インフルエンザに負けない!家族で対策を万全に!【小児科医監修】

 専門家監修
公開日:2019/01/24
更新日:2019/03/22
インフルエンザに負けない!家族で対策を万全に!【小児科医監修】
監修
鳥海佳代子先生
とりうみこどもクリニック副院長

この記事では、家族で実践するインフルエンザ対策について解説しています。冬から春先にかけては、インフルエンザが流行する季節です。インフルエンザにかかると高熱が出て、大人でもつらいもの。さらに乳幼児は、インフルエンザ脳症などの合併症を引き起こす可能性もあります。家族でインフルエンザ対策を万全にしておきましょう。

インフルエンザはどうやってうつるの?

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することよって起きる病気です。感染すると、突然の高熱(38度以上)、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身の倦怠感などが現れるのが特徴で、普通のかぜと同じように、のどの痛みやせき、鼻水などの症状も見られます。乳幼児ではまれに急性脳症を引き起こし、重症になることがあるので注意が必要です。

インフルエンザの感染力は非常に強く、流行するとあっという間に広がり、たくさんの人が感染してしまいます。とくに空気が乾燥している冬は、ウイルスが飛びやすくなるため流行します。

インフルエンザウイルスの感染経路には、次の2通りがあります。

飛沫(ひまつ)感染

感染した人のせきやくしゃみで飛び散った唾液や鼻水の細かい水滴を吸い込んでしまい、ウイルスが体内へ入ることを「飛沫感染」といいます。家族の場合、近い距離で接するため、かなり高い確率でせきやくしゃみからウイルスを浴びることになります。

接触感染

感染した人がせきを手で押さえたり、鼻水が手についたりしたあと、ドアノブやスイッチなどに触れると、その触れた場所にウイルスが付着することがあります。同じ場所を別の人が手で触れ、さらにその手で口や鼻に触れると、粘膜などを通じてウイルスが体内に入ります。これを「接触感染」といいます。乳幼児では、幼稚園や保育園で使うおもちゃなどから感染してしまうケースもあります。

赤ちゃんのインフルエンザの症状と対処法!予防接種は生後いつから?【小児科医監修】
赤ちゃんのインフルエンザの症状と対処法!予防接種は生後いつから?【小児科医監修】
この記事では、インフルエンザの症状や潜伏期間、治療法、予防接種などについてドクターに取材した内容をお届けします。赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまった先輩ママの体験談も参考にしてくださいね。毎年、冬~春先にかけて流行するインフルエンザ。赤ちゃんがかかると重症化したり合併症を起こしたりするおそれがあるため注意が必要です。ホームケアや家族がかかった場合の対処法についてもチェックしておきましょう。
記事を読む

インフルエンザ対策

インフルエンザにかからないために、ぜひやっておきたいインフルエンザ対策を紹介します。

手洗い

予防には、家の中にウイルスを持ち込まないことが大切。外から帰ったら念入りに手洗いをしましょう。

石けんをよく泡立てて、手のひらや手の甲だけでなく、指と指の間、指先、できれば手首からひじのあたりまで、しっかりと洗ってください。子供はつめと指先の間が汚れていることもあるので、ブラシなどを使ってママやパパがていねいに洗ってあげましょう。

外出するときは、アルコール除菌のできるウェットティッシュなどを携帯するといいですね。

うがい・のどの潤い

のどや鼻の粘膜にある繊毛(せんもう)は、外から入ってきたウイルスや細菌などの異物を外へ送り出す働きがあります。気温が低くなり、空気が乾燥すると、繊毛の運動が弱くなったり止まったりして異物が侵入しやすくなります。うがいでのどを潤し、繊毛の働きを高めましょう。

ただし、インフルエンザウイルスは、粘膜に付着してから数分~20分という短い時間で体内に入り込んで増殖するため、うがいで予防をするためには、20分おきにうがいをしなければならなくなります。インフルエンザ対策としてはあまり現実的ではありませんが、かぜには有効なので手洗いとセットで励行しましょう。

ワクチン

インフルエンザが流行する前に予防接種を受けましょう。日本では、例年12~4月ごろ流行し、1月末~3月上旬に流行のピークを迎えます。できれば12月中旬までにワクチンを接種するのが望ましいでしょう。

インフルエンザの予防接種は、生後6カ月から受けられます。13歳以上は1回(医学的な理由から2回接種が必要な場合もある)、13歳未満は2回接種で、2~4週間間隔を開けます。

乳幼児の予防接種には、国が積極的な接種をすすめている定期接種と、それ以外の任意接種があります。インフルエンザは任意接種のため、自費で受けることになりますが、自治体から補助が出ることがあるので確認してみましょう。また、インフルエンザワクチンは、ほかのワクチンと同様に同時接種が可能です。

現行のインフルエンザワクチンは、接種すれば絶対にインフルエンザにかからないというわけではありません。でも、受けたほうが、しなかった場合よりも症状が軽くすみ、重症化を予防する可能性があることがわかっています。

栄養・睡眠

体の抵抗力が高ければ、ウイルスが侵入してきても発症しにくくなったり、症状を軽くしたりすることができます。そのためには、十分な休養と睡眠、バランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

部屋の湿度

ウイルスは乾燥した環境で増殖します。加湿器を使ったり洗濯物を干したりして、室内の湿度を50~60%に保つと理想的です。加湿器は、カビや汚れがないかどうかを確認してから使用しましょう。また、室内のウイルスを追い出す効果もあるので、1日数回は換気を。

床拭き掃除

ウイルスなどの病原菌を部屋中に広がらせないために、床拭き掃除も効果があります。とくにトイレや洗面、リビングなど、家族が共有する場所は、しっかりと床拭き掃除をしましょう。テーブルやドアノブなどの人の手にふれる部分は、アルコール除菌をしておくと効果があります。

マスク

飛び散ったウイルスは口や鼻の粘膜から入ってくるため、マスクを着用していると、感染リスクを下げることができます。

インフルエンザ予防に役立つマスクの正しいつけ方

正しいサイズを選ぶ

マスクが大きすぎると、両サイドにすき間ができてウイルスを含んだ飛沫が入ってしまいます。顔の大きさに合うマスクを着用しましょう。

鼻のまわりにすき間をつくらない

鼻のまわりは、マスクのすき間がいちばんできやすいところです。プリーツを広げて使うタイプの場合、鼻のラインにマスクがフィットするように調整してから着用するようにしましょう。

あごまでマスクに入れる

あごもマスクにしっかりと入れます。ただし、大きすぎるとあごの下や頬の部分にすき間ができてしまうので、顔のサイズに合うマスクを使いましょう。

通気性のよい素材

マスクを着用しているとき、息苦しいと、ついはずしたくなります。通気性がよく、心地よくつけていられるものを選びましょう。

インフルエンザの家族同士の感染を防ぐには

インフルエンザは感染力の強いウイルスです。家族全員で予防を心がけ、家庭内感染を防ぎましょう。

高齢者や妊婦さんは、インフルエンザの流行している時期に、人ごみや繁華街へ出かけることは控えたほうがよいでしょう。やむを得ず人ごみに出るときはマスクを着用して、なるべく飛沫感染を防ぎましょう。

家族がかかってしまったときは、感染した人の部屋を別に用意しましょう。かかった人と接するときは、マスクをつけ、お世話のあとはこまめに手を洗いましょう。ただ、子供が感染した場合は、丸2日は目を離さないようにしましょう。

授乳中のママがインフルエンザにかかった場合、母乳を通じて赤ちゃんに感染することはありません。ママが授乳をするときは、しっかり手洗いをして、マスクを着用し、乳首を消毒してからあげましょう。

文/小沢明子

監修
鳥海佳代子先生
とりうみこどもクリニック副院長
島根大学医学部卒業。島根県や千葉県の小児科に勤務後、2010年に夫とともにとりうみこどもクリニックをオープンさせる。カラフルな診療着とおおらかでやさしい人柄が、患者さん親子に人気のママドクター。
とりうみこどもクリニック

あなたにおすすめ

注目コラム