【MAMA’S TRIP in クラブメッド・バリ 第3回】赤ちゃんもママも楽しい!ちぴちゃん’親子がキッズプログラムを体験

PR
公開日:2018/07/30
【MAMA’S TRIP in クラブメッド・バリ 第3回】赤ちゃんもママも楽しい!ちぴちゃん’親子がキッズプログラムを体験

直行便で行ける海外リゾートとして人気のインドネシア・バリで、ファミリーに選ばれているのが「クラブメッド・バリ」。ちぴちゃんこと近藤千尋さんと1才の娘さんが極楽リゾートを訪れた様子をレポートします。今回はクラブメッドならではの充実したキッズプログラムを体験!

キッズプログラムでは、年齢別で子どもをケアしてくれる

この日の朝食を終えてちぴちゃんと娘さんが向かったのは、キッズプログラムのエリア。クラブメッドでは、G.Oが子どもを預かってケアしてくれるうれしいサービスがあるんです。預かり対象の年齢はリゾートによって異なりますが、ここクラブメッド・バリではなんと生後4カ月からOK! 「ベビークラブ」というサービスで、ベビーケア専門のG.Oが生後4カ月から2才未満の赤ちゃんを預かり、いっしょに遊んだり離乳食を食べさせたりとお世話してくれます。

1才になる娘さんも、ベビークラブをちょっぴりお試し体験。楽しい仕掛けがいっぱいのかわいいお部屋は、赤ちゃんがのびのび過ごせそうです! 庭には滑り台などの遊具や水遊びエリアも。赤ちゃんの生活リズムに合わせて、おそと遊びしたりお部屋で過ごしたり……。お世話してくれるのは赤ちゃん慣れした専門G.Oだから、ママも安心してお願いできそうです。ベビークラブの利用には追加料金が必要。さらに母子健康手帳の提出が必要となるため、利用したいママは忘れずに持参して。

2才からのプティクラブ、4才からのミニクラブも楽しそう!

クラブメッドのキッズプログラムは年齢別に分かれていて、2〜3才には「プティクラブ」(要追加料金)が用意されています。しっかり歩ける年齢なのでビーチまでお散歩したり、簡単なスポーツやゲームをしたり。さまざまな国から来ている他の子どもたちといっしょに遊ぶのはいい経験になりそう! 1日預ける場合は、ランチタイムもG.Oやほかの子どもたちといっしょです。

4才からは「ミニクラブ」というキッズプログラムがあり、こちらは追加料金なしで参加することができます。みんなでダンスを練習して夜のショーに出演したり、空中ブランコのレッスンに参加したりと楽しいプログラムがたくさん。一度参加すると「明日もここに来たい!」というお子さんも多いのだとか。

ベビーを少しの間預けて、大人専用プールでリラックス

娘さんがベビークラブで過ごしている間、ちぴちゃんは束の間のリラックスタイム。まずは大人専用のZENプールを訪れてみました。

子どもと過ごすのはもちろん楽しいけれど、たまにはこうして大人だけの静かな時間を作ることも大切。めまぐるしく過ぎていく日常からほんの少し解放されて、「なにもしない贅沢」を思いきり満喫するちぴちゃんでした。

いつもがんばるママへのご褒美、SPAタイム!

リゾート内にはマンダラ・スパがあり、追加料金でファイシャルやボディトリートメントを受けることができます。日本にいるとなかなか行く時間がとれない、というママも多いはず。のんびり過ごせるリゾートだからこそ、子どもはパパやキッズプログラムにお願いして、スパで疲れを癒してみるのもおすすめですよ!

ドレスアップして、アラカルトを楽しむレストランへ

クラブメッド・バリにはメインレストラン「Agung」のほかに、「DECK」というアラカルトレストランがあります。こちらはビュッフェではなく、ウェイターサービスがあり好みのメニューをオーダーするシステム。ちょっぴりおめかしして、リッチな気分を味わいたいときにぴったりのレストランです。DECKの料理や飲み物はもちろん旅行代金に含まれているので安心して。

赤ちゃんがいると、おしゃれなレストランは敷居が高くてなかなか行きづらいですが、クラブメッドなら大丈夫。DECKは落ち着いた雰囲気なのにベビーウェルカムで、チェアなどもきちんと用意されています。こうした素敵ディナーも、リゾートだからこそ楽しめることのひとつかもしれません。

【ちぴ’s ファッションPOINT】

DECKでのディナーのために用意したのは、薄いパープルのロングドレス。「レストランの雰囲気に合わせて大人っぽく上品に決めてみたよ。エムドゥのもの。きちんと見えつつ、ロングワンピなら子どもがいても動きやすい! フォーマルなシーンにもおすすめです」

楽しかったバリの旅もいよいよ終わりに近づいています。次回は旅を振り返りつつ、ちぴちゃんに子連れ旅の感想をインタビュー!

撮影/高橋真人 ヘア&メイク/山口伊津美 文/佐藤望美

あなたにおすすめ

注目コラム