帝王切開の麻酔について解説!痛みはどうなの?麻酔の種類や副作用とは【産婦人科医監修】 

 専門家監修
公開日:2019/06/20
更新日:2019/06/25
帝王切開の麻酔について解説!痛みはどうなの?麻酔の種類や副作用とは【産婦人科医監修】 
監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長

帝王切開には、妊娠中にあらかじめ手術日を決めて行う予定帝王切開と、経腟分娩の予定であったのに急遽、手術に切り替える緊急帝王切開があります。それぞれについて、産婦人科医の小川隆吉先生にお聞きしました。

帝王切開とはどんな出産方法か知りたい

帝王切開とは、お母さんか赤ちゃんに何らかの問題が生じて、経腟分娩(通常のお産)が難しいと判断される場合に、麻酔をし、手術でおなかと子宮を切開して、赤ちゃんを出産する方法です。

帝王切開には、予定帝王切開と緊急帝王切開があります。

予定帝王切開

通常の分娩を行うにはリスクがある、と妊娠中に判断された場合にあらかじめ出産日(手術日)を決めて行うことを予定帝王切開といいます。陣痛がくる前に行う必要があるため、一般的に妊娠37週以降に設定されることが多いです。

緊急帝王切開

通常の分娩の予定であっても、分娩中に赤ちゃんと母体の両方、あるいはどちらかに予期しなかった緊急事態が発生した場合に行われるのが緊急帝王切開です。スタッフや手術の設備が不十分な場合で緊急帝王切開が必要となったときは、万全の態勢で手術を行える病院に救急車で搬送することもあります。

帝王切開理由になるのはなぜ?主な理由とは

予定帝王切開になる主な理由

多胎妊娠(たたいにんしん)

「多胎妊娠」とは、2人以上の赤ちゃんを同時に妊娠すること。経腟分娩が可能な場合もありますが、最近ではリスクを考慮して帝王切開になることが増えました。

骨盤位(こつばんい)

赤ちゃんは通常、頭を下にした状態で産道を通るのですが、頭が上になっていておしりや足が下になっている状態を「骨盤位」(=さかご)といいます。妊娠37週ごろまでに自然に治らなければ、安全のために帝王切開を選択します。

児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)

赤ちゃんの頭が大きい、または骨盤が狭くて、赤ちゃんが産道を下がってこられそうにないとき。

子宮内胎児発育遅延(しきゅうないたいじはついくちえん)

赤ちゃんの成長が不十分なため、おなかの中から体外に出して、適切な処置を受けたほうがいいと判断されたとき。

前置胎盤(ぜんちたいばん)

通常なら、胎盤は子宮の上部の子宮壁に付着します。ところが、胎盤の位置が低く、子宮の出口にかかっていて、経腟分娩をすると大出血が起こる可能性があるときや、子宮の下部に付着して子宮口をふさいでいるときを前置胎盤といいます。

重症の妊娠高血圧症候群

妊娠週数が早くても、重症の妊娠高血圧症候群によって母体に頭痛やけいれんなどの症状がある場合は、帝王切開で赤ちゃんを取り出して、保育器で育てます。妊娠高血圧症候群とは、妊娠したことで血管に負荷がかかり、高血圧になってしまう病気。赤ちゃんの発育に影響が出ます。妊娠前から高血圧や腎臓病、糖尿病などの持病がある人や、親にそれらの病気がある人がなりやすいといわれています。

母体に経腟分娩が困難な病気がある

母体に心臓、腎臓、血液の病気や、膠原病(こうげんびょう)などがあり、比較的症状が重い場合は、帝王切開が選択されます。

緊急帝王切開になる主な理由

子宮内感染

子宮内感染は、病原体が腟や子宮頸管から子宮の中に入り込むことで羊膜感染(赤ちゃんを包んでいる膜や羊水、胎盤などに感染を起こしてしまうこと)したり、血液中の病原体が胎盤を通過したりして赤ちゃんに感染してしまうこと。早急に帝王切開をしなければならないことがあります。

臍帯下垂(さいたいかすい)、臍帯脱出(さいたいだっしゅつ)

分娩中に臍帯が赤ちゃんの頭より先に下降して子宮口付近に下がってくることを臍帯下垂、破水がおこって破れた卵膜から赤ちゃんの頭より先に臍帯が出てきてしまうことを臍帯脱出といいます。どちらも赤ちゃんが酸欠状態に陥るので、早めに帝王切開で赤ちゃんを取り出します。

軟産道強靭(なんさんどうきょうじん)

分娩のときの赤ちゃんの通り道を「産道」といいます。また、産道は骨盤の内側を「骨産道」、子宮下部・子宮頸部・腟・外陰部の一部は「軟産道」といいます。この「軟産道」がかたくて伸びずに、分娩が滞ってしまったときのことを「軟産道強靭」といいます。この場合、帝王切開に切り替えて、赤ちゃんを取り出します。

常位胎盤早期剝離(じょういたいばんそうきはくり)

お産が終わる前に胎盤がはがれてしまうことを常位胎盤早期剥離といいます。赤ちゃんは胎盤を通して酸素や栄養をもらっているので、それらが赤ちゃんに届かなくなると、危険な状態になります。早急に帝王切開を行います。

回旋異常(かいせんいじょう)

赤ちゃんは生まれてくるときに産道の形に合わせて、頭や体を少しずつ回転させながら降りてきますが、何らかの原因でその回転がうまくいかなくなることを「回旋異常」といいます。回旋異常で分娩が長引くと、帝王切開に切り替えて赤ちゃんを取り出します。

胎児機能不全(たいじきのうふぜん)

胎盤機能の低下や臍帯が圧迫されることなどで血液循環が悪くなり、赤ちゃんが低酸素状態になること。長く続いた場合は、酸素不足の結果、胎児仮死を招く可能性があるため、すぐに帝王切開に切り替えます。

遷延分娩(せんえんぶんべん)

初産婦で30時間以上、経産婦で15時間以上かかっても生まれない場合、帝王切開に切り替えます。

帝王切開のおおまかな流れを解説!

予定帝王切開の場合、一般的に前日に入院して検査を受け、夕食後は絶食となります。当日は手術前に各種検査をし、ママと赤ちゃんの状態をチェックしたうえで必要な処置をします。手術が始まってからは、平均5分で生まれます。だいたいの流れをご紹介します。

説明と同意書
検査や手術の詳しい説明を受け、同意書を提出します。

検査
血圧測定、超音波検査、血液検査、心電図検査、ノンストレステストなどを受けます。金属やラテックス(ゴム)にアレルギーがある場合は、きちんと申告を。

術着と弾性ストッキングを着用
全裸の上に手術着を着て、足には弾性ストッキングをはいて、肺血栓塞栓症(はいけっせんそくせんしょう)になるのを防ぎます。

手術室へ移動
手術室へ移動し、赤ちゃんの状態をチェックします。

麻酔開始
脊髄くも膜下麻酔(せきずいくもまっかますい)や硬膜外麻酔(こうまくがいますい)など、局所麻酔が一般的。緊急時は全身麻酔になることも。

切開
実際に切開を開始してから、赤ちゃんが生まれるまでは5分前後です。

赤ちゃん誕生!
局所麻酔でママの意識がある場合は、産声も聞けますし、赤ちゃんの顔を見ることができます。

胎盤などを取り出す
胎盤を取り出し、出血の状態、残留物の有無などを確認します。

おなかを縫合
意識があるままだとつらい場合は、軽い睡眠薬などを投与してもらうことも。

病室へ移動
ママの体調が戻ったら、病室へ戻ります。

帝王切開の麻酔の必要性について

帝王切開は開腹手術なので、受けるときには麻酔が必要です。帝王切開の際の麻酔は、おなかの中の赤ちゃんにも影響を与えるので、赤ちゃんになるべく薬が届かないように、また届いたとしても、なるべく影響が少なくすむように配慮されています。

帝王切開の麻酔には2種類あります

帝王切開の麻酔は、局所麻酔と全身麻酔の2種類。局所麻酔は、背中にある神経の束である脊髄の近くに麻酔薬を投与し、胸から足先までの痛みの感覚を麻痺させます。意識ははっきりしていて、赤ちゃんが取り出されるときの感覚がわかり、赤ちゃんが生まれてきたときの泣き声も聞こえます。全身麻酔は点滴で麻酔薬を投入したり、肺から吸い込む麻酔薬を用いたりします。手術の間、ママはずっと眠っています。

帝王切開の麻酔の痛みの感じ方の変化

手術前

局所麻酔の場合は、脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔があります。脊髄くも膜下麻酔は、腰から注射針を刺して脊髄くも膜下腔に麻酔薬を投入します。硬膜外麻酔は、腰の硬膜外腔に注射針ではなくカテーテルを入れて麻酔薬を投入します。

全身麻酔の場合は、点滴で麻酔薬を投与したり、吸引マスクを口にあてて麻酔薬を吸い込ませます。どちらも痛みを感じることはありません。

手術中

局所麻酔の場合は、胸から足先にかけて痛みを感じなくなります。しかし、触られたり、引っ張られたりする感覚は残っています。そのため、麻酔がかかっていても赤ちゃんを取り出す感覚はわかります。

全身麻酔の場合は、手術中は寝ているため、感覚はありません。

手術後

局所麻酔の場合、手術が終わって2~3時間くらいで麻酔が切れてきて、少しずつ足を動かせるようになります。同時におなかと傷の痛みも出てきます。全身麻酔の場合、局所麻酔よりも少し長くかかりますが、手術室で覚醒します。

帝王切開の麻酔における副作用について

局所麻酔は、母体の血液中に吸収される麻酔薬の量はわずかですが、全身麻酔では血液中の薬の量が多くなるため、胎盤を通って赤ちゃんにも届きます。生まれたばかりの赤ちゃんが少し眠そうだったり、呼吸が弱くなったりすることがあるのはこのためです。一時的なことなので、薬が体から消えてなくなれば元気になります。

帝王切開の麻酔にかかる費用にはどんな項目が含まれる?

経腟分娩は健康保険が適用されませんが、帝王切開による出産は健康保険が一部適用されます(手術、投薬、処置、検査、入院関連の費用など)。入院中の食事代や差額ベッド代、分娩介助料などは自己負担になります。帝王切開は経腟分娩より入院日数が長くなるので、費用については出産する施設であらかじめ確認しておいたほうが安心です。費用は手術や麻酔など明細が詳しく書かれているものではなく、「出産費用総額」として請求されます。

構成・取材・文/白木紀子
校正/主婦の友社

出典 :いちばんよくわかる妊娠・出産※情報は掲載時のものです

監修
小川隆吉先生
小川クリニック院長
日本医科大学卒。都立築地産院産婦人科医長として勤務する傍ら、日本医科大学産婦人科講師を兼任。1995年小川クリニックを開設。医学博士、日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医。妊婦さんの疑問や悩みに真摯に応えてくれる、気さくで頼りになるドクターです。

あなたにおすすめ

注目コラム