電子レンジで簡単&時短! 見栄えバツグン! 食欲をそそる夏野菜と豚肉のミルフィーユ&アボカドとパクチーの冷静スープ【ゆうこさん家のおもてなしレシピ】

電子レンジで簡単&時短! 見栄えバツグン! 食欲をそそる夏野菜と豚肉のミルフィーユ&アボカドとパクチーの冷静スープ【ゆうこさん家のおもてなしレシピ】

連載 ゆうこさん家のおもてなしレシピ

梅雨が明けたと同時に、酷暑続きの毎日。ごはんを作るのもひと苦労ですよね。なるべく簡単&短時間で、火を使わずに料理したい! そんなママたちにおすすめのメニューをご紹介します。電子レンジとミキサーを使っての調理なので、手間も少なくラクラク。夏休み中のキッズと一緒に作っても楽しいレシピです。※このレシピは離乳食期の月齢の赤ちゃんには与えないでください。また、離乳完了後も咀嚼の発達などに合わせて判断してください。


夏野菜と豚肉のミルフィーユ

◆材料(4人分)◆
豚バラ肉(薄切り)……200~300g
なす……1本
ズッキーニ……1本
ミニトマト……5~6個
塩・こしょう……各少々
★めんつゆ(ストレートタイプ)……大さじ4
★砂糖……大さじ2
★酢……大さじ2
★鶏がらスープの素(顆粒)……小さじ1
★ごま油……大さじ1
★しょうが(すりおろし)……1片分
(トッピングとして好みで)大葉・すだち・大根おろし……各適量

◆作り方◆
1 なすとズッキーニは7mm幅の輪切りにし、なすは水にさらす。ミニトマトは5mm幅の輪切りに、豚肉は軽く塩・こしょうをふっておく。

2 ★印の調味料をすべて混ぜ合わせてタレを作る。

3 耐熱皿にズッキーニを並べ、その上に豚肉を野菜の大きさに合わせて切りながら並べる。

4 さらに水気をふいたなすを並べ、その上に豚肉を切りながら並べる。

5 4の上にミニトマトを並べ、2のタレを回しかけてラップをする。

6 600Wの電子レンジで5分加熱したらラップをしたまま10分蒸らし、トッピングをして完成。

アボカドとパクチーの冷製スープ

◆材料(4人分)◆
アボカド……2個
パクチー……1束
レモン……1個
湯……2カップ
鶏がらスープ(顆粒)……小さじ2
塩……少々
クミン(好みで)……小さじ1/2~1
ブラックペッパー(好みで)……少々

◆作り方◆
1 アボカドは皮をむいて種をとり、適当な大きさに切る。パクチーはトッピング用に少し残し、ざく切りにする。レモンはトッピング用に少し残して絞る。
2 湯に鶏がらスープを溶かす。
3 ミキサーに1のアボカド、パクチー、レモンの絞り汁、2、クミンを入れて、なめらかになるまで撹拌する。

4 鍋や大きな器などに移し、塩で味をととのえてからしっかりラップをして、冷蔵庫で1時間ほど冷やす。
5 器に盛りつけ、好みでブラックペッパーをふり、トッピングをして完成。

◆調理のポイント◆
夏野菜と豚肉のミルフィーユは、甘酸っぱいタレ&生姜の風味で食欲UP! 冷蔵庫で冷やしてもおいしくいただけます。
アボカドの冷製スープは、パクチー&クミンでアクセントをつけ、暑い日でも食べやすく。アボカドは、空気にふれると変色しやすくなるので、冷蔵庫で冷やすときはなるべく表面にピタッとラップをするのがポイントです(変色をなるべく防ぐため、冷やすときにアボカドの種を一緒に入れておいても)。

アボカドとパクチーの冷静スープは、カレーのサイドメニューとしてもマッチ。夏らしくオリエンタルな雰囲気にしたいときにもおすすめです。

◆華やぎポイント◆

ブルー系のお皿やガラスのボウルを使うと清涼感が出て、今の季節にピッタリ。すだちやレモンなどの柑橘類をトッピングに使うと、さっぱりとして食べやすくなるうえに、彩りが豊かになりオシャレに仕上がります。

レシピ考案&アレンジ:Millyメンバー Yukoさん 4才の男の子のママ。旬の素材を使った栄養豊富、華やかなメニューを数多く考案。料理の盛りつけ、テーブルコーディネートの美しさにも定評アリ。
Yukoさんインスタグラム@bisco1013

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム