休館日:なし
・入場料:大人(中学生以上)1,400円/小人(4歳以上)700円/シルバー(65歳以上)1,000円
・駐車場:専用駐車場はなし。周辺に有料駐車場あり
・問い合わせ:045-222-3211

先輩ママの口コミ

「釣りが趣味で魚が大好きな旦那いわく、珍しい魚もいて、たくさんの種類の魚の赤ちゃんを見ることができる水族館はなかなかないとのこと。遊具と水槽が一緒になっているものがあり、つかまり立ちができるジャングルジムにはいろんな種類の金魚が展示されており、ほかにも四つん這いやおすわりで見れるすべり台の水槽なんかもありました」

箱根園水族館

公式サイトはこちら

富士山と芦ノ湖を一望できる、ザ・プリンス箱根芦ノ湖ホテルの敷地内にある箱根園水族館。日本で一番標高の高い場所にある海水の水族館で、その高さはなんと海抜723m。「海水館」「淡水館」「バイカルアザラシ広場」の3つのエリアから成り立っています。

山の上で海水魚!?

「海水館」の真ん中には自然に太陽光が差し込む、オープンエアーの大水槽があります。キラキラした魚の群れに太陽の光が当たって、魚がなお一層輝いて見えますよ。こちらではダイバーによる餌付けショーが行われています。同じ水槽にいるエイとのダンスも見られるかもしれないとか!?人気者の可愛らしいペンギンもいますよ!

世界にここだけの水槽!

「淡水館」では、地元芦ノ湖のニジマスからアマゾン川流域の珍しい魚まで、世界中の川や湖に生息する個性豊かな生きものが展示されています。世界中の水族館でここだけといわれている、海水魚と淡水魚を一緒に飼育できる好適環境水の水槽展示もあります。

癒しならお任せ! のバイカルアザラシ

そして箱根園水族館で外せないのは「バイカルアザラシ広場」です。このバイカルアザラシは世界でも珍しい、淡水に生息するロシアバイカル湖出身。大きな体に、これまた大きくクリクリとした目、動きもどことなくユーモラスで、見ているだけでほっこり癒されること間違いありません。そんな愛くるしいアザラシのショーは大変人気があり、必見!

子供連れお役立ち情報

おむつ換えシート、ベビーカー貸し出しあり/授乳室は水族館外箱根園ショッピングプラザ2階にあり

・所在地:足柄下郡箱根町元箱根139
・アクセス:JR小田原駅から伊豆箱根バスで1時間20分/小田急箱根湯本駅から伊豆箱根バスで1時間5分
・開館時間:午前9時から午後5時(季節により異なる場合あり。最終入場は閉館時間の40分前)
・休館日:なし
・入場料:大人1,500円/小人(4歳~小学生)750円
・駐車場:乗用車1回1,000円
・問い合わせ:0460-83-1151

先輩ママの口コミ

・「限定のバックヤードツアー(有料)がとてもよかったです。水族館の裏側を見られるだけではなく、巨大魚の餌やりが恐怖と楽しさで子供もはまってしまいました。最後に鮫の歯をもらえたのがすごくうれしかったです!」

・「入ってすぐにある大きな水槽がとても綺麗で、魚眼レンズになっているガラスもあり子供も何回も覗いて楽しんでいました」

相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

公式サイトはこちら

神奈川、水族館、子連れ

神奈川県相模原市にあり、県内に流れる相模川周辺に生息する生き物を中心に、約100種類いるアクアリウムさがみはら。建物は“かながわの建築物100選”に選ばれた施設です。館内は4つのゾーンに分かれています。

相模川の端から端まで!

見逃せないのは「川ゾーン」にある相模川の水源から河口までを再現した全長40mの巨大な「流れのアクアリウム水槽」。上流から河口まで相模川にどのような生き物が生息しているかを知ることができます。

子供が魚の勉強に釘づけ!

「生命ゾーン」の“おさかなぬりえ”コーナーも避けては通れません。手元のモニターの生きものに塗り絵を施すと…、正面モニターの水槽の中に塗り絵した生きものが泳ぎだしますよ。
「人ゾーン」にある屋外の「小川のアクアリウム水槽」では別料金200円で餌付け体験ができます。ガチャガチャ(カプセルトイ)をすると餌の入ったカプセルが出てくるところが、子供心をくすぐりますね。餌やりと聞くと餌を水槽に投げ入れるイメージですが、ここでは餌を握った手を水槽に入れて直接魚に餌をやる、まさに魚とのふれあいが体験できます。

子連れお役立ち情報

おむつ替えシートあり/授乳室あり(2組)/弁当持ち込み可(ただし館内での飲食は不可)/館外に広場あり/雨天の場合、飲食可能エリアなし

・所在地:相模原市中央区水郷田名1-5-1
・アクセス:JR相模原駅南口神奈川中央交通バス相17系統「水郷田名」行き「ふれあい科学館前」下車すぐ
・開館時間:午前9時30分~午後4時30分(最終入館は閉館時間30分前まで)※イベント等により延長の場合あり
・休館日:月曜日休館(月曜が祝日の場合は開館)学校の長期休暇期間および年末年始は無休
・入場料:大人(高校生以上)390円/小人(小中学生)130円/65歳以上190円※要証明/幼児(小学生就学前)無料
・駐車場:95台可。無料
・問い合わせ:042-762-2110

先輩ママの口コミ

「小さな水槽がたくさんあり複数の方向から(下から覗けるところも)見えたり、環境や生態系を学ぶエリアでもボタンを押したり回して動かしたり、まだ理解に至らない小さな子供も飽きずに見られます」

「相模川について展示物やタッチパネルに触れて遊べ、二次元、三次元で学べる施設でした。展示物は実際見てれる物が多く、読んで学ぶより『クイズの答えは実物で…』というような五感で楽しめる工夫がされています」

観音崎自然博物館

公式サイトはこちら

神奈川、水族館、子連れ

横須賀市の県立観音崎公園の中にある観音崎自然博物館。東京湾集水域、三浦半島の“リアルな自然と生態“をテーマとし、観音崎にある海藻から、季節の花々、草木、磯の生きもの、昆虫、両生類、爬虫類まで展示されています。

手入れが行き届いたきれいな水槽には、国の天然記念物であるミヤコタナゴ、トウキョウサンショウウオなどの絶滅寸前の生きものを見ることができます。磯の生きものに触ることができるタッチプールは、ウミウシ、ナマコ、ヒトデ、タコなどがいて子供に大人気のスポットです。

自然を満喫しながらワークショップを体験!

充実感や驚きを得られるように工夫された企画イベントは、年間通して行うものから単発のものまで毎週のようにあります。夏休みの課題、自由研究、ライフワークなどに活用してみてはいかがでしょうか?自然と触れ合える絶好のチャンスですよ。

子連れお役立ち情報

弁当持ち込み可(館内での飲食は不可、中庭やテラスで飲食可)

・所在地:横須賀市鴨居4-1120
・アクセス:京浜急行浦賀駅より京急バス観音崎行き「腰越」(終点の一つ手前)下車徒歩7分、または京急バスかもめ地行き「鴨居」下車徒歩12分/京浜急行「馬堀海岸駅」より京急バス 観音崎行で終点の「観音崎」下車 徒歩13分/JR横須賀駅より京急バス観音崎行で「観音崎」下車徒歩13分
・開館時間:午前9時から午後5時まで(最終入館は午後4時30分)
・休館日:月曜日(祝祭日の場合は翌日)、6,7,8月は無休
・当日一般入場料:大人(16歳以上)400円/高校生300円/小人(小中学生)200円/幼児(4歳以上)200円/3歳以下は無料
・駐車場:384台(有料期間あり普通車560円~)
・問い合わせ:046-841-1533

先輩ママの口コミ

「タッチプールは大きいので、多少混んでても順番待ちなどはほとんどなくスムーズに見て廻れます。雨で中止になる展示物はなかったです。周辺で遊んで疲れていても、椅子は所々に設置されているので、休憩もさせていただきました」

「裏手が岩場とビーチ(たたら浜)になっていて、比較的人が少なく綺麗な海なので昔からよく遊びに来ます。博物館はお魚の展示や土日に自然教室のイベントもあります」

間門小学校付属海水水族館(まかどシーマリンパーク)

公式サイトはこちら

神奈川、水族館、子連れ

通称「まかどシーマリンパーク」は横浜市本牧の、なんと現役の小学校の中にある水族館です。水族館大国の日本でも、ここまで珍しい施設は他にはないでしょう。受付は職員室になりますので、水族館が見たい旨を伝えて入館してください。

小学校の生徒が飼育員さん!

校舎の一部、教室2つ分のスペースに、熱帯魚をはじめ、サメ、ウツボ、フグやタコ、ウミガメもいますよ。タッチングプールもあり、ヒトデやナマコ、サメを直接触ったり観察したりできます。小さな子供のために踏み台も用意されています。
“水族館”とうたっているだけあって、普通の小学校の飼育スペースとはレベルが違いますね。水槽内の生きものの説明文や注意書きも生徒が作っていて、ほのぼのした気分になります。

・所在地:横浜市中区本牧間門29-1
・アクセス:JR根岸線根岸駅から市営バス1番乗り場58・99・101系統で「東福院前」下車、または市営バス2番乗り場54・97系統で「間門小学校前」下車。それぞれ徒歩3~5分。
・開館日程:平日は教育関係団体のみ受け入れ、要予約
(一般般の受け入れはできません。)
一般向け開館日は以下の通りです。
2019年9月22日(日) 10月19日(土) 2月22日(土)、開館時間は要問合せ
・入場料:無料
・駐車場:なし
・問い合わせ:045-622-0005

先輩ママの口コミ

・「無料で見ることが出来る水族館です。もともと小学校の卒業生や地域の方々が海を忘れないようにと設立したと伺いました。水族館のスペースは教室1〜2部屋の規模でしたが立派な取り組みだと思いました」

