ディアナチュラの葉酸サプリ!コスパの良さや安全性・口コミを調査!

コラム
公開日:2019/07/30
更新日:2019/08/20
ディアナチュラの葉酸サプリ!コスパの良さや安全性・口コミを調査!

「アサヒグループ食品」が販売しているサプリメントシリーズ「ディアナチュラ」の葉酸サプリについてご紹介!葉酸は、特に妊娠前や出産前後の女性にとって、必要不可欠な栄養素です。ディアナチュラのサプリメントは、葉酸はもちろんカルシウムやビタミンなども一緒に補えるものもあるため、とても効率的!葉酸サプリメントを探している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ディアナチュラの葉酸サプリとは?どんな特徴があるの?

まずは、ディアナチュラで人気の高い葉酸サプリに含まれている成分や品質などについて、詳しくご紹介します。

ディアナチュラの葉酸に含まれている成分は?

人気の高い「ディアナチュラ 葉酸」を例にとると、原材料にはマルチトール、セルロース、デンプングリコール酸Na、V.B6、ステアリン酸Ca、葉酸、V.B12が含まれています。ちなみに、製品の表面に斑点が見えることがありますが、これは原材料に由来するものなので、安心して利用できますよ。

ディアナチュラの葉酸の品質・安全性が知りたい!

製造元である「アサヒグループ食品」は、アサヒグループの食品事業を担っている企業。そのため、製品の品質と安全性はともに高いことで知られています。
「ディアナチュラ」は2007年に誕生したサプリメントブランドで、原材料の受け入れから出荷まで一貫して国内で行われています。製造工場は、公益財団法人日本健康・栄養食品協会が定める「健康補助食品GMP」の認証を受けており、その製造プロセスは厳しく管理されています。原材料は自社の安全基準をクリアしたものだけを使用し、無着色、保存料不使用にこだわって製造されているのが特徴。品質検査は、専用機器だけでなくスタッフの目視によっても行われており、厳しい検査に合格したサプリメントだけが製品として販売されています。
妊娠前後という大切な時期に利用されることも多いサプリメントだからこそ、こうした品質と安全性に信頼の持てるサプリメントを選びたいですね。

ディアナチュラの葉酸の価格は?

ディアナチュラの葉酸サプリの価格は、比較的リーズナブルに設定されており、それが人気の理由の1つになっています。
「ディアナチュラ 葉酸」は、30粒入り(30日分)が税抜き450円、60粒入り(60日分)が税抜き540円で、1日当たりに換算すると9~15円。また、パウチタイプ「ディアナチュラスタイル 葉酸」は20粒入り(20日分)で税抜き220円なので、1日当たりに換算すれば11円です。長く愛用する予定なら、大容量タイプの方がお得ですよ。

ディアナチュラの葉酸サプリには、どんな種類がある?

ディアナチュラの葉酸サプリには、いくつか種類があります。商品の種類と、それぞれの特徴をご紹介します。
※「ディアナチュラ 葉酸」および「ディアナチュラスタイル 葉酸」は妊娠中・授乳中も利用できますが、1日当たりの葉酸摂取量が12歳~20代女性は900μg、30~60代女性は1,000μgを越えないように注意しましょう。また、葉酸以外の成分が含まれているサプリメントについては、必ず事前に医師に相談して利用しましょう。
※「日本人の食事摂取基準(2015年版)」より

・「ディアナチュラ 葉酸」

1粒に含まれている葉酸は400μg!妊娠中や授乳中の人におすすめのサプリメントです。ボトルタイプで30粒入りと60粒入りの2タイプが販売されています。

ディアナチュラ 葉酸 60粒 (60日分)ディアナチュラ ¥ 367 ※2020/02/17 21:41 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

・「ディアナチュラスタイル 葉酸」

葉酸480μgに、サポート成分のビタミンB12、ビタミンC、鉄を配合!20粒入りなので、お試しで利用してみたい時に便利です。

アサヒグループ食品 ディアナチュラスタイル 葉酸 20粒(20日分)ディアナチュラ Amazonで詳しく見る

・「ディアナチュラ 鉄・葉酸」

女性に不足しがちな2大成分、鉄と葉酸を1粒にギュッと凝縮したサプリメントです。1日に1粒飲むと、200μgの葉酸が摂取できます。ボトル入りで、30粒入りと60粒入りの2種類があります。

ディアナチュラ 鉄・葉酸 60粒 (60日分)ディアナチュラ ¥ 430 ※2020/02/17 08:00 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

・「ディアナチュラスタイル ヘム鉄×葉酸+ビタミンB6・B12・C」

ヘム鉄とは、肉や魚など動物性食品に多く含まれる鉄分。女性に不足しやすいヘム鉄と葉酸、ビタミンが1度に摂取できます。120粒入りで、利用する時は1日2粒を目安にしましょう。

ディアナチュラスタイル ヘム鉄×葉酸 +ビタミンB6・B12・C 120粒 (60日分)ディアナチュラ ¥ 1,461 ※2020/02/17 08:01 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

・「ディアナチュラスタイル 葉酸×鉄・カルシウム」

妊娠中および授乳期に不足しやすい、葉酸と鉄、カルシウムをまとめて摂れるサプリメントです。パウチタイプで、40粒入り(20日分)と120粒入り(60日分)の2タイプが販売されています。

ディアナチュラスタイル 葉酸×鉄・カルシウム 120粒 (60日分)ディアナチュラ ¥ 664 ※2020/02/17 06:36 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

ディアナチュラの葉酸サプリのメリットは?

葉酸サプリは、妊娠前から産後の授乳期まで、長く愛用する人も多い製品です。ここからは、葉酸サプリを摂取するさまざまなメリットをご紹介します。

理想的な葉酸摂取量を補える

食事による葉酸の摂取推奨量は年齢や性別により異なります。厚生労働省による「推定平均必要量」と「推奨量」は以下のとおりです。

出典/厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

妊娠初期はつわりなどもあり、食事量自体が少ない女性も多いため、葉酸は不足しがちです。サプリメントは、葉酸の不足分を補うのにぴったりといえるでしょう。
積極的に摂りたい葉酸ですが、摂り過ぎにも注意が必要です。厚労省によると、1日当たりの葉酸摂取量は12歳~20代の女性では900μg以下、30~60代の女性では1000μg(1mg)以下に抑えることが推奨されています。葉酸は水溶性ビタミンなので、過剰に摂取した分は尿として体外に排出されてしまいますし、葉酸自体の副作用ははっきりとは認められていませんが、摂取量の上限には十分注意してください。

神経管閉鎖障害のリスクを減らす

神経管閉鎖障害とは、主に、先天性の脳や脊椎の癒合不全のことをいいます。米国等の報告では神経管閉鎖障害の発症リスク低減に関しては、食事からの摂取に加え0.4mgの栄養補助食品からの葉酸摂取が勧められています。上の表にも注釈が記載されていますが、厚生労働省は、「妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要」とし、食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mg(400μg)の葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減することが期待できるとしています。
※参照:
厚生労働省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」

ディアナチュラには、葉酸を含むサプリメントがいくつかありますが、例えば「ディアナチュラ 葉酸」「ディアナチュラスタイル 葉酸」の2点には、いずれも葉酸400μg/日が含まれています。神経管閉鎖障害のリスクがなくなる妊娠中期以降は、貧血気味の妊婦さんなら「ディアナチュラスタイル ヘム鉄×葉酸+ビタミンB6・B12・C」など、そのときどきの体調に合わせてサプリメントを選んでみるのもよいでしょう。

ビタミンB6、B12なども一緒に摂れる

ディアナチュラの葉酸サプリの中には、鉄やビタミンB6、B12、Cなど、他の栄養成分を一緒に摂取できる製品があります。いずれも、産前産後のお母さんの体に必要不可欠な成分です。詳しくご紹介しましょう。

①鉄

妊娠中期からは、妊娠前の倍以上の「鉄」が必要です。鉄欠乏性貧血になると、動悸やめまいなどの症状だけでなく、赤ちゃんの発育に影響が出たり、出血多量などの分娩トラブルのおそれも。また、妊娠後期からは摂取した鉄の5/6が赤ちゃんの体内に貯蔵され、成長に欠かせない栄養となります。母乳の原料となるのも血液。妊娠中から産後まで、貧血対策はママの食事の最大のテーマです。

②カルシウム

カルシウムは骨や歯を形成する主成分。不足しても、母体の骨から供給されるため、赤ちゃんの発育には大きな支障はありませんん。ただ、ママの体は骨量が低下して、将来の骨粗しょう症予備軍に。日本人に不足しがちな栄養素なので、意識的にとることが重要です。

③ビタミンB12

動物性たんぱく質に多く含まれるビタミンB12。葉酸が体内で細胞を合成するのを助けると同時に、新しい赤血球をつくる働きをします。
※以上①~⑥の出典/「妊娠中の食事」(主婦の友社刊)

④ビタミンB6

ビタミンB6の経口投与がつわりの症状緩和に有効を示したという研究結果があり、欧米では広く使用が推奨されています。
※ただし、有効性が不明瞭という説もあることから日本産婦人科学会、日本産科医会のガイドラインでは、治療の際に参考にする意見(推奨C)にとどめています。
※参照:「産婦人科診療ガイドライン」産科編2017

また厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、妊婦さん(18~49歳)のビタミンB6の摂取推奨量は1.4mg/日とされています。
ビタミンB12については、以下の記事も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【産婦人科医監修】妊娠中のビタミンB12の役割は?効果は?葉酸サプリで補える?
【産婦人科医監修】妊娠中のビタミンB12の役割は?効果は?葉酸サプリで補える?
妊娠中は赤ちゃんの成長のためにも、妊婦さんの健康のためにも、しっかり栄養をとりたいですね。なかでもビタミンは、体の調子を整え、活動を正常に維持するために必要な栄養素。今回は細胞の生成にかかわり、貧血予防にも役立つ、ビタミンB12について紹介します。
記事を読む

ディアナチュラは粒の大きさが飲みやすい!

ディアナチュラのサプリメントは、粒の大きさも飲みやすさを考えて設計されています。「ディアナチュラスタイル 葉酸✕鉄・カルシウム」は直径9mmで、2粒に1日分の成分がつまっています。

ボトルタイプ&パウチタイプから選べる

ディアナチュラの葉酸サプリには、ボトルタイプとパウチタイプの2種類があります。使い方やライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

ディアナチュラの葉酸サプリの購入方法は?

ディアナチュラの葉酸サプリは、次のような方法で購入できます。

アサヒグループ食品の公式Webストアで購入する

ディアナチュラの販売元であるアサヒグループ食品には、公式オンラインショップがあります。5,000円以上購入すると、送料がかかりません。まとめ買いするとお得で便利ですよ。

有名ネットストアで購入する

公式ストア以外にも、有名ネットストアで購入できます。ディアナチュラの公式サイトの商品詳細ページにある「かんたんショッピング」のボタンから、「楽天」「Amazon」「LOHACO」の各サイトに直接アクセスできますよ。よく利用するサイトで購入したい人は、こちらを利用しましょう。
「Amazon」では、商品によっては「定期おトク便」の対象になっているものもあります。配送頻度をあらかじめ1~6ヶ月に設定しておけば自動的に配送され、料金も10%割引に。頻繁に買い物に行けない人や、サプリメントを長期的に愛用したい人におすすめです。

ドラッグストアで購入する

ディアナチュラのサプリメントは、ドラッグストアや薬局でも販売されています。取り扱い状況については、店舗に直接問い合わせてみましょう。

ディアナチュラの葉酸サプリの口コミを紹介!

ミリー編集部で葉酸サプリについてのアンケートを実施しました。ここからは、実際にディアナチュラの葉酸サプリを愛用している女性の口コミをご紹介します。購入を検討している人は、参考にしてくださいね。
※口コミは個人の見解です。

「初めての妊娠で右も左も分からなかったころ、昨年子どもを生んだばかりの姉が『葉酸飲んでる?これ、私が飲んでたサプリだからおすすめよ』と、ディアナチュラの『葉酸400μg』を5個まとめてプレゼントしてくれました。実はサプリメントを飲むのは初めて。『普通に食事してたら栄養足りてるんじゃない?』と思っていたのですが、姉は『葉酸って食事で摂ろうと思ったらかなり大変なんだって。それに、妊娠中はふだんよりも葉酸が必要なの!』とプッシュされました。そのおかげか、妊娠中は体調を崩すこともなく、今では元気いっぱいの娘(5ヶ月)と暮らしてます。授乳中の今も、継続して飲んでますよ」(32歳女性)

「ママ友の中には、海外メーカーの葉酸サプリを飲んでいる人もいましたが、私は国内の大手メーカーが作っている点に安心感を持ち、ディアナチュラの『葉酸』を飲むようになりました。テレビCMでもおなじみのブランドだったというのも、理由の1つです。今ではネットストアでまとめ買いして、毎日欠かさず飲んでいます。1日1粒でOKというのも、手軽でいいですね。妊娠中に大きな不調もなく、無事に出産できたのは、葉酸サプリのおかげだと思っています」(28歳女性)

「子どもが中学校に上がり、私自身が40代に突入したころ、体力の衰えを実感するようになりました。近所のジムに週3回通うようにして、なんとか健康をキープしようと頑張っていたころ、ジム仲間からディアナチュラの『ヘム鉄×葉酸』を勧められました。葉酸って妊娠中だけというイメージがあったんですが、このサプリは女性が不足しやすい鉄をメインに、葉酸やビタミンをバランス良く摂れると聞き、飲み始めました。妊娠中に限らず、健康維持や体力づくりを頑張っている女性は、飲んでいる人が多いみたいですね。最初は気休め程度に考えていましたが、サプリを飲みながらジムで体を動かしていたら、いつの間にか不調が気にならなくなりました。もちろん、食生活と運動には人一倍気を使っていますが、このサプリを飲んでいることで、体力に自信が持てるようになりましたよ」(42歳女性)

関連記事

葉酸の含有量が多いおすすめ食材は?必要量や食べ合わせの良し悪しも知りたい! 
葉酸の含有量が多いおすすめ食材は?必要量や食べ合わせの良し悪しも知りたい! 
葉酸といえば、妊婦さんにとってすご~く重要な栄養素。しかし実際のところ、葉酸って一体何なのか、どんな食材に含まれているのか、どうしたら沢山とれるのか……そういう詳しい情報は意外と知らないもの。今回は、葉酸にまつわるすべてのギモンにお答えしちゃいます! 
記事を読む

文/本川かおり

出典 :妊娠中の食事※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム