夏こそ旅育!…の予約をするなら今!ここでしかできない体験と美しい風景を【クラブメッド・北海道 トマム】後編

夏こそ旅育!…の予約をするなら今!ここでしかできない体験と美しい風景を【クラブメッド・北海道 トマム】後編

連載 オールインクルーシブで安心・楽チン 親子旅

ファミリーに大人気のオールインクルーシブリゾート「クラブメッド」。大自然に囲まれた北海道のど真ん中、クラブメッド・北海道 トマムをMilly編集部Kと4歳女子が満喫してきました。
後編は、夏ここでしかできない魅力的な体験と美しい風景をレポートします!


前編はこちら

夏休みの予約スタート!国内プチ留学で子供の成長に出会う旅【クラブメッド・北海道 トマム】前編
夏休みの予約スタート!国内プチ留学で子供の成長に出会う旅【クラブメッド・北海道 トマム】前編
子供と旅行に出かけるなら、そこでしかできない体験をして、貴重な経験と思い出を作ってあげたい!そして欲をいえば、ちょっぴり成長した姿を見てみたい!! そんな願いが叶うキッズやベビー連れに人気の旅行先が、オールインクルーシブのリゾート「クラブメッド」です。 すっかりクラブメッドのファンであるMilly編集部Kと4歳女子がリピート母娘旅! 夏の「クラブメッド・北海道 トマム」の魅力をたっぷりレポートします。 まだ寒さの残る時期ですが、夏の予約はすでにスタート。最高の夏休みを楽しみたいなら、今から計画を立てておくのがお得なのです。
記事を読む

オールインクルーシブでは星野リゾートの施設も利用可能!

クラブメッド・北海道 トマムのオールインクルーシブでは、お隣りの星野リゾート トマムが運営する一部施設も利用することができます。

雲海テラス

4時に早起きして、ゴンドラに乗って向かったのは……。

ゴンドラ山頂駅までは約13分。

標高1,088mにある、星野リゾート トマム運営の「雲海テラス」。「雲の上に行きたい!」と張り切って起きた娘でしたが、この日は残念ながらトマム山は雲の中でした。

夏とはいえ、早朝の山の上。上着をお忘れなく!

素晴らしい雲海が広がった日の「雲海テラス」がこちら。

さまざまな気象条件がそろわないと見られない幻想的な光景。写真提供/星野リゾート トマム

雲の上を歩いているかのような「クラウドウォーク」。写真提供/星野リゾート トマム

「クラウドプール」は、まるで雲に包まれているかのよう!写真提供/星野リゾート トマム

営業期間中は40%の確率で雲海が発生しているそう。雲海が発生していなくても、晴れていればリゾートエリアを一望することもできるので、滞在中に1回は早起きしてチャレンジしてみては?

ミナミナビーチ

国内最大級のインドアウェイブプール「ミナミナビーチ」は、クラブメッド・北海道 トマムのロビー目の前。こちらも星野リゾート トマムの運営です。

波に大はしゃぎ!

子供たちは波打ち際だけでも、きゃあきゃあ言いながら楽しんでいました。

もしも天候に恵まれなかったとしても、館内は30度以上の常夏。元気いっぱいキッズたちをがっかりさせることはありません。水着や浮き輪はレンタル(有料)もあるので、荷物を準備して行かなくても大丈夫。現地で、子供の様子や天気を見ながら利用できるのはうれしいですね!

ライフジャケットやアームヘルパーは、無料でレンタルOK。

波のプールのほかに、小さな子供も楽しめる水深30cmのキッズプールが併設されています。

夏の北海道に来たからには美しい風景を見に行きたい!

ここクラブメッド・北海道 トマムは、北海道の真ん中。どこへでもアクセスが良いという点も魅力のひとつです。リゾート内だけでもたくさんのアクティビティが用意されていますが、せっかくならオプショナルツアー(有料)にも参加して、人気の観光スポットへも足を延ばしてみませんか?

青い池

バスに揺られて1時間半ほどで到着したのは、美瑛町の「青い池」。見る角度や季節、日の当たり方によって、コバルトブルーにもエメラルドグリーンにも表情を変える“青”はとても神秘的。ため息が出るばかりの美しさでした。

青く見えるのは、水にアルミニウムが含まれているからだそう。

ぜひ一度は訪れておきたい観光スポットです。外国人観光客も多く、この日もたくさんの人でにぎわっていました。

一通り見終えたキッズたちはアリさんに夢中(笑)。

ファーム富田

続いてはラベンダー畑が有名な「ファーム富田」へ。

ラベンダーは開花したばかりで満開とはいきませんでしたが、園内には色鮮やかな花々が咲き誇っていました。娘は、広大なお花畑の中を走り回るのが楽しかったようで、母はヘトヘト……。

ラベンダーの見頃は、7月上旬~中旬頃。

ファーム富田の畑は12ヶ所。4月中旬から10月上旬にかけてさまざまな花を楽しむことができます。

シメはラベンダーソフト♡

これらのほかオプショナルツアーには、ラフティング、搾乳体験などがあります。参加は、2階のエスカーションデスクで申し込みを。

「次はいつ?どこで?」リピーターがたえない理由とは

楽しかった旅行もそろそろおしまい。どこまでも手を振っていてくれるG.Oに後ろ髪をひかれつつ、クラブメッド・北海道 トマムを後にしたのでした。

娘も見えなくなるまで手を振って、「次はいつ来ようか?」とニッコリ。

G.Oに聞いた話によると、クラブメッドで仲良くなった子供たちが、次の行き先となるクラブメッドを勝手に約束(笑)。また次のお休みにそこで会う、というファミリーもいらっしゃるのだとか。

私たちも、今回出会ったファミリーとは、たくさんの楽しい時間を共有させていただきました。クラブメッドの魅力は、こうした出会いも含めてのものなのだと実感。次は、仕事で来れなかったパパも一緒に家族旅行で訪れたいと思います!

 

プランや申し込みについての詳しい情報は、以下をご覧ください。
夏のクラブメッド・北海道 トマム

協力/クラブメッド https://www.clubmed.co.jp/
取材・文/木村亜紀子
※情報は掲載時のものです。


この連載について

旅の手配に荷づくり、移動ではまわりに気をつかい、結局つかれて帰ってきた……という話はもはやママあるある。そんなわずらわしさから一切解放されて家族それぞれが楽しめる、リゾートがあるんです! それが、滞在中は食事もアクティビティもキッズプログラムも、お財布いらずで過ごすことができるオールインクルーシブのリゾート「クラブメッド」です。

最新の記事

夏こそ旅育!…の予約をするなら今!ここでしかできない体験と美しい風景を【クラブメッド・北海道 トマム】後編

夏休みの予約スタート!国内プチ留学で子供の成長に出会う旅【クラブメッド・北海道 トマム】前編

子連れで行くスノーバカンス!ゲレンデデビューは最高の環境で【クラブメッド・北海道 サホロ】後編

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム