花図鑑の大人用・子供用おすすめ&人気の20冊を徹底紹介!

コラム
公開日:2019/02/04
花図鑑の大人用・子供用おすすめ&人気の20冊を徹底紹介!

さまざまな花について詳しく取り扱っている花図鑑。みんなに親しまれている花から見たこともないようなマニアックな花まで、さまざまな花を網羅している図鑑です。ただ、ひとくちに「花図鑑」と言っても子供向けの学習用図鑑や大人向けの専門的な図鑑など、その種類や内容はさまざま。そこで今回は、そんな「花図鑑」に注目してみました。花図鑑の内容や選び方、大人用・子供用花図鑑のオススメなど、花図鑑に関するアレコレを詳しくまとめています。お散歩の途中で「あの花なあに?」と子供に聞かれても、花図鑑さえあれば大丈夫。道行く花に興味がわき、子供との外出がもっと楽しくなること間違いなしです。

先輩ママに聞きました「花図鑑、持っていますか?」

子供用に1冊買いました

「最近、子供が道端に咲いている花や、花屋さんに並んでいる花を見て、『この花なんて言うお名前?』と聞いてくるようになったので、せっかく花に興味を持ち始めたのだから……と幼児向けの花図鑑を1冊購入しました。イラストや写真がたくさん載っているので子供も読みやすいらしく、何度も繰り返し読むようになりました。今では散歩の途中に花を見つけるたびに、『このお花の名前は○○』と言うように。中には、私や夫が知らない花の名前もあってびっくり!図鑑のおかげで着実に花好きに成長しているようで私も嬉しいです」(6歳の女の子のママ)

自由研究用に購入

「小学6年生の娘が、自由研究に『切り花を長持ちさせる方法』を調べたい、と言ってきたので、切り花の図鑑を購入してあげました。その結果、花を飾ることにはまったらしく、今では常に娘が選んだお花が家に飾ってある状態です。今まで花なんて飾ったことなかったんですが、花のある生活って、こんなにも心豊かにしてくれるんだ、と勉強になりました。娘は中学に入ったら、華道部に入りたい、と意気込んでいます」(小学6年生の女の子のママ)

ママ友に花を贈るのがきっかけで購入

「親子でずっと仲良くしていたママ友が、転勤で県外に引っ越すことに。お別れのときに花束を贈ることにしたんですが、どうせなら友情系の花言葉があるお花を贈りたいなと思い、花言葉を調べるために本屋さんに行きました。ちょっと立ち読みするつもりが、花言葉図鑑に載っている内容の充実さに引き込まれて思わず購入。それ以来、花束やフラワーアレンジメントを贈る際は、この花言葉図鑑を参考にしています。ちなみに、その友人に贈った花は忘れな草。花言葉は『真実の友情』です」(5歳の男の子のママ)

花図鑑ってどんな図鑑?

花図鑑とは、その名の通り、花に関するアレコレを網羅した図鑑のことです。チューリップやひまわりなど、誰もが知っているポピュラーな花から、道端に咲いている名前も知らないような野の花まで、さまざまな花の種類が掲載されています。主な内容は花の名前、開花時期、花の色など。鑑賞用の花については、お世話の仕方や長持ちさせる方法を詳しく解説している図鑑も多くあります。さらには、名前の由来や原産地、花言葉まで詳しく書かれた図鑑も。ほとんどの図鑑は美しい花の写真付きなので、写真集のようにパラパラと眺めるだけでも楽しいもの。子供用の図鑑には身近な花がたくさんのっているので、お散歩中に「あ、この花、図鑑でみたことあるね」と、親子の会話も広がります。
また、索引は花の名前だけじゃなく、花の色や開花時期で調べることができるものも多いので、「あの花の名前はなんだろう」と思ったときにすぐに検索することができますよ。

花図鑑の種類は?

花全般を網羅しているもの

子供用花図鑑のほとんどは、このタイプ。ポピュラーな花から珍しい花まで、花全般を網羅しているのが一般的な花図鑑です。主な内容は開花時期や花の色、特徴など。特に子供用の花図鑑は、学習用としても使用できるように花の部位や花が咲く様子なども詳しく書かれているものが多くあります。

特定の内容を取り上げているもの

特定の内容に絞って詳しく解説している図鑑もあります。チューリップや桜、バラなど花そのものの種類を取り上げているものもあれば、花屋さんで販売されている観賞用の花や山に咲く花、野の花など、咲いている場所や取り扱っている場所を特定して取り上げている花図鑑も。季節ごとの花を取り上げているものなどもあり、「春に咲く花だけを調べたい」「花屋さんにアレンジメントをオーダーするときに使いたい」という人にピッタリです。また、花言葉を詳しく解説しているもの、花の色を詳しく解説しているもの、花の名前の由来を解説しているものなど、読み物的な要素が高い図鑑も数多く販売されています。特に、大人用の図鑑には、このような専門性の高いものが多いのが特徴です。

子供用の花図鑑の選び方は?

まずは、子供用の花図鑑の選び方からご紹介していきましょう。ひとくちに子供用の花図鑑と言ってもその種類はとても豊富。せっかくだから、子供がいつまでもずっと愛読でき、花にもっと親しみを持てるような図鑑を選んであげたいものですよね。

イラストが多い

あまりにも文字ばかりで、色彩が少ない図鑑だと、子供たちはすぐに飽きてしまいます。特に、就学前の小さな子供は、図鑑を絵本のように楽しむことが多いもの。可愛いイラストがたくさん入った図鑑を選んであげれば、子供も興味を持って読んでくれるでしょう。

小学生なら写真が多いものを

小学生ともなれば、イラストよりも写真が多用されているものの方がリアリティがあり、受け入れられやすい傾向にあります。イラスト入りの図鑑では物足りなくなってきた子供たちには、写真がたくさん入っている図鑑を選んであげましょう。

サイズで選ぶ

最近ではさまざまなサイズの図鑑が発売されています。子供の年齢や、使用するシーンを考えて、図鑑のサイズもしっかりと考慮しましょう。せっかく内容が充実した図鑑でも、子供がひとりでページをめくれなければ、意味がありません。子供が取扱いしやすい大きさの図鑑を選んであげるようにしましょう。また、子供が外に持ち運びたい、という場合にはポケットサイズの図鑑が非常に便利です。

学習に役立つかどうか

小学生向けに選んであげる場合は、調べものに役立つような図鑑を選んであげるのがおすすめです。花の分類、生態を理解できるような解説がなされているか、スムーズに検索できるような索引になっているか、など。また、子供の「学びたい」意欲を高めてあげられるような内容の図鑑を選んであげることも大切です。

大人用の花図鑑の選び方は?

大人用の花図鑑は、子供用の花図鑑よりも取り扱っている内容がバラエティーに富んでいます。そこでここでは、大人用の花図鑑の選び方も合わせてご紹介します。「自分専用に花図鑑を1冊買いたいな」と思っているママやパパは、ぜひ参考にしてください。

掲載種類で選ぶ

大人が花図鑑を必要とするシーンのほとんどは、花の名前を調べるため。例えば、通りすがりの家の庭に咲いていた花の名前を知りたい、友人から貰った花の名前を聞きそびれたから知りたい、といったケースでしょう。はじめての花図鑑なら、まずは花の掲載種類が多いものをおすすめします。せっかく購入したのに、知りたい花の名前が載っていなかったら意味がありませんよね。できるだけ種類数が多いものを選ぶようにしましょう。

お花屋さんによく行く人は鑑賞用の花を網羅した花図鑑を

結婚したり、ママになったりしてから、お花屋さんに行く機会が多くなった、という人はいませんか?例えば、パパの仕事関係で花を贈る機会が増えた、ママ友とのホームパーティーで自宅に花を飾ることが増えた、など。せっかくお花屋さんに行っても、花のことはよくわからないから、いつも「お任せで」と言ってしまうようではちょっと寂しいですよね。そこでおすすめなのが、お花屋さんで取り扱っている花限定の花図鑑。できれば、切り花やアレンジの知識も網羅している、お花屋さん監修のものを選びましょう。実際にその図鑑をお花屋さんに持っていけば、希望のアレンジも伝えやすくなりますよ。

花のメッセージを知りたいなら花言葉を特集した図鑑を

いつもお世話になっている家族や、親しくしているママ友、子供の幼児教室の先生などに、「ありがとう」や「おつかれさま」などのメッセージを込めた花を贈りたいと思ったことはありませんか?そんな人には花言葉の図鑑がおすすめです。できれば写真入りの図鑑を選べばアレンジしたときのイメージも湧きやすいはず。メッセージカードに、「花言葉は○○です」と書き添えれば、さらに素敵です。花に込められた意味を知れば、その花のことがもっと好きになりそうですよね。同じような図鑑で、誕生日の花の図鑑もあります。誰かの誕生日に花束を贈るとき、誕生日の花を贈れば喜ばれそうですよね。

専門家監修の図鑑を選ぶ

特定の花について詳しく知りたいときは、その花の専門家が監修した図鑑を選ぶとよいでしょう。例えば、「桜」について詳しく知りたいと思ったときは桜の専門家が監修した図鑑を。「バラ」についてちゃんと勉強したい、と思ったら、バラの専門家が監修した図鑑がよいでしょう。花図鑑の中には、特定の花のみを取り扱った、少々マニアックな図鑑もたくさん出ています。特定の花に魅了され、もっとその世界について学びたいと思ったときは、このような専門家監修の図鑑がとても役立つはずです。

おすすめの花図鑑20選

では最後に、おすすめの花図鑑を子供用、大人用にわけてご紹介していきましょう。自分用や子供用にはもちろんのこと、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうな、バラエティー豊かな図鑑を20冊ピックアップしてみました。ぜひ購入の際の参考にしてくださいね。

子ども向けの花図巻

DVD付 花 (小学館の図鑑 NEO)

DVD付 花 (小学館の図鑑 NEO)小学館 参考価格:¥2,970Amazonで詳しく見る

日本初!分類順に花が掲載されている児童向けの本格図鑑です。この図鑑は最新のDNA分類(APG分類)順に、また科ごとに紹介されているので植物をしっかりと理解することでき、分類順が主流となっている大人の図鑑へとスムーズに移動できる構成になっています。白背景で撮られた美しい写真の数々は、なんと撮影に7年もの歳月をかけたというこだわり。眺めているだけでも楽しく、子供たちが飽きずに何度も見ることができるでしょう。また、50分間の「ドラえもん・のび太のびっくり花DVD」が付属で付いているのも嬉しい特典。ドラえもんとのび太の2人が、わかりやすく植物や花の世界を解説してくれる楽しい内容です。ページ数も191ページとビックボリューム!これ1冊で植物の知識をしっかりとカバーすることができますよ。また、身近な植物を使った遊びなど、コラムも充実。遊びながら想像力を育むことができます。
多田 多恵子(著, 監修, 写真), 大作 晃一 (写真), 亀田 龍吉 (写真)
大型本: 191ページ
出版社: 小学館

花 (ニューワイド学研の図鑑)

花 (ニューワイド学研の図鑑)学研プラス 参考価格:¥5,790Amazonで詳しく見る

街角や学校の花壇、お花屋さんなどでよく見られる、園芸植物の花・花木及びハーブ・作物等700種以上を写真付きで紹介している図鑑です。さらに、花に関する話題やコラムも盛りだくさん、読み物としても楽しめる充実した内容です。育て方も詳しく書いてあるので、子どもと一緒にガーデニングをするときにも大活躍。巻末には索引も付いており、花の名前から該当ページを探すこともできます。季節ごとの花や植木が詳しく紹介されていて、子供と「今の季節はこのお花が咲いているね」なんて会話も盛り上がりそう。写真もとても美しいので、眺めているだけでも楽しくなる1冊です。子供だけでなく、大人も役立つ図鑑、と口コミ評価も高い図鑑です。子供の「学びたい!」の意欲を刺激してくれる、とっても楽しい図鑑です。
大型本: 184ページ
出版社: 学研マーケティング

4・5・6歳のずかんえほん はな・やさい・くだものの本

こども百科 4・5・6歳のずかんえほん はな・やさい・くだものの本 (えほん百科シリーズ)講談社 参考価格:¥1,320Amazonで詳しく見る

幼稚園の年少から年長にかけての子供向けの図鑑です。季節に応じた花を、シーン別に個別に紹介。ハイキングや外遊び、お散歩で見かける草花の特徴や名前がひと目でわかるので、子どもがどんどん自然への興味を深めていきます。すべてひらがなで書かれているので、子供の「自分で読みたい」という気持ちを育ててくれそう。花だけでなく果物や野菜など、子供に関わりの深い植物が網羅され、学習意欲をしっかりと養ってくれることでしょう。子供の図鑑デビューにもぴったりの、見ていてとても楽しい図鑑です。
萩原 信介(監修)
単行本: 34ページ
出版社: 講談社

くさばな 増補改訂 (あそびのおうさまずかん)

くさばな 増補改訂 (あそびのおうさまずかん)学研プラス 参考価格:¥858Amazonで詳しく見る

季節ごとに道端や花壇、野山、そして木に咲く草花をイラストと写真入りで紹介している図鑑です。巻頭には草花クイズを掲載。楽しみながら草花に関する知識を深めることができます。草花の秘密や豆知識、花ことばや草花遊びのページも充実しており、知識と遊びがたくさん詰まった親子で大満足できる1冊です。
また小さな子供でも理解しやすいよう、優しい言葉で書かれている点も魅力。イラストや写真もキュートなので子供がすすんで読みたがること間違いなし!何度も繰り返し読むことで、身近な草花に親しみが持てるようになることでしょう。
真山 茂樹(監修)
大型本: 64ページ
出版社: 学研教育出版; 増補改訂版

植物 (新ポケット版 学研の図鑑)

植物 (新ポケット版 学研の図鑑)学研プラス 参考価格:¥1,056Amazonで詳しく見る

外出時にも持ち運びしやすいポケットサイズの図鑑です。ポケットサイズながらも1100種の草花が収録されている本格図鑑。野に咲く植物や花壇で育てられている植物など、普段よく目にする植物を取り上げて、花が咲く季節ごとに紹介しています。遊びに行ったときにカバンやポケットに入れておけば、子供たちが「知りたい!」と思ったときにすぐに調べられますよ。また、持ち運びすることで、街角の花に興味を持つようになることでしょう。この1冊で、きっと子供は「植物博士」になれるはず。

高橋秀男(著)
単行本: 232ページ
出版社: 学研教育出版; 増補改訂版

花と緑のさいばい図鑑

花と緑のさいばい図鑑 (チャイルドブックこども百科)チャイルド本社 参考価格:¥10Amazonで詳しく見る

少々昔の本ではありますが、今でも読みごたえは充分。この花図鑑があれば、子供と一緒に120種類以上もの花やグリーンのお世話ができます。花ごとにお世話のポイントがわかりやすく書かれているので、子供の「お世話したい!」気持ちを刺激してくれますよ。800点ものカラーイラストを使用して、1年間の栽培方法を子供にも理解しやすいように解説。ベランダで簡単にお花やグリーンが育てられるポイントもあわせて紹介されています。
普段の生活に使用できるのはもちろんですが、夏休みの自由研究にも重宝しそうな1冊。「お花を育ててみたい!」という子供にぴったりです。
柳 宗民
大型本: 102ページ
出版社: チャイルド本社

大人向けの花図巻

花屋さんで人気の421種 大判花図鑑

花屋さんで人気の421種 大判花図鑑西東社 参考価格:¥1,980Amazonで詳しく見る

四季折々、花屋さんの店先を美しく彩っている人気の花・実もの・枝もの・グリーンを50音順に紹介している図鑑です。美しい写真は見ているだけで癒されると好評。花色、原産地などの基本データに加えて水揚げ方法や出回り時期など知りたい情報がこれ1冊でしっかりと網羅できます。生け花やフラワーアレンジメントはもちろんのこと、花をモチーフにしたイラストや手芸の作品作りにもひと役買ってくれそう。家に花を欠かしたくない、花が大好き、子供に正しい花色を教えてあげたいという人にぜひ持っていてほしい花図鑑です。

モンソーフルール(監修)
単行本: 256ページ
出版社: 西東社

色・大きさ・開花順で引ける季節の花図鑑

色・大きさ・開花順で引ける季節の花図鑑日本文芸社 参考価格:¥1,760Amazonで詳しく見る

日ごろ、よく目にする身近な花から山野草、珍しい品種に至るまで、掲載されている花の数はなんと500種類以上!「花辞典の決定版」ともいえる図鑑がこちらです。オールカラーで彩られた美しいページはめくるたびに感動を与えてくれます。あらゆる角度から知りたい花の情報が探し出せるよう、検索方法にも工夫が施されています。花の写真は近影だけでなく遠影も、また、花の咲き姿や葉っぱの形状まで掲載されているのでとても便利。この本さえあれば、子供の「この花のお名前は?」という問いかけに必ず答えられるはず!花言葉などの情報も充実しているので読みごたえもばっちりです。
鈴木 路子(監修)
単行本: 367ページ
出版社: 日本文芸社

美しき小さな雑草の花図鑑

美しき小さな雑草の花図鑑山と渓谷社 参考価格:¥4,599Amazonで詳しく見る

私たちの身近に生えている雑草、約100種を掲載。拡大した写真をメインに、人気の植物学者・多田恵子先生の素敵で優しい文章が楽しめる図鑑です。ページいっぱいに拡大された、わずか数ミリ~数センチの小さな雑草の花々を、さながらルーペで観察しているかのように楽しめます。この図鑑を読むと、雑草がまるで芸術作品のように思えてきます。道端に咲いていても、なかなかふだんは気に留めることのない雑草ですが、この本を見れば、きっと雑草が愛おしく、身近に思えるはず。子供と一緒にこの本を片手に雑草探しのお散歩に出かけてみるのもおすすめ!きっと、親子で雑草のキュートさ、可憐さに気づくことでしょう。
多田 多恵子(著), 大作 晃一 (写真)
単行本(ソフトカバー): 168ページ
出版社: 山と渓谷社

「この花なに?」がひと目でわかる! 散歩の花図鑑

「この花なに?」がひと目でわかる! 散歩の花図鑑新星出版社 参考価格:¥1,320Amazonで詳しく見る

道端でよく見かける花や園芸用の花を中心に、イラストと写真をフル活用して紹介している図鑑です。ポケットサイズなのでもち運びにも便利。子供とのお散歩中に「この花なあに?」と聞かれたときに、さっと取りだしてすぐに解決できるのが嬉しいですね。色や季節で調べられる写真入りの目次も付いているので検索もラクラク。花の特徴、よく似た花との見分け方など、写真では分かりづらいことはイラストでしっかりと解説してくれています。掲載されている花の数は507種類。この1冊があれば、子供とのお散歩がグンと楽しくなるはずです。天気のいい日には、この本片手に、掲載されている花を何種類見つけられるか、探検に出かけてみるのも楽しいですね。
岩槻秀明(著)
単行本(ソフトカバー): 255ページ
出版社: 新星出版社

四季の花図鑑 心と暮らしに彩りを

四季の花図鑑 心と暮らしに彩りを (TJMOOK)宝島社 参考価格:¥693Amazonで詳しく見る

花やグリーンの特徴を、わかりやすく丁寧に解説しているとても使いやすいハンドブックです。花屋さんでアレンジメントのイメージや相談をするときに、この図鑑を持ち込むとわかりやすい、という声も。また、プレゼントされた花や買った花のお手入れ方法やできるだけ長持ちさせる方法も掲載されているのでとっても便利。お花と一緒にこの図鑑をプレゼントするのも素敵ですね。子供の誕生日やお祝いでお花をいただいても、つい枯らしてしまいがちなママ必見です。
大型本: 143ページ
出版社: 宝島社

美しい花言葉・花図鑑‐彩りと物語を楽しむ‐

美しい花言葉・花図鑑‐彩りと物語を楽しむ‐ナツメ社 参考価格:¥4,203Amazonで詳しく見る

まるで写真集のように美しい四季折々の花の写真とともに、花の名前の由来や花言葉、エピソードや神話などをまじえて紹介している1冊。バラやチューリップ、ガーベラなどの定番の花からコットンツリーやクリスマスローズなど近年人気の高まっている花、パンジーやサファイアなどガーデニングに用いられている花まで網羅。特に人気の高い花は複数色取り上げ、それぞれの花言葉を紹介しています。もちろん掲載されているのは花言葉だけではありません。別名や英語名、開花時期や香りのデータ、シーズンごとのアレンジメントの作り方、お花を活けるコツなども紹介されているので、読み応えたっぷり。巻末には花言葉の意味から花が検索できる「目的別逆引き索引」も掲載。お花をプレゼントする際にも役に立ちます。ロマンティックなものが大好きな女の子に、この図鑑片手に花言葉を教えてあげるのはいかがですか?
二宮 考嗣(著)
単行本: 256ページ
出版社: ナツメ社

誕生日の花図鑑

 誕生日の花図鑑ポプラ社 参考価格:¥3,975Amazonで詳しく見る

例えば、1月1日の花は福寿草、3月3日の花は胡蝶蘭、4月1日の花はソメイヨシノというように、1年366日の誕生日の花の美しい写真とともに、それぞれの花言葉、優しい解説が掲載された図鑑です。自分の誕生日の花はもちろん、家族や友人の誕生日の花を知ることができる興味深い1冊。解説にはその花のいわれ、注目ポイントなどに触れられているので、読み物としても面白いと好評です。大切な人のお誕生日に、誕生花と一緒にこの本をプレゼントするのも粋で喜ばれそうですね。また、子供に「あなたの誕生日のお花は○○よ」と教えてあげて、毎年のバースデーにそのお花を飾ってみるのもロマンティックで素敵な思い出になりそう。小学生から大人まで、幅広い年齢層が楽しむことができる図鑑です。

中居恵子(著), 清水晶子(監修)
単行本(ソフトカバー): 384ページ
出版社: ポプラ社

花屋さんの花 楽しむ図鑑-フローリストに教わる227種

花屋さんの花 楽しむ図鑑-フローリストに教わる227種池田書店 参考価格:¥1,300Amazonで詳しく見る

こちらは花屋さんで取り扱われている切り花やグリーン、実ものなどを227種にわたって紹介している花図鑑。現役のお花屋さんも活用している本格的な1冊です。アレンジの仕方や選び方のヒントが満載なので、お花屋さんでの花選びがグンと楽しくなること間違いなし!品種や花言葉、花もち、花色など、知りたい情報もしっかりと網羅されています。
写真はすべて撮りおろし、1年以上もの月日をかけて季節ごとに撮影をしたというこだわりよう。ハンディサイズなので、かばんやポケットに入れての持ち運びにも便利です。この1冊で、花のある暮らしがとっても楽しくなること間違いなし!子供と一緒に眺めて「次はこのお花をメインにして、お家に飾ってみようか」などと話しあうのも楽しいものですよ。
ピエトラ・ディ・フィオーリ (監修)
単行本: 240ページ
出版社: 池田書店

花の名前―由来でわかる花屋さんの花・身近な花522種

花の名前―由来でわかる花屋さんの花・身近な花522種 (婦人生活ベストシリーズ)婦人生活社 参考価格:¥116Amazonで詳しく見る

花屋さんで使用されている一般的な名称を基準にして、50音順に掲載した花のデータブックです。学名や原産地、入手時期や耐寒性、花色、楽しみ方など、知りたい情報がしっかりと網羅されている内容充実の花図鑑だから、普通の図鑑では飽き足らない、もっと玄人好みの情報が知りたい!という花好きの人にぴったり。
なんと「緑・花文化の知識認定試験」にも対応。この本をしっかりと熟読すれば、子供に「ママは花博士なんだよ」って自慢できること間違いなし!

浜田 豊(著)
ムック: 321ページ
出版社: 婦人生活社

色・季節でひける花の事典820種

色・季節でひける花の事典820種西東社 参考価格:¥1,650Amazonで詳しく見る

毎日見かける花のほとんどを網羅している図鑑です。新しい品種や今人気の花、カラーリーフプランツも満載なので、この1冊を持っておけば、ほとんどの花に詳しくなれるといっても過言ではないかも。季節や花の色で検索できる写真目次が付いているので、「この花なんだろう?」と思ったときにさっと探せてとっても便利です。花の名称だけでなく、おさえておきたい園芸用語や花のつくりと名称もしっかり解説してくれています。別名や原産地、花言葉も掲載されているので読みごたえも申し分なしです。子供に季節の花を教えてあげるのに最適の1冊ですね。
金田 初代(著), 金田 洋一郎
単行本: 351ページ
出版社: 西東社

暮らしを美しく飾る花図鑑

暮らしを美しく飾る花図鑑家の光協会 参考価格:¥4,862Amazonで詳しく見る

もしかしたら、著者の名前にピンときたママも多いかもしれませんね。インスタグラムでなんと27万人を超えるフォロワーを持つ増田由希子さんによる、とってもオシャレな花図鑑です。花の特徴や、お家に飾るときの取り扱い方やワンポイントはもちろんのこと、「草姿」を生かしたスタイリングの解説もあり、花の魅力が最大限に伝わってくる花図鑑です。花の知識はもちろんのこと、オシャレな活用方法を知りたい!子供に花のある暮らしで心豊かに育ってほしい!というママにおすすめです。
増田由希子 (著)
単行本: 128ページ
出版社: 家の光協会

育てたい花がたくさん見つかる図鑑1000

育てたい花がたくさん見つかる図鑑1000 (主婦の友実用No.1シリーズ)主婦の友社 参考価格:¥3,028Amazonで詳しく見る

花選びの入門書とも言える1冊。花を身近に置いて楽しみたいけれど、いったい何を選べばいいのかわからない、子供が小さいから手間のかからない花を飾りたいというママにおすすめの図鑑です。上手なお花の買い方や花が咲いている間の育て方、管理、翌年以降も楽しむためのお世話について詳しく解説されています。また、どんな色があるかも一目瞭然でわかり、好みの花色からお花をチョイスすることもできます。難しい栽培法のものは掲載されていないので、気軽に花のある生活を楽しめるでしょう。「見つからない花はないんじゃないの?」と思ってしまうくらい、たくさんの花の種類が載っている、心強い本です。ぜひこの図鑑を見ながら、子供と一緒に花を育てる楽しみを味わってみてください。
主婦の友社(編集)
単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社: 主婦の友社

花色で引ける・見分け方がわかる (開花順) 四季の野の花図鑑

花色で引ける・見分け方がわかる (開花順) 四季の野の花図鑑技術評論社 参考価格:¥2,618Amazonで詳しく見る

家の周辺や庭、公園、道端などで見られる身近な野の花や、ハイキングコースなど自然あふれる場所で見られる野の花など、代表的な野の花を集めて掲載。巻頭にある花色インデックスを使えば、花の色から名前を調べることができます。見分けが難しい花には見分け方のポイント解説も。花の説明は季節順に並んでいます。文字も大きめで読みやすいレイアウトになっているので、ママやパパにはもちろん、おじいちゃんおばちゃんにもおすすめ。パラパラとめくるだけでも楽しいので、子供も夢中になってみてしまうこと間違いなしですよ。
いがり まさし(著)
単行本(ソフトカバー): 416ページ
出版社: 技術評論社

魅惑のオールドローズ図鑑

魅惑のオールドローズ図鑑 写真が語る伝統のバラ100の物語世界文化社 参考価格:¥4,599Amazonで詳しく見る

バラの中でも、柔らかい輪郭と色彩を持ち、愛好家が多い伝統的なバラ「オールドローズ」にスポットを当てた図鑑です。オールドローズを美しくレイアウトして撮影したボタニカルフォトアート100点とともに、それぞれの魅力や由来を伝える物語を添えた、まるでアートのように美しくスタイリッシュな図鑑です。
監修と文は日本におけるバラ研究の第一人者とも言われる御巫由紀先生。それぞれの系統別に、伝統的なバラを丁寧にわかりやすく解説しています。
オールドローズには、ひとつひとつの品種に語り継がれてきた物語があります。ある物語はバラの由来を、ある物語はバラの名前に込められている生産者の思いを伝えています。この本をバラ好きな人や花好きな人に贈るのももちろんいいですが、オールドローズに秘められた美しい物語を子供たちに読み聞かせてあげるのはいかがでしょうか。きっと豊かな感受性が育まれること間違いなしです。
御巫 由紀(監修), 大作 晃一(写真)
単行本: 128ページ
出版社: 世界文化社

美しい花の姿は、見ているだけで人の心を幸せな気分にしてくれます。私たちの生活と切っては切り離せない存在の花。花図鑑を活用して、親子でもっと花の世界に親しんでみるのはいかがでしょうか。きっと子供たちも、花々の持つ、鮮やかな色彩や、魅力的なフォルムに心を奪われて、花がもっともっと大好きになるに違いありません。花図鑑を読んで、親子で心豊かなひとときを過ごしてみてくださいね。

(文/大中千景)

関連記事

2歳の男の子・女の子が喜ぶクリスマスプレゼント!おすすめおもちゃ&絵本25選
2歳の男の子・女の子が喜ぶクリスマスプレゼント!おすすめおもちゃ&絵本25選
もうすぐ楽しいクリスマス。子どもへのプレゼントは決まりましたか? プレゼント選びで特に難しいのが、2歳児へのプレゼント。まだ「サンタクロース」や「プレゼント」の意味を理解していなかったり、言葉が十分に話せずコミュニケーションがとれなかったり……。「何を買ってあげたらいいのかよくわからない」「あまり興味を持ってもらえなくて失敗した」というママの声も多いんです。
記事を読む
子供や幼児におすすめのなぞなぞ本!人気の本も勢ぞろい13選!
子供や幼児におすすめのなぞなぞ本!人気の本も勢ぞろい13選!
一人で解いて楽しい、友だちや家族で問題を出し合っても楽しい「なぞなぞ」。なぞなぞは、いわばクイズの一種ですが、日本的な「とんち」が効いていて、単純に楽しいだけでなく、いろいろな知識が身についたり、発想力が育まれたりなど、知育効果も期待できるとあって、遊びのなかに取り入れることが見直されています。そこで今回は、大人も思わず感心してしまうネタが満載の「なぞなぞ本」を紹介します。
記事を読む

あなたにおすすめ

注目コラム