陣痛アプリとは? 無料で人気のおすすめ7選と口コミを紹介!

コラム
公開日:2019/06/17
更新日:2019/06/19
陣痛アプリとは? 無料で人気のおすすめ7選と口コミを紹介!

「陣痛アプリ」とは、妊娠時によく使われるアプリの中でも、いざというときに役立つ定番のアプリです。ここでは、陣痛アプリの特徴と選び方、人気アプリの口コミなどをご紹介します。

陣痛アプリとは?

陣痛アプリとは、陣痛の継続時間と間隔時間を計測し、記録するアプリのことです。出産直前となると、ママが心配になるのが「本陣痛か前駆陣痛か?」と「病院に行くタイミング」の見極めではないでしょうか。

本格的な陣痛の前兆として起こる前駆陣痛と、お産が始まる本陣痛の違いの1つが、お腹の張りや痛みの間隔。前駆陣痛は不規則だったり、そのまま消えてしまったりするのに対し、本格的な陣痛は規則的で間隔も次第に狭くなってきます。

また、陣痛の間隔が10分程度になったら病院へ向かうように病院から指導を受けることが多いので、「陣痛かな?」と思ったら、継続時間と間隔時間を計測することが必要です。
しかし、時計で計測してメモをしたり、間隔を計算したりするのは、陣痛の始まったママにとってはとてもたいへん。そこで、記録が簡単にでき、便利なのが陣痛アプリなのです。

陣痛アプリの選び方が知りたい!

陣痛アプリで重要なのが、とにかくかんたんに記録できること!陣痛が始まると、「病院や家族に連絡しないと」「タクシーを呼ばなくちゃ」「入院の準備をしなくちゃ」と心配なことがたくさん。陣痛の痛みに耐えながら時間を記録することになるので、ワンタッチで時間を記録できることがポイントです。

他にも、アプリから直接家族やタクシーに電話できたり、陣痛が来たことや記録を家族に知らせたりできる機能があるアプリもあります。操作が簡単でシンプルなもの、多機能で便利なものなど、自分にあった陣痛アプリを探しておきましょう。

陣痛アプリのおすすめ7選!

陣痛きたかも -今スグ使える陣痛計測アプリ-

「陣痛きたかも」「おさまったかも」のタイミングでボタンを押すだけのワンタッチ計測。ボタンを押したときに、家族に知らせてくれる「家族モード」も搭載されています。アプリから、緊急連絡先に直接電話を掛けられる機能もあり、いざというときに便利です。

記録方法:ワンタッチ
表示形式:リスト
その他機能:ボタンを押したら家族にお知らせ「家族モード」、電話発信機能、緊急連絡先複数登録、妊娠・出産の様々な知識を得ることができる「ママびより」
提供元:Karadanote Inc.
価格:無料

App Storeはこちら

Google Playはこちら

陣痛ポン -陣痛間隔計測アプリ

アプリ名のとおり、陣痛がきたら「ポン」と押すだけの簡単操作がうれしいアプリです。記録内容はかんたんにメールで送信することができるので、思い出として残したい場合や、家族や病院に送りたい場合に便利です。不要な機能がなく、シンプルなので使いやすいという口コミが多くです。

記録方法:ワンタッチ
表示形式:リスト
の他機能:記録内容のエクスポート
提供元:Karupyon
価格:無料

Google Playはこちら
            ※「陣痛ポン」はGoogle playのみのサービスです。

陣痛時計

シンプルなデザインと機能で、いざというときも、使い方を迷うことなく陣痛を記録できます。記録をメールで送ることもできます。シンプルさと使いやすさが口コミでも評判です。

記録方法:ワンタッチ
表示形式:リスト
その他機能:記録内容のエクスポート
提供元:Simple Beep
価格:無料

App Storeはこちら

             ※「陣痛時計」はiOSのみのサービスです。

陣痛ナビ ~助産師のアドバイスで赤ちゃんの健康管理

助産師監修で、助産師のアドバイスなども見ることのできるアプリです。陣痛の記録は、タップだけでかんたん。間隔が短くなると、出産が近いことを知らせてくれます。「出産まであと何日」のカウントダウン機能や、赤ちゃんの出産予定日とイメージ写真、エコー写真を最大5枚まで登録できる「赤ちゃんメモ」機能も搭載しています。

記録方法:ワンタッチ
表示形式:リスト
その他機能:「出産まであと何日」「赤ちゃんメモ」、アラート機能、パワースポットの写真を購入できる「安産お守り」
提供元:Recstu Inc.
価格:無料

App Storeはこちら

Google Playはこちら

陣痛/お腹の張りカウンター

臨月前からお腹の張りを記録できるアプリです。「出産予定日はまだ先だけど、お腹の張りが気になる」という人に便利。スマホ上部の通知領域から、素早く測定が開始できるクイックスタート機能や、他のアプリを開いていても、バックグラウンドで測定を継続する機能も付いています。記録を忘れたときも、後から追加や編集が可能。あらかじめセットしておいた回数を超過すると赤字で通知する機能もあります。「他のアプリにはなかなかない記録編集機能が便利」という口コミが多いです。

記録方法:ワンタッチ
表示形式:色分けリスト表示・タイムライン
その他機能:クイックスタート機能、バックグラウンド測定、記録編集、平均回数の表示、赤字表示、SDカード保存
提供元:magnummilkboy
価格:無料

Google Playはこちら
       ※「陣痛/お腹の張りカウンター」は、Google playのみのサービスです。

陣痛メモ

陣痛の間隔のほか、胎動の記録もできるアプリです。胎動が弱くなってきて心配という方にはおすすめ。胎動と陣痛を分けて記録することができるので、記録結果も見やすいです。間隔や持続時間の合計、平均、最大、最小も分かる、多機能な陣痛アプリです。

記録方法:ワンタッチ
表示形式:色分けリスト表示・タイムライン
その他機能:胎動記録、記録編集、緊急連絡機能、平均・最大・最小の表示
提供元:N.APP
価格:無料

Google Playはこちら
           ※「陣痛メモ」は、Google playのみのサービスです。

胎動〜陣痛時計

陣痛と胎動をカウントできます。陣痛はワンタッチ計測で、自動的にリスト化されます。胎動は10カウント法で、胎動を感じたときにボタンを10回押すと操作は完了。陣痛中でつらいとき、かわいいイラストが癒しになりそうですね。

記録方法:ワンタッチ
表示形式:リスト
その他機能:胎動記録
提供元:Aine LLC.
価格:無料

App Storeはこちら

Google Playはこちら

「陣痛前の安心」と「陣痛後のスムーズな対応」のために陣痛アプリ

陣痛の前のママは不安と緊張でいっぱいです。準備として、アプリをダウンロードして使い方を確認したり、陣痛がきたときのイメージをしたりしてそなえると、心も気持ちも安心ですね。

文/nohara_nagi

あなたにおすすめ

注目コラム