夏休みの予約スタート!国内プチ留学で子供の成長に出会う旅【クラブメッド・北海道 トマム】前編

夏休みの予約スタート!国内プチ留学で子供の成長に出会う旅【クラブメッド・北海道 トマム】前編

連載 オールインクルーシブで安心・楽チン 親子旅

子供と旅行に出かけるなら、そこでしかできない体験をして、貴重な経験と思い出を作ってあげたい!そして欲をいえば、ちょっぴり成長した姿を見てみたい!! そんな願いが叶うキッズやベビー連れに人気の旅行先が、オールインクルーシブのリゾート「クラブメッド」です。
すっかりクラブメッドのファンであるMilly編集部Kと4歳女子がリピート母娘旅! 夏の「クラブメッド・北海道 トマム」の魅力をたっぷりレポートします。
まだ寒さの残る時期ですが、夏の予約はすでにスタート。最高の夏休みを楽しみたいなら、今から計画を立てておくのがお得なのです。


オールインクルーシブのリゾート「クラブメッド」ってどんなところ?

2018年6月に訪れたのは、北海道のほぼど真ん中にある「クラブメッド・北海道 トマム」。東京・羽田空港から約90分のフライトを経て、新千歳から送迎バスで約90分。移動に丸一日を費やさずに済むアクセスのよさも子連れにはうれしいポイントです。

まずは、「クラブメッド」についてご紹介しておきましょう。
クラブメッドは1950年に誕生した、フランス発祥の一大リゾート。現在、世界の約70ヶ所で展開しており、日本には北海道のトマムとサホロ、石垣島にあります。

リゾート業界初の「オールインクルーシブ」のパイオニアであり、旅行代金には宿泊代のほか、往復の航空運賃や空港~リゾート間の送迎、滞在中の飲食代、各種アクティビティ代などほぼすべてが含まれていることも大きな特長です。
自宅から空港まで行けば、その後の心配をしなくていいのは、本当に助かります。

飛行機の手配などもおまかせ。「クラブメッドに行く!」と決めるだけでOK。

赤ちゃん向けのサービス「ベビーウェルカム」も手厚く、レストランの離乳食をはじめ、ベビーベッドやベビーガード、ベビーバス、おむつ用ゴミ箱なども用意されています。だから、ベビー連れでもスマートな荷物で安心して旅を楽しむことが可能。年齢別のキッズプログラムだって追加料金不要なので、お財布と相談することなく子供に何でもチャレンジさせてあげられます!

夏の名物ともいえる、サーカスアカデミーでの空中ブランコは4歳から体験可能。

世界各国から集まったG.Oは多彩でフレンドリー!

クラブメッド・北海道 トマムへ来たのは、半年振りの2度目。娘は勝手知ったるとばかりに自由行動です。  

なんだか生き生き! まだ到着しただけだけど、来てよかったと思えました。

ヴィヴィッドな色遣いが印象的な内装を手掛けたのは、フランスのインテリアデザイナー ジャン・フィリップ ニュエル氏。日本文化と自然の融合を目指したとだけあって、どこへ行ってもモダンでおしゃれなのに居心地の良い空間です。

満開の桜がゲストを迎えてくれるロビー。

ゲストルームは、スイート、デラックス、クラブの3タイプ。こちらはクラブルーム。

そして、クラブメッドを語るうえで欠かせないのが、G.O(ジーオー/ジェントル・オーガナイザー)と呼ばれるスタッフたちの存在。彼らは通常のホテル業務にとどまらず、アクティビティのインストラクターやキッズクラブの先生、はたまた夜にはショーに出演するエンターティナーとして活躍しています。

会えば声をかけてくれてとってもフレンドリー。

クラブメッド・北海道 トマムでは、世界約30ヶ国のG.Oたちが働いています。外国からのお客様も多く、クラブメッド内ではさまざまな言語が飛び交っているため、海外へバカンスに来たかのよう! 英語がまったく話せない私も最初こそドキドキしていましたが、少しでも困っているとすぐにG.Oがサポートしてくれるので安心して過ごすことができます。もちろん日本人G.Oもいるので、英語が話せなくても大丈夫です。

館内には、タッチパネル式のインフォメーションも。

前回プティクラブでお世話になったG.Oにも再会。再会と娘の成長をともに喜んでくれて、母は感無量でした!

はずかしくてちょっとモジモジ……。

ゲストとの距離が近く、数日滞在しただけなのに覚えていてくれるG.O。ファンになって、異動したリゾートへ遊びに来てくれるお客様もいるという話に納得です。

子供の好奇心とやる気を引き出すキッズクラブ

これだけ多国籍なG.Oとお客様がいるクラブメッド。リゾート内での公用語は英語です。

実は、今回の旅行が決まってから、娘は通信教育で英語を始めました。以前、クラブメッドに滞在したときに「英語でお話しできるようになりたい」と言われていたものの、一時的なものかなと放置していたダメ母の私。また行くことを伝えると、「英語練習する!」と自らDVDでコツコツ勉強していたのです。  

キッズクラブには世界のお友だちが!

普段、英語など使う機会のないわが家。ただ普通に英語を始めていたら、長続きはしなかったと思います。ですが、実際にクラブメッドの中で外国人のG.Oやお友だちと出会い、もっとコミュニケーションを取りたいと感じたことは、娘にいい刺激となったようです。

キッズクラブが充実しているクラブメッド。4歳から10歳が追加料金不要で参加できる「ミニクラブ」と、2・3歳の「プティクラブ」(別途料金)があります。  

専任のG.Oがしっかりとケアして、一緒に遊んでくれるため、今回も娘は楽しみにしていました。せっかくの母娘旅、ふたりの時間をたっぷり作ろうと思っていたら、「早くミニクラブに行きたい」と言われて拍子抜け(苦笑)。

思いがけぬ自由時間。母はメインバーUNKAIでのんびりさせてもらいました。

夜はG.Oショーが行われるシアター。
小腹を満たしてくれる軽食やフルーツ。
奥のライブラリー。のんびり読書をしたり外を眺めたり。

ここは、シアターと一体となったリラックス空間。朝からオープンしていて、軽食も用意されているし、コーヒーカップが空になるとG.Oがおかわりを持ってきてくれます。あ~、居心地がよすぎる。

レストランでは北海道&世界の料理を好きなだけ

メインレストランITARAは、北海道ならではの食材はもちろん、フレンチ、イタリアン、中華、インド、和食など気分に合わせて好きなものを好きなだけ選べるビュッフェスタイル。朝・昼・夜と趣向の凝らされた料理が並び、目の前で作ってくれるライブキッチンなので、食が細い子でも必ず食べられるものがあり、離乳食もそろっています。

北海道の新鮮な食材は大人気!

「ライブクッキングステーション」では、現地の食材に精通したシェフとの会話も楽しめます。気さくに話しかけてくれるので、娘は食材について質問したり、これまで興味を示さなかったような料理にもチャレンジするきっかけとなっていました。

毎回たくさんのパンが並んでいました。

「ベビーコーナー」には、レトルト離乳食のほか、電子レンジやミキサーなどが用意されています。

食事中にはテーブルマジックの演出も! 次々繰り出されるマジックに、子供も大人も釘付け。目の前でマジックが行われるなんて、娘も私も初めての体験でした。

自分の手の中でボールが増えてビックリ!!

クラブメッドで出会ったファミリーとは、子供の年齢が近かったこともあり意気投合。ディナーからご一緒させていただき、子どもたちもすぐに仲良しになっていました。

ゲストもG.Oも一緒になって盛り上がるクラブメッドの夜

ディナーのあとは、みんなでバーへと移動。バーでは、毎晩日替わりでハイクオリティなG.Oショーが開催され、G.Oもゲストも一体となって盛り上がるのがクラブメッド流。

ドレスコードの”お揃い”を着た子供たちは、ますます仲良しに! このドレスコードは毎晩設定されていて、バッチリコーディネートしている方もいれば、ポイントだけ取り入れている方も。強制ではありませんが、一体感が増すのでおすすめです。  

この日は「ラコステナイト」。クラブメッドと同じフランス発のブランドです。

子供たちが仲良くなってくれたおかげで、母たちは毎晩お酒をたしなみながらゆっくり会話を楽しむことができました。子育ての悩みや仕事のこと、ここで初めてお会いしたとは思えないプライベートな女子トークまで(笑)。

母たちはお酒で、子供はかき氷で乾杯☆

G.Oショーを堪能し、おしゃべりに興じていると、舞台上からダンスのお誘いが。クラブメッド大好きキッズな娘は、「ちょっと踊ってくる!」とひとりでステージへ直行。みんなで踊るクラブメッドの名物的ダンス“クレイジーサイン”をノリノリで踊って大満足な様子でした。  

簡単な振りなので誰でもすぐに踊れます♪
最前列で外国のお友だちと。

飲んで話して、踊って遊んで、クラブメッドの夜は更けていくのでした。気がすむまで盛り上がり、眠くなったらすぐにベッドにもぐり込めるって幸せ!

 
まだまだ続く、夏のクラブメッド・北海道 トマム母娘旅。後編は、この時期この場所で子どもに見せてあげたい体験させてあげたい“マスト トライ エクスペリエンス”の数々をご紹介します!
後編へ続きます)

プランや申し込みについての詳しい情報は、以下をご覧ください。
夏のクラブメッド・北海道 トマム

協力/クラブメッド https://www.clubmed.co.jp/
取材・文/木村亜紀子
※情報は掲載時のものです。


この連載について

旅の手配に荷づくり、移動ではまわりに気をつかい、結局つかれて帰ってきた……という話はもはやママあるある。そんなわずらわしさから一切解放されて家族それぞれが楽しめる、リゾートがあるんです! それが、滞在中は食事もアクティビティもキッズプログラムも、お財布いらずで過ごすことができるオールインクルーシブのリゾート「クラブメッド」です。

最新の記事

夏こそ旅育!…の予約をするなら今!ここでしかできない体験と美しい風景を【クラブメッド・北海道 トマム】後編

夏休みの予約スタート!国内プチ留学で子供の成長に出会う旅【クラブメッド・北海道 トマム】前編

子連れで行くスノーバカンス!ゲレンデデビューは最高の環境で【クラブメッド・北海道 サホロ】後編

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム