熱帯魚図鑑で水族館がもっと楽しくなる!おすすめの人気図鑑10選

コラム
公開日:2019/01/21
更新日:2019/10/12
熱帯魚図鑑で水族館がもっと楽しくなる!おすすめの人気図鑑10選

水の中を自由に泳ぐ魚は見ていて癒されますよね。中でも熱帯魚は、彩りが美しいので子どもから大人まで人気があります。そこで今回は、熱帯魚のことを詳しく学べる熱帯魚図鑑に注目!さまざまな情報がチェックできる図鑑や、飼育方法が記載された図鑑などを10点ピックアップしてご紹介します。熱帯魚図鑑を水族館へ持って行けば、いつも以上に楽しめるかもしれませんよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

熱帯魚図鑑とは?どんなものなのか知りたい

図鑑とは、その種類の特徴を写真やイラストで詳しく解説してくれる書物。書店やネットには動物図鑑や植物図鑑など、いろいろな種類の図鑑がありますよね。では、「熱帯魚図鑑にはどんなことが記載されているの?」という人に、まずは熱帯魚図鑑についてご紹介しましょう。
熱帯魚図鑑は、主に熱帯や亜熱帯に生息する魚の生態が記載されています。内容は本によって異なりますが、その熱帯魚の生息地や大きさ、オス・メスの見分け方などを記載しているものが多いです。中には、熱帯魚の飼育方法やおすすめの水槽レイアウト、水草の選び方などがチェックできるものも!熱帯魚図鑑は、熱帯魚の生態を詳しく知りたいという人だけでなく、これから熱帯魚を飼いたいと思っている人にもピッタリな1冊なのです。

失敗したくない!熱帯魚図鑑の選び方

たくさんの情報が詰まっている図鑑は、絵本と違って値段が少し高め。また、せっかく購入するなら読んでいておもしろい図鑑や読みやすい図鑑を選びたいですよね。そこで、熱帯魚図鑑の選び方をご紹介します。

写真またはイラストをたくさん掲載

幼児や小学生、あるいは熱帯魚をいちから学びたい人が、専門的なデータばかり記載されている図鑑を見てもおもしろくないかもしれません。せっかく「熱帯魚のことをもっと知りたい!」と思っても、内容が難しすぎて最後まで読めなかったら図鑑を購入した意味がないですよね。初心者が熱帯魚図鑑を購入するなら、写真やイラストがたくさんあるものを選んでみてはいかがでしょうか。文字や数字の解説よりも、写真やイラストを使った解説の方が分かりやすくて読みやすいですよ。また、写真やイラストが多い熱帯魚図鑑は各ページが華やかなので、パラパラと眺めるだけでも楽しめるでしょう。

情報の種類の多さをチェック!

熱帯魚のことを詳しく知るためには、いろいろな情報をチェックすることが必要!熱帯魚の掲載数だけでなく、情報の種類の多さも確認しておきましょう。「熱帯魚以外の観賞魚も詳しく知りたい!」という方は、メダカや金魚なども紹介している図鑑がおすすめ。単行本よりも大型本の方が情報の種類が多いようなので、専門的な知識も学びたい人は大型本を選んでみてください。

飼育の難易度や飼育方法は記載されている?

「実際に熱帯魚を飼いたい!」という人は、飼育の難易度や飼育方法が記載されている図鑑を選びましょう。熱帯魚は種類によって飼育の難易度が異なります。初心者が難易度の高い熱帯魚を購入すると飼育に失敗する恐れもあるので、まずは難易度の低い熱帯魚を図鑑でチェックしておくといいかもしれません。
また、その熱帯魚を飼育するのに適した水温や水質、エサの与え方などが記載されていると役に立ちます。熱帯魚を飼育するなら、魚の隠れ家や水質浄化の役割をする水草も大切ですよ。実際に熱帯魚を飼いたい方は、熱帯魚の飼育のことだけでなく、水草の選び方や水草育成のポイントも記載されている図鑑を選ぶといいでしょう。

専門家監修の図鑑ならより詳しい情報が!

熱帯魚図鑑の中には、研究者や専門家が監修しているものもあります。研究者や専門家が監修している熱帯魚図鑑には、その種類の詳しいデータや新種の熱帯魚の情報などが記載されているものも!基礎情報以上のことを知りたい熱帯魚好きの方やアクアリウム愛好家は、研究者や専門家が監修している図鑑を検討するといいかもしれません。

熱帯魚図鑑を持っておでかけできる水族館が知りたい!

熱帯魚図鑑で熱帯魚の生態や魅力を学んだら、今度は実物を見たくなりませんか?「動いている熱帯魚を間近で見たい!」という人は、熱帯魚図鑑を持って近くの水族館へ行ってみましょう。今回は、関東エリアでおすすめの水族館や水族園をご紹介します。

しながわ水族館

東京都の品川区にある「しながわ水族館」。京浜急行大森海岸駅、JR京浜東北線大森駅のどちらからも徒歩で行けるため、観光客や子ども連れの家族に人気があります。しながわ水族館は、海面付近に生息する魚と海底付近に生息する魚でフロアが分かれているのが特徴。熱帯魚は、「海の宝石箱」というエリアで展示されていますよ。館内は撮影が可能なので、お気に入りの熱帯魚と一緒に撮影してみてはいかがでしょうか。

葛西臨海水族園

東京都の葛西臨海公園にある「葛西臨海水族園」は、JR、地下鉄、バスなどで行けるアクセス良好な水族館。ガイドツアーを無料で行っており、魚の泳ぎや水槽の裏側などを解説してもらうことができます。公式HPには「魚ッチングシート」というものがあり、これをダウンロードして熱帯魚図鑑と一緒に持って行けば、水族園をより楽しむことができますよ。「魚ッチングシート」は、小学校低学年を対象とした初級シリーズから大人も楽しめる上級シリーズまで約20種類あるので、親子やグループでぜひチャレンジしてみましょう。

八景島シーパラダイス

水族館や遊園地、ショッピングモールなどが複合した横浜のレジャー施設「八景島シーパラダイス」。海の生き物を見たり触れたりして楽しむことができます。そんな八景島シーパラダイスで熱帯魚が鑑賞できるのは、約700種類の魚が展示されているアクアミュージアム館です。中には、八景島シーパラダイスのマスコット的な魚であるカクレクマノミやキイロハギなどがいますよ。サンゴ礁の海をリアルに再現した美しい展示に、息を飲むこと間違いありません。

サンシャイン水族館

天空のオアシスをコンセプトにした、池袋のワールドインポートマートビルにある「サンシャイン水族館」。熱帯魚は、オーストラリアのグレートバリアリーフをイメージした美しい水槽で泳ぐ姿を見ることができます。ここには、他の水族館では見られないような珍しい魚や生物も観察することができますよ。色鮮やかな魚がたくさんいるので、小さな子どもも楽しめるでしょう。

熱帯魚を飼育するにはどんなアイテムが必要?

熱帯魚が好きな人は、実際に飼育したくなるかもしれませんね。熱帯魚を飼育するためには、まず水槽や水草を準備しなくてはいけません。飼育したい熱帯魚によって、水槽の大きさや水草の種類が異なります。他にもヒーターやポンプなども重要なアイテム!どんなアイテムが必要なのか、図鑑や飼育本などで事前にチェックして、ネットやペットショップなどで購入しておきましょう。

熱帯魚飼育に必要なグッズ

1.水槽

水槽には主にアクリルとガラス製があります。熱帯魚好きな人は傷がつきにくいガラス製を選ぶことが多いよう。サイズは買う魚の大きさや置き場所の強度に合わせますが、小さい水槽は水温や水質の変化が激しいため、ある程度大きいほうが(一辺60㎝程度~)管理しやすいと言われています。

2.照明

熱帯魚本来のきれいな色を保つために、ある程度光を浴びることが大切な要素のひとつになります。また水草が光合成を行うためにも照明が必要になります。

3.底砂

水の汚れを分解してくれるバクテリアのすみかになってくれます。

4.オートヒーター・サーモスタット

熱帯魚の住みやすい水温にするための保温器具です。ヒーターで温め、サーモスタットで温度調節を行います。

5.カルキ抜き

水の中に入れてかき混ぜるだけで水道水中のカルキを消してくれるアイテム。液体のものや錠剤などがあります。

6.ろ過装置

水槽内の水質をきれいに保つために必要なアイテムです。

熱帯魚の飼育セットではじめの一歩を

便利な飼育セットも販売されているので、初心者で何を買えばよいかわからない!という人は、まずこちらを購入してみてもよいでしょう。小学生の自由研究にも役立ちそうですね。

観賞魚 5点セット LED

寿工芸 600S 観賞魚 5点 LED寿工芸 ¥ 12,500 ※2019/12/14 15:16 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

テトラ (Tetra) テトラ アクアリウム LEDライト付セット

テトラ (Tetra) テトラ アクアリウム LEDライト付セット AG-42LE (水槽容量 約20L)テトラ (Tetra) ¥ 5,078 ※2019/12/14 15:16 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

おすすめの熱帯魚図鑑が知りたい!

熱帯魚図鑑の魅力や選び方をご紹介しました。熱帯魚図鑑は、書店やネットなどでいろいろなタイプのものを販売しているので、自分好みのものを選んで購入してくださいね。それでは最後に、おすすめの熱帯魚図鑑を10冊ピックアップしてご紹介します!

増補改訂版 熱帯魚決定版大図鑑

増補改訂版 熱帯魚決定版大図鑑世界文化社 ¥ 10,260 ※2019/12/14 11:34 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

1,200種以上の熱帯魚を掲載している「熱帯魚決定版大図鑑」。アロワナやシクリッド、汽水魚など、ありとあらゆる熱帯魚を網羅しています。こちらの図鑑は熱帯魚の特徴についてなど解説が多く、基本情報からコアな情報まで記載。飼育のポイントや水槽のレイアウト事例なども載っているので、熱帯魚のことが1冊でわかる図鑑が欲しいという人や熱帯魚を飼いたいという人におすすめです。

【購入者の口コミ】

「本の重さに恥じない、質の良い図鑑です。載っている写真がとてもキレイなので、熱帯魚を飼っていない人も楽しむことができるでしょう」
「解説が多くて、読み物と呼ぶにふさわしい1冊。情報がたくさん詰まっているので、何度読んでも飽きません」

タイプ:大型本
ページ数:512ページ
サイズ:26 x 19 x 4.2 cm

熱帯魚・水草3000種図鑑

熱帯魚・水草3000種図鑑ピーシーズ Amazonで詳しく見る

「熱帯魚・水草3000種図鑑」は、過去に発行された図鑑の改訂版。元々は1,400種類の熱帯魚や水草を掲載していましたが、3,000種類にバージョンアップし、内容がより深くなりました。カラシンの仲間やナマズの仲間など、お馴染みの熱帯魚を多数紹介。写真と一緒に流通名や生息地、全長などが記載されています。

【購入者の口コミ】

「ソフトカバー式の熱帯魚図鑑です。ページをめくりやすいので、子どもにもおすすめです」
「熱帯魚だけでなく、ザリガニや両生類も掲載されています。カラシンの仲間だけでも種類豊富に載っているので、ほとんどの熱帯魚をこの1冊で網羅できるでしょう」

タイプ:大型本
ページ数:510ページ
サイズ:29.8 x 21 x 2.6 cm

最新図鑑 熱帯魚アトラス

最新図鑑 熱帯魚アトラス平凡社 Amazonで詳しく見る

日本で流通している熱帯魚がたくさん掲載されている「最新図鑑 熱帯魚アトラス」。さまざまな熱帯魚の飼育経験を持つ著者が、その魚の特徴を分かりやすく解説しています。中には、平常時のオスやメス、幼魚などの写真も掲載。見た目の違いがひと目で分かるようになっているので、初心者でも楽しめるでしょう。

【購入者の口コミ】

「魚が好きな子どもへのプレゼントに購入しました。解説が分かりやすいので楽しんで読んでいるようですよ」
「キレイな熱帯魚の写真ばかりで、見ていて癒されます。コラムもおもしろいので、分厚くてもサラッと読めました」

タイプ:単行本
ページ数:559ページ
サイズ:20 x 12.8 x 3 cm

観賞魚大図鑑

観賞魚大図鑑緑書房 ¥ 7,480 ※2019/12/14 11:31 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

「観賞魚大図鑑」はポピュラーな熱帯魚だけでなく、海水魚や池で飼育する観賞魚まで網羅した図鑑です。種別データや特性などを、鮮明な写真と共に紹介しています。観賞魚の飼育もいちから解説。大型本で写真や解説が見やすいのも魅力的ですね。

【購入者の口コミ】

「オールカラーでとても見やすいです。自分用に購入しましたが、写真が多めなので7歳の子どもも読めました」
「何といっても写真がキレイ!水族館の水槽を見ているような鮮やかさで、とても癒されます」

タイプ:大型本
ページ数:399ページ
サイズ:27.8 x 3 x 0.2 cm

ザ・熱帯魚&水草1000種図鑑 (アクアリウム・シリーズ)

ザ・熱帯魚&水草1000種図鑑 (アクアリウム・シリーズ)誠文堂新光社 Amazonで詳しく見る

「ザ・熱帯魚&水草1000種図鑑」は、熱帯魚を専門とした水槽写真家の小林道信氏が監修した図鑑。シクリッドの仲間やコイとドジョウの仲間、古代魚の仲間などを分類して掲載しています。水草の種類や特徴も記載。オールカラーで写真も美しいので、アクアリウム愛好家にも好評です。

【購入者の口コミ】

「1ページに何種類もの熱帯魚が載っていて、見やすいです。特徴も簡単に記載されているので、初心者が読んでも難しくありません」
「カバンに入るサイズで持ち運び可能。我が子はこの図鑑を持って、水族館へ行きました」

タイプ:単行本
ページ数:239ページ
サイズ:21 x 14.8 x 1.8 cm

熱帯魚・水草2100種図鑑

熱帯魚・水草2100種図鑑ピーシーズ Amazonで詳しく見る

熱帯魚や水草の種類、熱帯魚を飼い方などが詳しく乗っている図鑑です。生体掲載数は1,800種以上、水草掲載数は約300種。大型本でページ数も多めですが、写真やカラーページも多いため小学校低学年の子どもでも最後まで読み切ることができるでしょう。

【購入者の口コミ】

「重厚感のあるしっかりとした図鑑です。熱帯魚のみならず、水草まで網羅されているので熱帯魚を飼いたいと思っている人なら持っていて損はしないでしょう」
「ポピュラーな熱帯魚がたくさん載っているので、とても楽しいです。写真がキレイなので細かいところまでチェックできます」

タイプ:大型本
ページ数:510ページ
サイズ:29.8 x 20 x 3.2 cm

熱帯魚・水草の図鑑&飼い方 (ワイド版・動物図鑑シリーズ)

熱帯魚・水草の図鑑&飼い方 (ワイド版・動物図鑑シリーズ)日東書院本社 Amazonで詳しく見る

カラシン、コイ、メダカ、シクリッド、ナマズ、淡水エビ、汽水魚、古代魚など300種以上の熱帯魚・水草を掲載している「熱帯魚・水草の図鑑&飼い方」。熱帯魚を飼育するのに必要なグッズも写真で解説しています。他にも、日常のお世話のポイントや水草のセッティング、水草の管理のポイントなども記載。熱帯魚を飼育したいと思っている方におすすめです。

【購入者の口コミ】

「水草の育成法やコケ対策にピッタリな生物も載っているので、熱帯魚の飼育方法の本を新たに購入する必要なし!図鑑以上の役割を果たしてくれたので、購入して本当に良かったです」
「定番の熱帯魚だけでなく、珍しい熱帯魚をたくさん載っていました。病気の予防や治療法も記載されていたので、熱帯魚の飼育するときは活用したいと思います」

タイプ:単行本
ページ数:191ページ
サイズ:24 x 18 x 1.8 cm

マルチメディア熱帯魚図鑑 (CD-ROM&BOOK マルチメディア図鑑シリーズ)

マルチメディア熱帯魚図鑑 (CD-ROM&BOOK マルチメディア図鑑シリーズ)アスキー ¥ 5,960 ※2019/12/14 11:32 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

「マルチメディア熱帯魚図鑑」は、世界中に生息する熱帯魚600種と水草150種が載っている図鑑です。美しく見える水槽のレイアウト例もいくつか載っているので、熱帯魚を飼いたいと思っている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。また、こちらの図鑑は、31点の生態ムービーを収録したCD-ROM付き!写真だけでなく泳いでいる熱帯魚の映像も見ることができるので、熱帯魚を飼えない家庭にもおすすめです。

【購入者の口コミ】

「写真や映像がとにかく美しい!癒されたいときに眺めています」
「CD-ROMで熱帯魚が泳いでいる映像が見られるので、水族館へ行った気分が味わえます。子どもも気に入って繰り返し見ていますよ」

タイプ:単行本
ページ数:46ページ
サイズ:26.2 x 18 x 2.8 cm
付属品:CD-ROM付き(生態ムービー31点・ナレーション)

完璧版 観賞魚の写真図鑑―オールカラー世界の観賞魚500 (地球自然ハンドブック)

完璧版 観賞魚の写真図鑑―オールカラー世界の観賞魚500 (地球自然ハンドブック)日本ヴォーグ社 ¥ 2,831 ※2019/12/14 11:31 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

熱帯魚を含む、世界の鑑賞魚が500種掲載されている「完璧版 観賞魚の写真図鑑―オールカラー世界の観賞魚500」。熱帯の海水魚・淡水魚と冷水の海水魚・淡水魚に分類して掲載。生息地や特徴などを150字程度で解説しているので、さらりと読むことができるでしょう。巻末に魚名の五十音索引があるので、「この熱帯魚の特徴が知りたい!」と思ったときにすぐ検索できますよ。イラストや写真も効果的に使用されているので、初心者でも分かりやすいです。

【購入者の口コミ】

「金魚や鯉、熱帯魚などの観賞魚がほとんど掲載されている図鑑。写真がキレイに配列されていて見やすいので、最後の1ページまでスムーズに読めますよ」
「オールカラーで分かりやすいです。じっくりではなく、パラパラと眺めても楽めます」

タイプ:単行本
ページ数:304ページ
サイズ:20.6 x 15 x 2.4 cm

ベタ&グーラミィ―ラビリンスフィッシュ飼育図鑑 (アクアライフの本)

ベタ&グーラミィ―ラビリンスフィッシュ飼育図鑑 (アクアライフの本)エムピージェー ¥ 2,096 ※2019/12/14 11:32 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

熱帯魚の中でも「ベタやグーラミィが好き!」という人におすすめの図鑑です。ベタやグーラミィの特徴やルーツ、飼育のポイントや繁殖のやり方などを詳しく解説しています。トラディショナルベタやプラカットなど改良ベタと呼ばれる熱帯魚から、グーラミィなどのラビリンスフィッシュまでを網羅。今にも図鑑から飛び出してきそうなほど美しい写真に、魅了されること間違いなしです。

【購入者の口コミ】

「写真が多くて見るだけでも楽しい。ベタが目的で購入しましたが、グーラミィも好きになりました」
「ベタについて詳しく知りたくなったので購入しました。ベタの特徴だけでなく、飼育や繁殖方法なども分かって良かったです」

タイプ:単行本
ページ数:128ページ
サイズ:21 x 14.8 x 1 cm

(文/菅野香奈)

あなたにおすすめ

注目コラム