絵本の洋書で楽しく英語と触れ合おう!おすすめの本屋や専門店もチェック

コラム
公開日:2019/01/16
更新日:2019/10/12
絵本の洋書で楽しく英語と触れ合おう!おすすめの本屋や専門店もチェック

小学校の授業で英語が必須科目になり、子どもを早くから英語に触れ合わせてあげたいと考えるママたちも少なくないようです。そこで英語の入り口としておすすめなのが、洋書の絵本で読み聞かせをすること。コミュニケーションを親子間で図りながら、楽しく英語に慣れ親しむことができるため、小さな子どもがいる家庭にもおすすめです。そこで今回は、子どもに読んであげたい絵本の洋書を厳選してお届けします。子どもの興味を引く1冊をぜひ見つけてあげてくださいね。

洋書の絵本の魅力ってなに?

洋書の絵本を子どもに読み聞かせることには、たくさんの魅力があります。その魅力についていくつかご紹介しましょう。

単語や文法を楽しく学べる

洋書の絵本も、日本語の絵本と同じように、文字が少なかったり、シンプルな文法で構成されているものなど、小さな子どもでも読みやすいような工夫が凝らされているものがたくさんあります。最初は理解できないものも、繰り返し耳にし、読み進めていくことで、自然と単語の意味や文法の組み方を理解できるようになると言われています。

英語を聞き取れる耳になれる

子どもには、いろいろな音を聞き分ける能力があると言われていますが、大人になるとこの能力は減退していくようです。そのため、早くから英語に慣れ親しんでおくことで、将来大きくなってからも英語の音を聞き取れる能力をキープできるとされています。

イラストや挿絵から視覚的に学ぶことができる

絵本のなかに書かれているイラストは、文章として記述されていることのイメージ形成をサポートしてくれる役割があります。文章だけでは理解しにくいという場面でも、書かれているイラストや挿絵を見れば、なんとなく「伝えたいことのイメージがこういうことなんだろうな」と大枠を汲み取れることもあるでしょう。そうすることで、表現とイメージが結び付いて、単語や文章の指す意味を理解する力を自然と身に付けられるとされています。

生活様式や文化の違いを理解できる

海外で生み出された物語であれば、日本とは異なる生活様式や文化が描かれ、書き記されている作品も多くあります。物語やイラストを通して、英語圏の人々の雰囲気や生活を感じ取ることで、外国の人ともコミュニケーションが取りやすくなるかもしれません。

▼「考える力」を育むおすすめの通信教育はこちら

【こどもちゃれんじ】の通信教育

洋書の絵本の選び方・ポイントは?

洋書の絵本はたくさん出版されています。しかし一番大切なのは、子どもが興味を持って読んでくれるかどうか。どのようなポイントに気を配りながら選んであげるとよいのかを、ここで確認してみましょう。

子どもの年齢や成長に応じたもの

まずは文字が少ないものから始めるのがおすすめ。言葉に興味を持ち始める2歳ぐらいまでの子どもには、同じ単語を繰り返すようなものや、15ページ前後で物語が完結するような絵本を選んであげると、繰り返し読んでも飽きずに楽しんでくれるでしょう。

かわいらしいイラストのもの

言葉がまだしっかりと理解できない年齢子どもに洋書の絵本を選んであげるのなら、色彩やイラストで選んであげるのも方法のひとつ。明るくはっきりとした色彩やイラストのものであれば、ストーリーが理解できなくても興味を引き、楽しく読み聞かせてあげることができます。また、イラストも子どもが好みそうなタッチのものであれば、イラストを指さしながらコミュニケーションを図ることにも役立ちそうです。

イラストで物語が想像できるもの

イラストから内容が想像しやすいかどうかも重要なポイントです。英語を理解できなくても、イラストで物語の内容を読み取ることができれば、単語や文章の理解力も深まります。

物語の題材が身近なもの

身近なものが題材となっているものであれば、内容をイメージしやすく、その分理解力も高まります。はじめのうちは、電車やバス、動物や食べ物など、生活に密着した内容のものから選んであげるとよいでしょう。

CDが付いているもの

洋書の絵本のなかには、CDがセットとなって販売されているものも多くあります。幼児向けの絵本と言っても、単語の発音が難しいものが含まれていることも少なくありません。そういった際にCDがあると、正しい発音を学ぶことができるため便利です。また、ほかの遊びをしながらもCDをかけておくことで、自然と耳が英語に慣れることも期待できるでしょう。

洋書の絵本が買える専門店に行ってみよう!

洋書の絵本がたくさん置かれている絵本専門店が国内には数店舗あります。そのなかでおすすめのお店を2店舗ご紹介します。

Ehon House

『Ehon House』は、英米やフランス・北欧など、海外の名作絵本を30年以上輸入し続けている洋書の絵本の専門店。ネット販売を中心としていますが、東京都豊島区目白にショールームを兼ねた直営店も構えています。こちらに足を運ぶと、お客様のニーズを汲み取って1人1人に合った絵本をおすすめしてくれるのが魅力。ロングセラー商品から、アート向けビジュアルブックや英語学習教材など幅広いラインナップのなかから、お気に入りの1冊を見つけることができそうです。

Ehon House 基本データ

所在地:東京都豊島区目白1-7-14 みさとビル1F
TEL:03-3985-3363

Ehon Houseホームページ

クレヨンハウス・東京店

東京の表参道に店舗を展開する『クレヨンハウス』。英語絵本を中心に約5万冊の洋書を揃えるほか、国内作家の絵本などを1フロア全体で販売しています。このクレヨハウスの特徴は、すわり読みOKなこと。イラストや文章など絵本の中の雰囲気をしっかり確認したうえで購入の可否を決められるため、「買ってから失敗した!」という残念なことが起こりにくいと評判。遠方からはネット通販を利用でき、また選書の相談も可能なので、気になる人はHPをチェックしてみてくださいね。

クレヨンハウス・東京店 基本データ

所在地:東京都港区北青山3-8-15
TEL:03-3406-6308(アナウンスが流れます)

クレヨンハウスホームページ

絵本の洋書を多く取り扱っている本屋さんてあるの?

絵本の専門店意外でも、大型書店であればたくさんのラインナップを取りそろえています。例えば、全国に店舗を持つ『紀伊国屋書店』や『ジュンク堂』などでも洋書の絵本を購入することが可能です。また、店員さんに問い合わせれば店頭にない場合でも取り寄せてくれることもあります。近隣に洋書の絵本専門店がないというときは、大型書店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの洋書の絵本9選!

洋書の絵本には、かわいらしいイラストのものやCD付き、仕掛け付きのものなど、さまざまな特徴を持つ作品があります。その中でも先輩ママたちの口コミ評価のよいものを厳選してご紹介します。

Where Is Baby's Belly Button? (Karen Katz Lift-the-Flap Books)

Where Is Baby's Belly Button? (Karen Katz Lift-the-Flap Books)Little Simon 参考価格:¥290Amazonで詳しく見る

日本でもおなじみの「いないいないばあ」を題材にした仕掛け絵本です。「お口はどこかな?」、「帽子をめくるとどうなるかな?」と仕掛けをめくりながら楽しく読み進めていくことができるでしょう。仕掛け部分は厚めで丈夫な紙が使用されているため、小さな子どもの手でもめくりやすくなっています。ミニサイズの絵本なので、持ち運び絵本としてもおすすめの一冊です。

口コミ

「仕掛け絵本が大好きな娘に購入しました。簡単な英文で文字も大きく、とても見やすいです。まだ英単語は理解できていませんが、子どもが一生懸命指さししながら読んでくれているので、初めての英語絵本としてもおすすめです」(1歳5ヶ月の女の子のママ)

ボードブック:14ページ出版社:Little Simon; ed版 (2000/9/1)言語:英語

Where's Spot?

Where's Spot?Warne 参考価格:¥1,033Amazonで詳しく見る

お母さん犬のサリーが、息子のスポットを探し回るというストーリー。絵本のなかにはいくつかの仕掛けが施されていて、ドアを開けたり、ベッドの下をめくって探したりすることができます。子どもはいつの間にかスポットを探しながら「いるかな~」の問いかけに「No」と答えられるようになっているかも。イラストや文字も大きく、小さな子どもでも親しみやすい一冊です。

口コミ

「仕掛け絵本で、親子で楽しく読み進めることができます。最初は文章や物語そっちのけで仕掛けに夢中でしたが、今では息子に「Where's spot?」と聞くと、「Here!」や、「No!」というやり取りができるまでに。下の2歳の息子も近ごろこの本に興味を持ちだしたようです。さすが、人気の絵本です!」(6歳と2歳の男の子のママ)
ボードブック:12ページ
出版社::Warne; Brdbk版 (2003/6/30)
言語:英語
対象:乳幼児-就学前児童

英語でもよめる スイミー (レオ=レオニの絵本)

英語でもよめる スイミー (レオ=レオニの絵本)好学社 参考価格:¥1,870Amazonで詳しく見る

小学校の国語の教材としても用いられている『スイミー』の洋書絵本です。英語だけでなく、日本語の表記もされているため、しっかり物語を理解しながら読み進められるのが魅力。2つの言語で読む物語は、また違った新しい表情を見せてくれるでしょう。パパやママも昔懐かしい『スイミー』の世界観に、どっぷり浸かってみてはいかがでしょうか。

口コミ

「日本語と英語の2ヵ国で表記されているのがこちらを選んだ決め手でした。まだ英語は理解できない娘ですが、いろいろな言語が世の中にはあるということ知ってもらいたいなと思っています。絵や色彩も美しく、ボーっと眺めるだけでも癒されますよ」(2歳の女の子のママ)
大型本:32ページ
出版社:好学社

A Teddy Bear (ナレーション・巻末ソングCD付) アプリコットPicture Bookシリーズ 4

A Teddy Bear (ナレーション・巻末ソングCD付) アプリコットPicture Bookシリーズ 4アプリコット出版 参考価格:¥1,419Amazonで詳しく見る

バラバラだったくまのぬいぐるみを直していくというシンプルなストーリーで、簡単な英単語のみで構成されているため、体の名称を覚えるのに役立ちます。また、CDも付属で付いてくるため、視覚だけでなく、耳で英語に慣れ親しむこともできるでしょう。かわいらしいくまの主人公が、子どもの心をグッと掴んでくれる一冊です。

口コミ

「子どもたち2人ともとても気に入っています。付属のCDは、歌も入っていて聞いているだけでもとても楽しく、上の子においては自然と口ずさむまでになりました。すぐ覚えられる単語ばかりなので、初級の英語の勉強におすすめですよ」(4歳の男の子と2歳の女の子のママ)
A4変形判32ページ/オールカラー/巻末ワークページ
CD付(英語・日本語ナレーション、巻末ソングOne Little Finger)
出版社:アプリコット出版

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? (Brown Bear and Friends)

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? (Brown Bear and Friends)Henry Holt Books for Young Readers 参考価格:¥1,007Amazonで詳しく見る

本書は、耳に心地よい言葉のリズムが繰り返されるのが魅力。「くまさん、くまさん、何見ているの?」といったように、このパターンの言葉が繰り返されるため、何度も読んでいくうちに自然と耳に言葉が残るようになっていきます。また、出てくる動物もページごとに変わるため、「次はなにの動物さんが出てくるのかな~?」と親子で楽しみながら読み進めていくこともできるでしょう。

口コミ

「息子の読み聞かせのために購入しました。購入してすぐの頃はあまり興味を持っていない様子でしたが、根気よく繰り返し読んでいくことで、徐々に関心を持ち始めたようです。YouTubeでこちらの歌付きのアニメを見つけたため、見せると英語の歌詞を歌いながら楽しそうに眺めていました。購入してよかったと思える1冊です」(3歳の男の子のママ)
ボードブック:26ページ
出版社: Henry Holt Books for Young Readers; Brdbk版 (1996/9/15)
言語:英語
対象:乳幼児-就学前児童

Peppa Pig: Little Library (英語)

Peppa Pig: Little LibraryLadybird 参考価格:¥744Amazonで詳しく見る

簡単な文章で構成された物語で短めなので、読み聞かせにも子ども1人で読むにもちょうどよいボリューム感。飽きることなく最後まで読み進めることができます。手のひらに乗るほどのコンパクトなサイズでバッグに入れても邪魔にならず、持ち運びにも便利なほか、小さな子どもの手で持って読みやすいのがうれしいところ。また、ハードブックなので、破れたりしにくいのも魅力のポイントです。

口コミ

「初めての英語の絵本にこちらを購入しました。とても簡単なストーリーで、文章量もちょうどいいぐらいなので、ちょっとした出先の待ち時間や読み聞かせにも役立っています。このお値段で6冊セットと、とてもリーズナブル。プレゼントに送っても喜ばれると思います」(3歳男の子のママ)
ボードブック:60ページ
出版社::Ladybird (2009/8/6)
言語:英語

The Very Hungry Caterpillar 英語絵本とmpiオリジナルCD付き

The Very Hungry Caterpillar 英語絵本とmpiオリジナルCD付き 参考価格:¥5,000Amazonで詳しく見る

こちらは日本でもなじみのある『はらぺこ青虫』の洋書版。すでに1度目にしたことのあるキャラクターやイラストなら、子どもも興味を引かれることでしょう。このお話は、月曜日はりんご、火曜日には洋ナシと、青虫さんが食べ物をたくさん食べて最後には蝶になるというストーリー。そのため、繰り返し読むことで、曜日や食べ物の単語を学ぶことができます。また付属のCDで車の移動中に流して耳を慣らすということもできるでしょう。

口コミ

「もともと、はらぺこ青虫の絵本が大好きだった娘。英語でも読めるようになったら素敵だなと思ってプレゼントしました。絵本の中のストーリーはだいたい覚えているようで、CDの音声に合わせていまは読む練習をしています。少しずつ食べ物の単語などは理解できるようになってきていて、子どもの習得力の速さに驚いています」(5歳女の子のママ)
ペーパーバック:28ページ
出版社: mpi (2011/1/1)

Alice's Adventures in Wonderland (New York Times Best Illustrated Books

Alice's Adventures in Wonderland (New York Times Best Illustrated Books (Awards))洋販(日本洋書販売) 参考価格:¥3,227Amazonで詳しく見る

こちらは『不思議の国のアリス』の飛び出す立体的な仕掛けが施された洋書版の絵本です。ページをめくるとそこにはびっくりするような仕掛けがたくさん!どの仕掛けもクオリティが高く大人もうっとりとしてしまうほど。分厚く読み進めるのに時間を要してしまう1冊ですが、「次のページはどうなっているの?」と好奇心をくすぐられること間違いなし。「親子で楽しく英語を楽しみたい!」、「毎日少しずつ読み進めたい」といった人にぴったりです。

口コミ

「初めの1ページ目をめくったときにもうびっくり!あまりの素晴らしい出来にため息すら出るほど。文章は少し長いですが、色彩もカラフルで見ているだけでも楽しむことができます。英語に慣れてきたお子さんにおすすめしたい1冊です」(7歳と3歳の男の子のママ)
ハードカバー: 12ページ
出版社: Little Simon; Pop版 (2003/10/1)
言語: 英語
対象: 4 - 8歳

Frozen Read-Along Storybook and CD

Frozen Read-Along Storybook and CDDisney Press 参考価格:¥803Amazonで詳しく見る

子どもたちに大人気のディズニー映画『アナと雪の女王』の洋書絵本です。観たことのある映画なら、ストーリーをだいたい把握できているため興味を持ちやすいほか、イラストと照らし合わせるとそのページに記載されている文章の意味をイメージしやすいというのがメリット。またCDも付いているのでネイティブな発音を確認できるのも魅力です。

口コミ

「映画の内容がきれいにまとめられていました。イラストも映画そのままでアナが大好きな娘は大興奮。分かりやすい文章でまとめられているので、3歳の娘に読み聞かせながら自身も英語を再勉強しています。ほかのディズニーシリーズもあるようなので、ぜひ追加で購入したいです」(3歳の女の子のママ)
ペーパーバック:32ページ
出版社:Disney Press; Pap/Com版 (2013/10/1)
言語:英語
対象::4 - 8歳

Frog and Toad Are Friends (Caldecott Honor / An I Can Read Picture Book)

Frog and Toad Are Friends (Caldecott Honor / An I Can Read Picture Book) 参考価格:¥135Amazonで詳しく見る

こちらは有名な絵本『ふたりはともだち』の原作です。文章の量は少しアップしますが、センテンスが短く、簡単な単語を多く使用しているため、初級のやさしい洋書絵本から、次へのステップアップを考えている人におすすめ。2匹のカエルが友情をはぐくんでいくといったストーリー内容で、友達を思いやることの大切さをこの本から学ぶことができます。

口コミ

「小学校の教科書にも掲載されているというのを知り、来年小学校に入学する娘に購入。少し難しい文法が使われていることもありますが、英語を呼んだ後に私が日本語訳をしてあげるという方法で夜寝る前に読んでいます。そのため、ストーリーのだいたいの内容は娘も理解しており、娘もこの本が大好きに。いつか娘が1人でこの本を読めるようになるといいなと願っています」(6歳と3歳の女の子のママ)



(文/まんだいみき)

あなたにおすすめ

注目コラム