妊娠検査薬のおすすめ8選!海外製や早期検査薬も【体験談あり】

コラム
公開日:2019/02/19
妊娠検査薬のおすすめ8選!海外製や早期検査薬も【体験談あり】

妊活中妊娠の可能性が気になったら、病院に行くよりもまず、「妊娠検査薬」を使う人も多いようです。妊娠検査薬とは、妊娠している可能性をチェックするもの。最近では、早期に検査できる早期妊娠検査薬を使用する人も増えてきました。薬局やインターネットでどんなものが人気があるのか、妊娠検査薬のおすすめ9選をご紹介します。

妊娠検査薬とは? いつから使えるのか知りたい

妊娠すると、体内でhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが作られ始めます。hCGは赤ちゃんとママをつなぐ胎盤の絨毛の細胞で作られるホルモンで、男性や妊娠していない女性の体内では作られません。hCGの量は受精卵が着床して妊娠するとどんどん増えていき、尿の中や血中のhCGの濃度が高くなっていきます。妊娠検査薬はこの仕組みを利用し、妊娠しているかどうかを判断しています。一般の妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用することができます。

妊娠検査薬には、使用説明書が同梱されています。これを読まずに使うと、判断を誤ることとなり、正確な結果を得ることができません。面倒でも必ず読むようにしてくださいね。

妊娠検査薬に関する先輩ママの体験談を聞いてみよう!

先輩ママは妊娠検査薬をどんなふうに使っていたのでしょうか。口コミをご紹介します。

「ある日、生理が遅れているなあと気付き、“もしや”と思って薬局で売っていた妊娠検査薬を購入しました。スティックに尿をかける手が緊張で震え、長いスティックだと手が汚れなかったなあと思ったのを覚えています。線があまりにもはっきり出たので驚きました。主人にもすぐに見せて、次の日2人で病院に行き、妊娠がわかりました」(30代 たすくママ)

「長年、妊活をしていて、あらゆる妊娠検査薬を試しました。陰性が明らかにでても諦めきれなくて、3日後に再検査することもしばしば。1回分を購入すると高いので、2回分とかなるべくたくさん入っているものを購入していました。海外のもののほうが安かったのですが、こういった繊細なものは国産がいいと思っていたので、毎回、日本のものを購入していました」(40代 ななこママ)

「第2子の妊娠を望んでいたときに、生理予定日が近づくと気になって仕方なく、なんどもフライング検査を行ってしまいました。早期妊娠検査薬を使えばよかったのですが、お高めだったので毎回は使えなかったんです。海外のものも使用したりして、うっすら線が見えるような見えないような結果が続き、毎回もやもやしていましたね。結局、第1子のときにも使用していた一般妊娠検査薬で妊娠がわかりました」(30代 さらママ)

妊娠検査薬の種類

妊娠検査薬には通常の「一般妊娠検査薬」と「早期妊娠検査薬」があります。

一般妊娠検査薬

卵の成長スピードなどによって個人差はあるものの、一般妊娠検査薬は次の生理予定日の1週間後から使用することができます。これは、時期によってhCGの量が異なることを利用したもので、hCG値が50IU/Lを超えると陽性反応が出るものが一般的な妊娠検査薬です。このタイミングより前に測ってしまうと、hCG値が基準値に達してないため、反応がでないことになります。

早期妊娠検査薬

一方、早期妊娠検査薬は生理予定日当日から使うことができます。「早期妊娠検査薬」はhCG感度が高く、尿中のhCG値が25lU/L程度でも陽性反応を示します。早く利用できるのがメリットですが、一般妊娠検査薬と比べて正確性が落ちるという点に留意しなくてはなりません。

妊娠検査薬は薬局で買えるの?

一般妊娠検査薬も早期妊娠検査薬も、どちらも薬局で購入することができます。一般妊娠検査薬は「通常タイプ」と呼ばれ、薬局でも店頭に並んでいます。早期妊娠検査薬は、薬局の薬剤師による対面販売で購入できるものになり、使用方法の説明を受けたうえで、名前・住所といった個人情報を記載し、購入することとなります。

海外の妊娠検査薬も

最近ではインターネットで購入する人も増えており、ネット上ではたくさんの口コミなどが飛び交っています。日本製の妊娠検査薬との大きな違いは、価格と入手のしやすさです。

一般的に、薬局等で流通しているものは日本のメーカーのもの。日本のものはスティックタイプが多く、スティックに尿をそのままかけられるのが特徴です。精度は99%以上とかなり信頼できる結果を得ることができます。価格は1本500円、2本で800円前後が多いようです。

一方、海外の妊娠検査薬は、尿を入れた容器にストリップを浸すタイプが多く、容器を用意したりとやや手間のかかるものが多いようです。精度はFDA(アメリカ医薬品食品局)が認定していることから信頼できるといえるでしょう。10本で900円前後とリーズナブル。早期検査にも対応しており、排卵検査薬とセットになっているので、計画的に妊活を行っている方には割安感があるといえるでしょう。
難点は、日本の薬局では手に入れられないこと。信用のできるサイトを探し注文をしなくてはなりません。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム