食育には絵本のおすすめ12冊! 先輩ママに人気のものをご紹介

コラム
公開日:2019/06/14
更新日:2019/07/09
食育には絵本のおすすめ12冊! 先輩ママに人気のものをご紹介

この記事では食育に役立つ絵本を特集します。うちの子はごはんをあまり食べない、好き嫌いが多い、偏食になりがち……と、小さな子供を持つママたちにとって食事に関する悩みはつきもの。バランスのいい食事は子供の健康な体と心を作る上で欠かせないものですが、それを子供たちに伝えるのはなかなか難しいですよね。そんなときはおいしそうなイラストとともに食の大切さを教えてくれる「食育」の絵本がおすすめ。パパやママが心を込めて読むことで、子供の心にすっと響いてくれそうです。「食育」は心や体の基礎が育まれる乳幼児期にこそ重要。家庭でもぜひ食育活動してみてくださいね。

食育の絵本にはどんな種類があるの?

食べる楽しさを教えてくれる

食育をする上でまず子供に伝えたいのが「食べること」=「楽しい」ということ。絵本においしそうな食べ物が登場したり、主人公がおいしそうにごはんを食べているような絵本には、子供が食に興味を持てるような要素がたくさん盛り込まれています。さらにパパママが楽しそうに読んであげると、食への関心がぐーんと高まりますよ。

好き嫌いを克服できる

好き嫌いや食わず嫌いのある子におすすめなのが、子供たちが嫌いな食材が登場する絵本。嫌いな野菜が絵本の中で一生懸命頑張っている、大好きなキャラクターがおいしそうに食べている、といった内容の絵本は、子供に「食べてみようかな」と思わせる不思議なパワーを秘めています。

食への感謝の心を養う

普段食べている食べ物は、一体どのようにして食卓まできているのか。食材を育てている生産者がいることや、人間のために命を犠牲にしている動物たちがいることなど、「食」のありがたさを子供にも分かりやすく教えてくれる絵本はたくさんあります。ストーリーが理解できる年齢になってきたら、食べ物を大切にする心を育む絵本を積極的に読んであげるといいでしょう。

栄養素について学べる

パンや芋など炭水化物ばかり食べている、野菜が嫌い、お菓子が大好きでごはんを食べない……。そんな偏食気味の子供には、食べ物の栄養について学べる絵本をチョイスするのがおすすめ。バランスのとれた食事がいかに大切かが分かれば、苦手な食材も食べてくれるようになるかもしれません。

食育の絵本の選び方が知りたい!

子供が興味を持つ絵本

絵本選びは何より子供が興味を持つものが一番。上記の食育の絵本の種類を参考に、その子に合った1冊を選んであげましょう。乳幼児のうちは鮮やかな色使いのものや効果音がたくさん使われているもののほうが興味をそそりそうです。

年齢に合わせて選ぶ

小さいうちは食べる楽しさを伝えるシンプルな絵本がおすすめ。成長と共に絵本の内容が理解できるようになってきたら、食への感謝の心を養う本や栄養素について学べる本などを選ぶといいでしょう。まだちょっと難しいかな?と思う内容でも、小さなうちから目を通しておくことであとあと親近感が湧くこともあるかもしれません。

編集部おすすめの食育の絵本

いただきまーす!

いただきまーす! (エルくらぶ)解放出版社 ¥ 1,760 ※2019/11/22 17:41 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

食事は”生き物の命をいただいている”ということを荒井良二さんのかわいくコミカルなイラストとともに分かりやすく教えてくれる1冊。毎日何気なく口にしている「いただきます」の言葉の意味を大人も深~く考えさせられます。食べることへの感謝の気持ちが子供にやさしく伝わりそう。

先輩ママの口コミ

・食べるということは、いろんな人の手が携わっており、いろんな命をいただいているということを優しく教えてくれる本でした
・普段の食事では、ついつい「好き嫌いしないで食べなさい!」とか「残しちゃいけません!」とか命令口調になってしまいがちですので、こういう絵本で“なぜそうしないといけないのか”を、感覚的に分からせてあげることが大切なんだろうな、と感じました。
・「みんなみんな なにかをたべて まいにちいきているんだよね」というセリフがとても印象的でした。

やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち

https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%86+%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%81%B3%E3%81%A0%E3%81%A1&i=stripbooks&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss_1&link_style=item_detail やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち白泉社 ¥1320 ※2019/11/22 02:50 時点の楽天価格楽天で詳しく見る

やさいの子供たちがおいしい野菜になるために毎日頑張る「やさいのがっこう」は、先輩ママたちに大人気のシリーズ絵本。「とまとちゃんのたびだち」では、とまとちゃんが憧れの”ごうかくシール”を貼ってもらう日を夢見て奮闘します。野菜嫌いな子も、絵本の中に登場するかわいいやさいたちが一生懸命頑張る姿を見て、きっと好きになるはずです♪

先輩ママの口コミ

・なかやみわさんの優しいイラストが大好きで購入。期待通りに、夢のある可愛いストーリーでした!
・とまとちゃんがまっかにおいしくなれるようにとお友達の野菜がとる行動にほっこり。くれそん、みょうがはこの絵本で覚えることができました。
・食育の一環で読んであげたい一冊。野菜に親近感が持てると思います。

おべんとうバス

おべんとうバス (たべもの×のりもの×あかちゃん【0歳・1歳・2歳児の絵本】)ひさかたチャイルド ¥ 990 ※2019/11/22 17:52 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

ハンバーグくん、えびフライちゃん、たまごやきさん……とお弁当のおかずたちが真っ赤なおべんとうバスに次々と乗り込んで出発進行! 「おにぎりさんたちー」「はーい」とバスに呼ばれるたびにお返事しながら進んでいくストーリーは、1歳、2歳のちびっこも楽しく読めそうです。

先輩ママの口コミ

・子供がまだ2~3歳のときに、お気に入りだった絵本。なんども「読んで」といわれて、文章を暗記してしまうほどでした。
・絵も可愛く、読んでいてもテンポがいいので、わたしも大好きな絵本です!
・色合いもはっきりしているし、ストーリーも繰り返しでわかりやすいので、バスに乗って遠足に行く前に子どもに何度も読みました。

くんくんいいにおい

くんくん、いいにおい―The Sense of Smell (BOOK OF SENSE SERIES (1))グランまま社 ¥ 1,320 ※2019/11/22 18:11 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

パンの焼けるいいにおい、ほかほかごはんとおみそしるのにおい、果物のあまいにおい。日常にあふれているいろんな”におい”に注目したユニークな1冊。絵本から本当に香りが漂ってきそうな不思議な感覚を味わいながら、子供の想像力を伸びやかに育くんでくれます。

先輩ママの口コミ

・私が一番「おいしそう!」と感じた本がコレ。この本を読むと、過去に体験したにおいや味や気持ちまで、どんどん思い出すことができます。
・おいしそうな食べ物たちが続々と出てきて、お腹が空いてしまいます。
・たっぷりゆっくり時間をかけてよんであげることができる、親子で満足できる超おすすめの絵本です!!

ぜったいたべないからね

ぜったいたべないからね (チャーリーとローラ)フレーベル館 ¥ 1,540 ※2019/11/22 18:24 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

妹のローラは人参も豆もトマトもたまごもソーセージも大嫌い! そんな好き嫌いの多い妹を前に、お兄ちゃんのチャーリーはある日いいことを思いつきました。それはいつものメニューにおもしろい名前をつけること。兄弟のテンポのいい会話がおもしろく、自分もつられて好き嫌いや食わず嫌いを克服できちゃいそうな愉快な1冊です。

先輩ママの口コミ

・夕食の時に「にんじんいらない~」と娘が言うと「え!これにんじんだと思ってたの?えだみかんだよ」と私がいい、一緒に大爆笑。なんて「ぜったいたべないからね」ごっこをしながら、楽しんで食べています。
・話が面白いのはもちろんのこと、写真と絵が組み合わさった斬新なレイアウトが、実にユニークです。
・5歳の息子が幼稚園で借りてきて初めて出会った絵本ですが、読んでて大人の私もすごく面白くてハマりました!

Sassyのあかちゃんえほん もぐもぐ

Sassyのあかちゃんえほん もぐもぐKADOKAWA ¥ 968 ※2019/11/22 20:16 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

「Sassyのあかちゃんえほん」シリーズは、乳児の発達心理学に基づいてつくられた赤ちゃんが釘付けになる絵本。食べることをテーマにした「もぐもぐ」にはページをめくるたびにカラフルな果物や野菜が登場し、ぱっくん、もぐもぐ、ちゅるちゅると楽しい擬音で盛り上げます。離乳食を始めたばかりの赤ちゃんに、食べることの楽しさを伝えるのにぴったり! 

先輩ママの口コミ

・このシリーズを以前購入してかなり反応が良かったため追加購入。カラフルで発色の良い色使いで0歳の娘もよく見てくれました。
・ポップで明るいイラストが、見ているだけで楽しい気持ちにさせてくれます。慣れ親しんだ擬音も心地いい!

あっちゃんあがつく たべものあいうえお

あっちゃんあがつく―たべものあいうえおリーブル ¥ 1,980 ※2019/11/22 20:16 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

食べ物の「あいうえお」が「あ」から「ん」までぜーんぶ登場するため、読み応えは抜群! 「あっちゃん あがつく あいすくりーむ」「こっちゃん こがつく ころっけあっちっち」と、おいしそうなイラストとともに食べ物とひらがなの両方が同時に頭に入ってきます。2~3歳は食べ物の種類と名前、4~5歳になったらひらがな、といった具合に長く楽しめそう。毎日少しずつ読みたい1冊です。

先輩ママの口コミ

・娘が3歳の誕生日プレゼントに購入、ひらがなを無理なく覚えるのに、とっても役にたちました。
・食べ物やお菓子が本当に美味しそうに描かれています。食いしん坊な我が子は絵に夢中になりました。
・まだ食べさせた事が無い食べ物がいっぱい! 名前も知らなかった物が出てきて勉強になりました。

14ひきのかぼちゃ

14ひきのかぼちゃ (14ひきのシリーズ)童心社 ¥ 1,320 ※2019/11/22 22:10 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

14匹のねずみたちが、かぼちゃの種を撒いて大きなかぼちゃに育てていくまでを描いた物語。農業の大変さと収獲の喜びを、ねずみたちと一緒に感じることができます。立派な野菜になるまで大切に育ててくれる人がいることや、育てることの楽しさ、命の大切さなど、この本だけでいろんなことを教えてくれますよ。

先輩ママの口コミ

・収穫したかぼちゃでたくさんのごちそうが作られるところがとてもおいしそう。この絵本でたくさんの自然と触れ合えます。
・おじいさんがかぼちゃの種を「いのちの粒だよ」と話す部分が好き。手元に置いて、何度も読ませたいなと思う本です。

おいしいおと

おいしい おと (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)福音館書店 ¥ 990 ※2019/11/22 20:43 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

食べ物を食べるときの音が軽快に表現されていて、ごはんの時間が今よりもっと楽しくなりそうな絵本。「はるまき たべよう カコッ ホッ カル カル カル カル あぁ おいしい」「ほうれんそうをたべよう ズック ズック ズック ズック ズックズ あぁ おいしい」。この独特の表現は、全盲の作者・三宮麻由子さんによるもの。定番の擬音ばかりにとらわれず、自分で食べた時の音を子供なりに表現させてみると、おもしろい発見があるかもしれません♪

先輩ママの口コミ

・わかめが苦手だった子供が、わかめのお味噌汁を満足げに笑ってパクパク食べてくれるようになりました!
・この絵本を読んでみて、音で味わうことを学びました。
・温かい食卓の風景が見えるような絵本。読み終わったあとは、本当に食べたような気分になります。

しんでくれた

しんでくれた佼成出版社 ¥ 1,430 ※2019/11/22 21:00 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

タイトルに重みを感じるパパママも多いかもしれませんが、これは谷川俊太郎さんの詩の絵本と聞くと、ちょっと興味をそそられるのではないでしょうか。「うし しんでくれた ぼくのために そいではんばーぐになった ありがとう うし」。生き物を食べるということ、生き物を食べなければ生きていけないこと、食べ物に対する感謝の気持ちが短い詩の中にぎゅっと詰め込まれています。少し大きくなったら、この詩の解釈を親子でしてみると、奥の深い食育につながりそうです。

先輩ママの口コミ

・タイトルがストレートなので、少々ドキドキしながら手に取ったのですが、絵も可愛らしく安心しました。内容は詩なので、すんなり心に響いてくる気がします。私は感受性豊かな子供のうちから、この本を知ってほしいと思いました。
・”いただきます”の意味、”生きる”ことの意味を、改めて考えさせられる絵本です。

しろくまちゃんのほっとけーき

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)子どもの文化普及協会 ¥ 880 ※2019/11/22 16:14 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

しろくまちゃんがお母さんと一緒にホットケーキを作るお話。生地をつくってフライパンで焼いていく様子が細かく描写されていて、子供たちは本当にホットケーキを作っているような気分に! 料理を作る楽しさや、準備やお片づけも絵本を通して体験できます。創刊から40年愛されるロングセラーの1冊。

先輩ママの口コミ

・心が満腹になれる絵本。ほっかほかのホットケーキがこんなにおいしそうに描かれている本はなかなかありません。
・「今日はホットケーキ作ろうか!?」と言うと、この本を持ってきて「わたし、ほっとけーきつくるのよ」と本と一緒にお手伝いしてくれます。
・こぐまちゃんシリーズの中で、やっぱりこれが一番いい!! 娘も息子も大好きな絵本です。

にににん にんじん

にににん にんじん (どーんと やさい)童心社 ¥ 1,210 ※2019/11/22 21:51 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る楽天で詳しく見る

絵本作家いわさゆうこさんの「どーんとやさい」シリーズは、野菜が育って行く様子をリアルな絵で伝えてくれる1冊。にんじんの葉っぱが伸びて、土の中でむくむくと人参が成長していく様子が、子供にも手に取るように分かります。これなら実際に育てられなくても、”こんな風ににんじんができているんだなぁ”という命の力を感じることができそう。かぼちゃ、じゃがいも、トマト、なすなどシリーズの種類も多彩で集めたくなります。

先輩ママの口コミ

・にんじんの形って、奥深いんですね。軽快な文章も心地よいです。
・絵がとても瑞々しくて美味しそうなので、食べたくなりました。
・子供はスーパーで売っているきれいな人参しか見たことがなかったので、人参の繊細な葉っぱや花が教えられてよかったです!

文/齋藤久美子

関連記事

人気のおばけ絵本おすすめ16選【絵本専門店「クレヨンハウス」監修】

人気の昆虫図鑑&絵本おすすめ13選【絵本専門店「クレヨンハウス」監修】

絵本ラックのおすすめ商品10選!人気のおもちゃ収納付きタイプも!

マグネット絵本の人気&おすすめ12選!知育効果にも注目

あなたにおすすめ

注目コラム