【シングルマザーという選択】迷うこと8年!私が離婚を決めたワケ&シンママ10年目の生活・仕事・夢

コラム
公開日:2019/02/28
更新日:2019/05/28
【シングルマザーという選択】迷うこと8年!私が離婚を決めたワケ&シンママ10年目の生活・仕事・夢

3組に1組は離婚するという今、シングルマザーの生活も多様化してきました。Millyでは、そんなシングルマザーたちの生き方にスポットをあて、紹介していきます。
今回取材したのはシングルマザーになって10年めという橋本真里さん。キッズ英会話教室の先生をしながら、16歳、14歳、12歳の子どもたちを育てています。現在は平穏な生活を送っている橋本さんですが、結婚していた頃~離婚前後は悩みが尽きない日々だったそう。離婚に踏み切った理由や離婚協議中の苦労、シンママってつらい!と感じることなど、シングルマザーのリアルな生活を率直に語ってくれました。

交際4年で結婚。相手のことは全部分かっていると思っていた

元夫とつきあい始めたのは大学生の頃。お互い就職して数年経った時に彼の海外出張が決まり、プロポーズされました。もううれしくて舞いあがっちゃって、仕事を辞めてついていくことにしたんです。私自身も海外留学を経て外資系の金融でキャリアを積み、海外勤務の話も出ていたのに「彼についていきます~♡」って、あっさりキャリアを捨ててしまった。あの頃はまだ妻は夫を支えるものという風潮が残っていた時代だったし、私も若かったんですね。

夢の結婚生活のはずが…

駐在先の香港での生活は幸せいっぱいでした。好きで結婚した彼との夢の2人暮らし。学生の頃からの付き合いだったので、彼のことは全部分かってるつもりでした。ところが結婚して3ヶ月が経った頃、彼が夜中に泥酔して帰って来たんです。玄関でバタンッと倒れたまましばらく動かず、起き上がったと思ったら歩けずにフラフラ、挙句の果てには廊下に吐いてしまい……。体の大きな彼をなんとかシャワールームに連れて行って全身を流し、ベッドに寝かせました。
元々はお酒に強い人だったのに、その頃は慣れない土地で毎日接待続き。相当ストレスがたまっていたんだと思います。

翌朝「昨日こんなことがあったんだよ!」と説明したら「ごめん」と涙を浮かべるくらい反省していて。その様子を見たら、仕方ないかな、なんて。

でも結局、同じことが2~3ヶ月おきに続いたんです。初めのうちは「大丈夫!?」って親身になって介抱してたけど、だんだんこっちも「起きろバカヤロウ!」とかなっちゃって(笑)。こんな生活が続いたら、愛も半減しますよね。
とはいえ、この頃はまだ離婚をしようなんて全く頭になかったんです。彼にアルコールのカウンセリングを受けてもらったり、なんとか結婚生活がうまくいく方法を探っていました

新居を購入。しかし夫が単身赴任で別居することに

6年ほどの海外駐在を終えて、帰国後しばらくは社宅で暮らし、その後関東に新居を購入しました。この時長女が4歳、次女が2歳、長男が私のおなかの中に。彼のお酒の件はだいぶ落ち着いていました。ところが今度はストレスを溜め込んでは私や子供に当たるようになったんです。時には些細なことで子供を叩くことも。こういう環境って子供によくないよな……と考えていた矢先にふと長女が「パパって私たちに当たるときはママに優しくて、ママに当たるときは私たちに優しいよね」っていったんです。この言葉を聞いたときは、ものすごくショックで。夫への愛はどんどん冷めていきました

そんな時、夫が単身赴任で地方へ行くことが決まったんです。私は出産や娘の幼稚園を理由について行かないことに。でも彼を送り出す時に「これで別居したら離婚になるかもしれないよ」「後悔しない?」と心に問いかけている自分がいたんです。「本当にいいの?」って。

そして離婚を決断

別居をして3年くらい経った頃、彼が単身赴任を終えてまた家に戻ってくることになりました。でもその頃には夫婦関係はかなり悪化してたんですよね。だからメールのやりとりも敬語で他人行儀。彼「家に帰ることになるけどいいですか?」、私「嫌だけど仕方ないですよね」って(笑)。
もう一緒に暮らすのは無理だと思い、知り合いの司法書士の先生に相談に行ったんです。そしたらその先生が「いきなり離婚を決めるんじゃなくて、別居とか、ほかに仲良くなれる方法を探ってみたら?」っておっしゃった。「別居したら90%離婚になりますよ」とも……。それで今後どうするか、彼と話し合うことにしたんです。

司法書士の先生からは「自分から離婚するとはいわない方がいい、後々不利になるから」ともいわれていました。別居するか、それとも離婚をするか……。私に、一緒に住むという選択肢はありませんでした。別居なら夫婦関係が修復すればまた家族一緒に過ごせるけど、離婚をしたら家族に戻ることは難しい。そんな話し合いの中で彼がいったんです。「別居と離婚と何が違うんだ? 俺が払う金は一緒だろ? だったら離婚でいい!」って。その言葉待ってました!(笑)。長年ずっと迷っていたことに結論が出た瞬間でした。

養育費、財産分与……離婚協議はとにかく大変!!