鶴見川流域センター

公式サイトはこちら

神奈川、水族館、子連れ提供:京浜河川事務所

横浜日産スタジアムのすぐ近くにある「鶴見川流域センター」。防災拠点として整備されましたが、あわせて鶴見川流域の環境や自然について学ぶ場もある総合学習施設になっています。

子供と学べる無料施設

鶴見川に生息する生きものが入った水槽ひとつひとつに説明書きがあり、漢字にふりがながふってあり丁寧に作られています。パネルやゲームもたくさん。川の本を集めたライブラリーもありますよ。鶴見川のことが楽しくしっかりと学べますね。

タッチング水槽もあり、カニやザリガニを触れて餌やり体験もできます。

自然観察会、鶴見川流域の植物を使ったクラフトワーク、防災の学習など、さまざまなイベントが用意されています。まさに「まなぶ・あそぶ・みつける・わかる、ワクワクとなるほどが一度に味わえる」施設ですね。詳しくは、上記ホームページのイベントカレンダーから確認を。

子連れお役立ち情報

授乳用の部屋あり(設備、備品なし)

・所在地:横浜市港北区小机町2081 (京浜河川事務所遊水地管理センター1F・2F)
・アクセス:JR横浜線小机駅より徒歩7分
・開館時間:午前10時から午後5時まで
・休館日:火曜日、年末年始、その他館内設備点検日等(不定期)荒天時休館の場合あり。
・入館料:無料
・駐車場:無料
・お問い合わせ:045-475-1998

先輩ママの口コミ

「定期的に楽しそうなイベントが開催されており、『鶴見川流域ネットワーキング』の『流域センターからのお知らせ』に詳しく載っています

「イベントも様々なものあり、スタンプラリーなどもやっていることがあります。 何より駐車場が無料の施設なので、小さな子供と行くときはとても便利です」

北里大学海洋生命科学部ミニ水族館(北里アクアリウムラボ)

北里大学海洋生命科学部ラボスタッフ「ラボ日記」

神奈川、水族館、子連れ

相模原市にある北里大学内にあるミニ水族館。大学の中に水族館があるのを知っていましたか?水族館や博物館の職員を志している海洋生命科学部所属の学生を中心に企画から管理・運営をしています。学芸員養成課程を履修しているだけあり、展示の仕方や説明も見ごたえがあります。お客さんの反応を見ながら改良をしているそうで、学生たちのアイデアが活かされるのは素晴らしいですね。

未来の水族館職員(学生)が説明!

実験的・研究的な展示物が多いですが、シーラカンスの標本、人気のあるクラゲ、深海に棲む生きものの展示がありますよ。
館内の説明を希望される方もしくは団体の場合は、事前に予約が必要ですが、開館時間中や大学祭があるときには予約はなしで自由に出入りできます。気軽な気持ちで水族館を見に行けますね。

・所在地:相模原市南区北里1-15-1 北里大学MB号館
・アクセス:小田急線「相模大野」駅北口、神奈川中央交通バス1番乗り場より 「北里大学病院・北里大学」行き「北里大学病院・北里大学」下車
・開館時間: 午前10時から午後4時まで 説明を希望される方もしくは団体の場合は、要事前予約
・休館日: 土曜日・日曜日・祝祭日
・入場料:無料
・駐車場:大学内の駐車場は主に病院に来られた方を対象としています。最寄りの駐車場は、北里大学「東門」前に民間のコインパーキングありますのでそちらをご利用ください。
・お問い合わせ:042-778-7919

先輩ママの口コミ

「オープンキャンパスだからなのか、主にアクアリウム周りを巡るスタンプラリーがありました。娘ははりきって挑戦!スタンプも海の生き物の絵で、とてもかわいかったです」

「これで無料はすごい!!という充実した展示内容でビックリでした。気軽に行けるならしょっちゅう通っちゃいそうなくらい気に入りました」

神奈川県でおすすめの水族館を10館ご紹介しました。一緒に行く子供の年齢や目的に合った水族館は見つかりましたか?透明のガラス越しに見える水の中の世界は目を見張るものがありますね。水族館はお出かけスポットとしてだけではなく、海の生きものについての子供の興味や好奇心を満たしてくれる学びの場でもあります。ぜひお気に入りの水族館を見つけてくださいね。

※掲載の情報は2019年7月現在のものです。

文/ウチダミヤコ

神奈川県にあるおすすめの公園9選!水遊びができる公園も♪
神奈川県にあるおすすめの公園9選!水遊びができる公園も♪
東京からのアクセスがいい神奈川県の公園は、都心からも日帰りで行ける距離にあり、とても人気があります。 広大な敷地に様々な施設が入っていて、バラエティーに富んだ公園がたくさんあるのも特徴です。 水遊び場、ふれあい動物園、乗り物、大型遊具の有無など、分かりやすくまとめた一覧表も、ぜひ参考にしてください。
記事を読む

あなたにおすすめ

注目コラム