ヘルパンギーナは夏風邪の一種 !安静期間は?保育園はいつから?【小児科医監修】

 専門家監修
公開日:2018/12/25
更新日:2019/03/22
ヘルパンギーナは夏風邪の一種 !安静期間は?保育園はいつから?【小児科医監修】
監修
渡辺とよ子先生
わたなべ医院 院長

この記事は、夏風邪の一種であるヘルパンギーナについてまとめたものです。ヘルパンギーナは、突然の発熱とのどの痛みから始まるウイルスが原因の咽頭炎。予防接種はなく治療は対処療法のみです。のどの奥にできた水疱がつぶれると痛くて不機嫌になり、唾液を飲み込むこともできなくなります。辛い時期は2~3日。その間は家で安静にしておきましょう。症状がおさまり、元気になれば保育園に登園できます。

ヘルパンギーナとはどんな病気?

ヘルパンギーナとは、主にエンテロウイルス属のコクサッキーA群が原因で、突然の発熱と口腔内に水疱性の発疹があらわれる急性のウイルス性咽頭炎です。コクサッキーB群やエコーウイルスで発症することもあるため、異なる型のウイルスで何度もかかることがあります。1~2歳からかかり始め、患者は5歳以下が全体の90%以上を占めています。

ヘルパンギーナの症状

*38~39度の高熱が出る

*のどが痛く、飲んだり食べたりするのをいやがる

*口やのどの奥にブツブツがある

ヘルパンギーナにかかると、38~39度の高熱が出るとともに、のどの奥が奥がはれて痛みを伴う水疱が十数個あらわれます。水疱は直径2㎜程度から、大きいものだと5㎜ほど。水疱がつぶれて潰瘍になると唾液を飲み込むのも辛く、不機嫌になったり、食欲がなくなったりします。また、あまり食べられないことが原因で脱水症状が起こることがあります。よだれがたくさん出る、吐く、といった症状が出ることも。口の奥のほうに水疱ができること、突然高熱が出ることが、手足口病とは異なる点です。

熱が上がり始めるときは、熱性けいれんを伴うことがあります。まれに無菌性髄膜炎や急性心筋炎などの合併症を起こすことも。頭を痛がったり、嘔吐したり、見るからに様子がおかしい場合は、すぐに受診しましょう。

のどの奥、左右に赤くなっている発疹が特徴的。

ヘルパンギーナに感染する時期

ヘルパンギーナの原因ウイルスであるエンテロウイルスは、気温が15度以上になると活発になります。ヘルパンギーナが毎年5月ごろから流行し始め、7月にピークを迎えるのも、エンテロウイルスが日本の高温多湿の環境に適しているから。夏場に流行することから、手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)とともに3大夏風邪と呼ばれます。

ヘルパンギーナに最もかかりやすいのは1~2歳ですが、年齢が低いほど症状が重くなります。夏は暑さで体力が落ちてウイルスに感染しやすくなるため、特に予防やケアには気を配りたいものです。

ヘルパンギーナの潜伏時期

ヘルパンギーナの潜伏期間は2~4日。感染力は強く、くしゃみや咳などの飛沫感染のほか、おむつ交換で便に触れることなどでも感染します。また感染しても全く症状があらわれず、知らない間に免疫ができてしまう不顕性感染でもあります。潜伏期間を経過すると、突然の発熱に続き、のどの痛みや水疱が出現します。

ヘルパンギーナの安静期間 感染したらどれぐらい休むべき?

ヘルパンギーナはウイルス性の感染症なので、特別な治療方法はなく、治療は症状を楽にする対症療法になります。発熱や頭痛に対してはアセトアミノフェンなどの解熱剤が処方されることもあり、脱水症状の治療が行われることもあります。

発熱やのどの痛みで辛い時期は2~3日。熱は2~4日で自然に下がります。その後、発疹もだんだんとおさまっていきます。辛い時期は家で安静にしているのがいちばんですが、熱が下がり食事がとれるようになれば、外出してもかまいません。

脱水症状にならないように水分補給を

のどが痛くて、水分をとることすらいやがりますが、脱水症状を防ぐためにも、つるんとしたゼリーやプリン、ヨーグルト、ひんやりとした野菜スープや豆腐など、飲み込みやすいもので水分を補いましょう。

また夏場は暑さで体力を消耗するので、適度にクーラーを使い、快適な室温をキープすることも大切です。ただし外気との差は5度以内を目安にし、あまり冷えすぎないように注意しましょう。クーラーの風が赤ちゃんに直接当たらない場所に寝かせます。

体温が37.4度以下で安定し、食欲があって元気なら、お風呂に入ってもかまいません。ただし、さっと体を洗ってすぐにあがること。体に負担のかかる長湯は禁物です。

感染しても保育園に登園できる?

ウイルスが最も排泄されるのは、発熱やのどの痛みがピークに達したとき。発症して2~3日目あたりでしょう。感染力もこのときがいちばん強力です。ただし、回復してからも2~4週間の長期にわたって便からウイルスが排泄されるため、かかった子どもを数日隔離しても、集団内の流行を防げるものではありません。ですから登園については、本人が元気になったらOKと考えてよいでしょう。あくまでも子どもの体の状態で判断するということです。保育園ではやっているなら、保育園の決まりに従いましょう。

ヘルパンギーナに特別な予防法はありませんが、かかった子と密接な接触は避ける、流行時にはうがいや手指の消毒をする、おむつ交換など便を扱ったあとは必ず手洗いをする、といったことは感染予防につながります。

赤ちゃんや子供が夏によくかかる感染症「ヘルパンギーナ」の症状とおうちケア
赤ちゃんや子供が夏によくかかる感染症「ヘルパンギーナ」の症状とおうちケア
のどの痛みが強く、思うようにおっぱいが飲めない、離乳食が食べられないなどの症状が見られるヘルパンギーナ。夏に流行する感染症として病名を聞いたことはあるけれど、具体的な症状はわからない、というママも多いはずです。ここではヘルパンギーナについて、その原因や治療法などを詳しく紹介していきます。
記事を読む

出典 :はじめてママ&パパの 0~6才 病気とホームケア※情報は掲載時のものです

監修
渡辺とよ子先生
わたなべ医院 院長
札幌医科大学医学部卒業。都立築地産院新生児科部長、都立墨東病院新生児科部長、同病院副院長をへて、2014年に医療法人社団わたなべ医院に赴任。2016年よりわたなべ医院本院院長。日本麻酔科学会専門医、日本周産期新生児学会功労会員、日本新生児生育医学会功労会員、日本周産期新生児医学会周産期新生児専門医元指導医。多くの乳幼児をみてきた経験による、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。


医療法人社団わたなべ医院

あなたにおすすめ

注目コラム