離婚が決まってからは、離婚届を出すまで眠れない日々が続きました。日中は司法書士の先生のところに行って、彼が帰宅してからは毎晩深夜3時頃まで話し合い。もし離婚をするなら「公正証書」は作っておいたほうがいいと思います。これを作っておくと、例えば後々養育費が支払われなかった場合に、相手の給料を差し押さえて強制執行することもできるので口約束よりも確実なんです。

お金の部分はなかなか決まらなかった

財産分与で自宅を売却して半分ずつに。協議の中でこれだけは譲れないって思ったのは養育費ですね。子供たちが今まで通り生活できるだけの金額はちゃんと払ってもらいたいと思っていたので、絶対に引きませんでした「元々あなたの酒癖が発端でこういうことになってるのよ!?」って。今振り返ると我ながら大きく出たな、と思いますけど、私は専業主婦だったから小さい子供たちのために必死でしたね。
彼から「強欲ババア」なんて言われたことも。このお金、全部子供3人を育てるために充てるのよ!?って言い返したいですよ(笑)

離婚後は体調がすぐれない日々。そんな時今の仕事に出会った

離婚後は子供たちを連れて実家に身を置きました。シングルになったんだから仕事をしなきゃって頭の中にはあるものの、体調が整わず気分のすぐれない日々が続きました。
とくに月1回の面会日は憂鬱でしたね。2日くらい前から気分が悪くなって、それが子供にも伝わって家の中の雰囲気も悪かった。ショッピングモールのフードコートで面会させてたんですけど、子供たちもすぐに帰りたいって言い出すし……。しばらくして彼が海外赴任になり、そこから数年間は全く会わなくなりました。

偶然をチャンスに!

今の仕事に出会ったのは離婚後1~2年経った頃です。「ザ・ヤングアメリカンズ」(音楽を通じた教育ワークショップに取り組む米国の非営利団体)のワークショップに子供たちを参加させた時に、スタッフの人と英語で話していたら「英会話の先生に興味ない?」って誘われて。本当は結婚前のように外資系の会社でバリバリ働きたかったけど、子供たち3人を育てながら……と考えると元の仕事への復帰は現実的じゃなかった。それでこれもチャンスかな、と引き受けてみることにしたんです。

英会話のホームティーチャーは通勤もないし、自分の都合に合わせてスケジューリングができる。子育てしながらでも働きやすい環境なんですよね。生徒さんたちが「先生みたいに英語が話せるようになりたい」「英語を使った職業につきたい!」って言ってくれるとすごくうれしいし、人の人生を決めるところにいるんだな、という責任感もある。思い切ってやってみてよかったなと思ってます。

今は元夫ともいい関係。シンママの苦労もあるけど……毎日楽しい!

シングルマザーになって大変なことは本当にたくさんありますよ!まずはお金の面。子供を私立に通わせるにはこんなに学費がかかるんだ! って茫然としたこともあります。受験にもお金がかかりますしね。あのまま離婚せずに暮らしていればこういう心配はしなくて済んだんだよな~とふと考えることもあるけど、家の中の雰囲気が明るくなったし、なにより自由だし、やっぱり別れてよかったって思います。
子供の反抗期も大変です。どうして自分1人で抱えなきゃならないのって精神的に泣きたくなることも……。でも落ち着いた時に初心に帰りますね。「幸せになりたいと思って別れたんでしょ?」って。

「毎日のように『いい加減ゲームやめなさい!』って、キッチンから大声出してます」と笑う橋本さん。

今年は一番下の男の子が私立中学を受験し、無事合格。
棚には橋本さんの友人が参拝してくれたという湯島天神のお札が。

面会を再スタート。きっかけは息子のひと言

子育てをする中で、父親がいたらな~って思うこともあります。例えば息子がキャッチボールしたいっていっても、私グローブすらはめたことがないので付き合ってやれないんです。思春期の体の変化なんかも女の私にはよく分からなくて。
で、息子が小学4年生くらいの時にふと言ったんです。「お父さんがほしい。お父さんっていいなぁ」と。それで彼に連絡をして、また定期的に会うようになりました。

今は彼ともいい関係になりましたね。昨年の年末は彼も呼んで自宅でクリスマスパーティーをやったくらい! 子供たちもとっても楽しそうでした。今後についてお互い触れることはないけど、こんな関係を続けていけたらいいかもって思ってます。

1回しかない人生だから自分らしく!

シングルマザーになって変わったこと? そうですね、強くなったかな。離婚した当初は人の目がすごく気になっちゃって……子供が不憫って思われてないかな~とか。でも家庭内で起こることが全て自分に降りかかってくるから、それを切り抜けているうちに必然的に強くなりました。子供の病気、学校行事、思春期の悩み……何から何まで対応するのは全部自分! もう疲れた~ってへとへとになっても母親をやめることはできないし、1人で子供3人を育てていかなきゃいけない事実は変わらない。”責任”が常に重~くのしかかってる感じです。
でもそれと引き換えに”自由”があるんですよ。いちいち夫の顔色をうかがったりせずに自分のペースで生活できるのってすごく楽! シングルマザーには常に“自由”と“責任”の2語がついてまわるなぁと感じています。

離婚を後悔したことはないですね。そりゃ、夫婦円満に過ごしている家族やキャリアウーマンとして世界を飛び回ってる大学時代の友人なんかと自分を比較して、悶々とするときもあります。でも、これも人生なのかなって! 子供が3人とも成人したら、ハワイとかマレーシアとか暖かい南国でひとり暮らしをしたいな。これってシングルマザーだからこそ思い描ける夢かもしれませんね。

撮影/土屋哲朗 (主婦の友社写真課)
まとめ/齊藤久美子

あなたにおすすめ

注目コラム