妊娠中におすすめの本ってどんなの?妊婦さん向け人気の本15冊を紹介

コラム
公開日:2018/07/26
妊娠中におすすめの本ってどんなの?妊婦さん向け人気の本15冊を紹介

初めての妊娠はわからないことだらけで、不安も大きくなってしまいがちです。そんなときは、妊婦さん向けの本を手にとってみませんか?マタニティ期の疑問や不安を解決してくれたり、前向きな気持ちにさせてくれたりと、きっと妊婦さんの心強い味方になってくれることでしょう。本記事では、妊婦さん向けの本について詳しく解説していきます。この記事がきっかけで、あなたも素敵な1冊に巡り合えますように。

先輩ママは妊婦の時どんな本を読んでいたか知りたい!

先輩ママは妊婦さんのとき、いったいどのような本を読んでいたのでしょうか。ここでは、先輩ママが読んでいた本やおすすめの本をご紹介します。

雑誌を読んでいました

「とにかく旬の情報やトレンドが知りたかったので、妊婦さん向けの雑誌を定期的に購読していました。色々な体験談もたくさん載っていたし、ファッションや美容のことも載っていたのですごく楽しく読めました。妊娠中はくじ運がいい、って聞いたから雑誌の読者プレゼントに応募したりしていたのも楽しい思い出です(笑)。生の声が盛りだくさんだったので、明るい妊娠生活を満喫できたな、って思います」(2歳の女の子のママ)

妊娠大百科を購入しました

「はじめての妊娠だったので、右も左もわからなくて、とりあえず『これ1冊で安心』と帯に書かれていた妊娠に関するハウツー本を購入しました。項目ごとに分かれていたので、『こんなときはどうしたらいいんだろう』と言うときはインデックスで該当ページを探せたので便利でした。いろんな本が出ていたので買おうかどうか迷ったんですが、結局この1冊でこと足りましたね」(1歳の男の子のママ)

レシピ本を買いました

「妊娠が発覚してから、とにかくおなかの赤ちゃんの栄養になるものを食べたい!と思っていました。妊婦向けのレシピ本は、なぜこの栄養素が必要なのか、なぜこの食材は食べたらだめなのか、と言うことがきちんと解説されていたのでよかったです。レシピがすべて美味しいものばかりだったのも嬉しかったです。主人に『妊娠してから料理の腕があがったね』なんて言われたんですが、ぜんぶレシピ本のおかげなんですよね(笑)」(3歳の男の子のママ)

ちいさなあなたへ

「妊娠中に平積みしていた『ちいさなあなたへ』を手にとって立ち読み。ページが止まらなくなり、ポロポロと涙をこぼしてしまいました。迷わず購入。何度何度も読み返しました。読むたびに温かい気持ちになり、母になることへの覚悟ができたような気がします。今はまだ娘は小さいのですが、もう少し大きくなったら読み聞かせてあげたい。そしていつか結婚するときに、この本も一緒に持たせてあげたいな、なんて夢が膨らんでいます」(生後3ヶ月の女の子のママ)

妊婦さん向けの本の種類は?

妊婦さん向けの本、とひとくちに言ってもその種類はさまざまです。そこでここでは、代表的な種類をいくつかご紹介していきます。

ハウツー本

妊婦さん向けの本、と聞くと即座にハウツー本を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。その名の通り、マタニティ期の過ごし方や、出産準備グッズの紹介、身体に起こる変化など、妊娠出産について1冊にわかりやすくまとめられている本です。妊娠、出産に関することをすべて網羅した本もあれば、お金にまつわることや帝王切開について、双子の妊娠についてなど、あるひとつのトピックスをくわしく解説しているハウツー本もあります。いずれにせよ、初めての妊娠の際には、1冊持っておくと安心できるでしょう。著者も、助産師さんが監修しているものや産婦人科医が監修しているもの、プレママ雑誌が編集したものなどさまざま。一番わかりやすいな、と思ったものを買うようにするといいかもしれませんね。

メンタルケア

妊娠すると、さまざまな身体の変化とともに、心にも大きな変化が訪れることがあります。些細なことで不安になったり落ち込んだり、イライラしたり……。そんな心の変化にとまどったときは、メンタルをケアしてくれるような内容の本を選ぶといいかもしれませんね。なぜ、心に不調が起きるのかを解説してくれたり、気分転換の方法や落ち込んだ時の心のケアの方法を詳しく解説してくれたりしています。また、同じような気持ちになった先輩ママの体験談を読むことで、「こんな気持ちになるのは自分だけじゃないんだ」と前向きになれる場合もあります。ひとりで悩んでしまう前に、解決策を導いてくれる本を読んでみるのはいかがでしょうか。

レシピ本

妊娠中は食生活に気をつけることもとても大切。妊婦さん向けのレシピ本もたくさんあります。お腹の赤ちゃんのために積極的に摂取したい食材や、なるべく控えておきたい食材が詳しく解説されていたり、栄養バランスを考えた献立例が載っていたりと大活躍すること間違いなし。また、つわりがひどいプレママ向けのレシピが載っている本もあるので、1冊手元に置いておくと心強いでしょう。

絵本

お腹の中の赤ちゃんの気持ちを代弁した絵本や、母親なら誰もが共感できるような喜びや不安を綴った絵本…。妊娠中の女性に読んでほしい絵本もたくさんあります。出産して読み返すと、また違った感動を与えてくれるのが特徴。子どもが成長したら読み聞かせてあげるのも楽しいものです。きっと、大切な何かを教えてくれることでしょう。

妊婦さん向けの本の選び方は?

せっかくなら、役に立つ1冊をえらびたい!そんなあなたのために、ここでは妊婦さん向けの本の選び方のポイントをいくつかご紹介しましょう。

雑誌にするか単行本にするか

雑誌タイプの本なら、旬の話題がたくさん載っています。「今」の流行りや傾向を知りたい、他の妊婦さんはどのように生活しているのかを知りたい、という人は、雑誌タイプを選ぶとよいでしょう。単行本タイプなら、専門家の監修の元、内容の濃い専門的な事柄が詳しく解説されています。繰り返し何度も読みたい、という人には単行本タイプがオススメです。

知りたいことが載っているか

自分が一番知りたいこと、疑問や不安に思っていることが解消されるような内容かどうかで選ぶことも大切です。妊婦さん向けの本で大切なのは、共感できるか、そして正しい情報がたくさん載っているか。自分のニーズにあった内容の本を選ぶようにしましょう。

専門家の監修かどうか

妊娠中の体に関わるような情報を知りたい場合は、専門家が監修をしているかどうかも重要なポイントです。医学的な内容であれば医師や助産師、レシピであれば管理栄養士などが記事監修をしていることが信頼性の基準になります。もちろん、絵本やエッセイ等については、その限りではありません。

読みやすいかどうか

せっかくためになることが書いてあっても、読むのが苦痛だったり、わかりにくくて頭に入らないような本を選んでしまうと台無しです。すんなりと頭に入ってくるか、読みやすいか、ということもチェックしておきましょう。最近ではイラストがたくさん入っているもの、エッセイ形式のもの、漫画など、さまざまなジャンルの妊婦さん向けの本が出ています。自分の好みにあった1冊を見つけるようにしましょうね。

妊婦さん向けのおすすめの本15選

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!永岡書店 参考価格:¥5,428Amazonで詳しく見る

アメリカで、なんと100万部を突破したという「The Pregnancy Journal」の日本語版が登場しました。妊娠した日から出産日に至るまで、母体の変化や胎児の成長、アドバイス等を完全に網羅したハウツー本です。月単位、週単位で解説してくれる本はたくさんあるけれど、日単位で解説してくれる本はとっても貴重。安心してその日を迎えられる、心強い一冊です。
A.Christine Harris (著), 竹内 正人 (著)
単行本: 208ページ
出版社: 永岡書店

マンガで読む 妊娠・出産の予習BOOK

マンガで読む 妊娠・出産の予習BOOK大和書房 参考価格:¥4,769Amazonで詳しく見る

妊娠発覚から子どもが1歳になるまでに必要なことすべてがこの1冊にまとめられています。病院選びや書類関係からお金の話まで。出産してからのおすすめ育児グッズも掲載されているのが嬉しいですね。漫画でわかりやすく解説されているので、すらすら楽しく読みながら、知識が身についちゃいますよ。
フクチ・マミ (著)
単行本(ソフトカバー): 208ページ
出版社: 大和書房

妊娠中の食事

妊娠中の食事主婦の友社 参考価格:¥4,450Amazonで詳しく見る

妊娠中に食べて良い食材と、避けたい食材がひと目でわかる嬉しいレシピ本。切り取って使える食材シートも付いています。食生活を見直すことで、妊娠中のママと赤ちゃんが健やかに安心して過ごすことができます。おいしくて身体に良いレシピで、妊娠中から食育に取り組んでみませんか。
細川 モモ (監修), 宇野 薫 (監修)
単行本(ソフトカバー): 176ページ
出版社: 主婦の友社

嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本

嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 (講談社+α新書)講談社 参考価格:¥4,020Amazonで詳しく見る

さりげな~くテーブルの上に置いておきたい1冊!ドラマにもなって大ヒットした漫画「コウノドリ」のモデルになった現役産婦人科医が語り下ろした、夫のためのマタニティ本。奥さんのことをいたわってあげたい気持ちはあるけれど、何をしていいのかわからないという夫のために、優しく、そして時には厳しくユーモアたっぷりの関西弁で解説してくれています。
荻田 和秀 (著)
新書: 176ページ
出版社: 講談社

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)Shufunotomosha/Tsai Fong Books 参考価格:¥1,080Amazonで詳しく見る

母親であることの喜びや苦しみ、そして幸せ……。シンプルな言葉で綴られた文章が、世のママたちを号泣させた感動的な絵本。これから母親になる人はもちろん、子育て真っ最中のひと、子育てを終えた人など、読み手によって色々な感動をもたらしてくれるこの本。宝物に出会えたような気持ちになれますよ。
アリスン・マギー (著), ピーター・レイノルズ (イラスト), なかがわ ちひろ (翻訳)
ハードカバー: 40ページ
出版社: 主婦の友社

子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが

子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんがKADOKAWA 参考価格:¥500Amazonで詳しく見る

妊娠中に起こっている身体の中の変化をブログに書いて、ネット上で話題沸騰となった「子宮の中の人たち」。ついに、待望の書籍化されました。初めての妊娠で次々と訪れる壁。子宮の外の人、仲の人が繰り広げる、笑えて泣けるハートウォーミングな1冊です。きっと「うんうん」と共感しながら読めるはず!
EMI (著)
単行本: 243ページ
出版社: KADOKAWA/エンターブレイン

妊娠・出産・育児で「かかる」「もらえる」お金がよくわかる本

妊娠・出産・育児で「かかる」「もらえる」お金がよくわかる本 ― 新米ママ&パパのマネーの不安を解消!! (主婦の友生活シリーズ)主婦の友社 参考価格:¥4,170Amazonで詳しく見る

とってもリアルで切実な、妊娠・出産に関するお金の話。出産でかかる費用、もらえる費用はどれくらい?学資保険の選び方は?新米ママにとっても心強いお金に関するあれこれを集約した1冊。聞きたくても聞けなかったことがわかりやすく解説されているので、この1冊で百人力!
畠中 雅子 (著)
ムック: 84ページ
出版社: 主婦の友社

ママのための帝王切開の本

ママのための帝王切開の本―産前・産後のすべてがわかる安心ガイド中央法規出版 参考価格:¥3,420Amazonで詳しく見る

帝王切開が決まったママが、不安なくその日を迎えられるように、さまざまな質問にわかりやすく答えてくれている本です。入院から退院までのスケジュールや産褥体操、バースプランの例まで知りたかったことすべてが掲載されています。この本を読めば「きっと大丈夫」と安心できますよ。
竹内 正人 (著), 横手 直美 (著), 細田 恭子 (著)
単行本: 273ページ
出版社: 中央法規出版

妊娠がわかったらすぐ読む本 First Pre-mo

妊娠がわかったらすぐ読む本 First Pre-mo 2018年春夏 (主婦の友生活シリーズ)主婦の友社 参考価格:¥1Amazonで詳しく見る

はじめての妊娠から、安定期に入るまでを徹底的にサポートしてくれる1冊です。出産を迎えるまでの基本的な情報から妊娠判明時の不安な気持ち、ビューティー面にいたるまでをきっちりとカバー。赤ちゃんを迎えるその日のために、今から準備しておきたいこともわかりやすく解説。不安を解消してくれる、読み応えたっぷりの1冊です。
主婦の友社 (編集)
ムック: 156ページ
出版社: 主婦の友社

高島彩 彩日記-Birth-

高島彩 彩日記-Birth-KADOKAWA/角川マガジンズ 参考価格:¥1Amazonで詳しく見る

2014年2月に第一子を出産したフリーアナウンサー、高島彩さんの出産エッセイです。妊活から待望の妊娠、そして出産にいたるまでの日記をベースに書かれたリアリティ溢れる1冊。また、マタニティ期のファッションやお役立ちグッズなど、嬉しい情報も盛りだくさん詰め込まれています。
高島彩 (著)
単行本: 127ページ
出版社: KADOKAWA/角川マガジンズ

現役助産師が教える トコちゃんヨガ体操

現役助産師が教える トコちゃんヨガ体操株式会社 日貿出版社 参考価格:¥4,901Amazonで詳しく見る

現役助産師が、マタニティ期のママたちに教えてくれる知識と言葉。長年マタニティーヨガについて学んできた著者がヨガと操体法をミックスして開発した、妊婦さんのためのヨガ「トコちゃんヨガ体操」。頑張らず、力まず、ママと赤ちゃんが楽しむことができる、そんなお産を目指しています。自分らしいお産をしたい、という人にぴったりの1冊です。
吉川元子 (著), 渡部信子 (監修), 山本重也 (イラスト)
単行本(ソフトカバー): 192ページ
出版社: 株式会社 日貿出版社

妊婦は太っちゃいけないの?

妊婦は太っちゃいけないの?新潮社 参考価格:¥4,100Amazonで詳しく見る

つわりや体重増加、お腹の張りや不眠など、妊娠中に起こるさまざまな出来事を東洋医学の見地から解説すると言う、めずらしい1冊です。妊娠中に起こるさまざまな心身のトラブルの対処法ではなく、「なぜ起こるのか」と言う原因にスポットをあてているので、ひとりひとりの状態にあった解決策を導き出して、メンタルケアをしてくれます。
高島 系子 (著)
単行本: 219ページ
出版社: 新潮社

はじめてママ&パパの妊娠・出産 (実用No.1シリーズ)

はじめてママ&パパの妊娠・出産 (実用No.1シリーズ)主婦の友社 参考価格:¥172Amazonで詳しく見る

マタニティ雑誌「Pre-mo」編集部が培った40年以上にわたる妊娠、出産育児のノウハウがぎっしりと詰まった大満足の1冊です。プレママたちのリアルな体験談や役立つアドバイスも盛りだくさん。妊娠生活から赤ちゃんとの新しい生活までをしっかりとサポートしてくれる頼もしい味方です。
安達 知子(監修), 主婦の友社 (編集)
単行本(ソフトカバー): 230ページ
出版社: 主婦の友社

トリペと―妊婦、はじめました

トリペと―妊婦、はじめました主婦と生活社 参考価格:¥4,638Amazonで詳しく見る

リラックマの産みの親、コンドウアキさんのリアルな妊娠エッセイです。可愛くて優しいタッチのイラストで、出産そして育児に前向きになれる、という声が続出。色々な不安も吹き飛んでしまう、癒される1冊。面白おかしく読み進めるうちに、色々ためになるアドバイスをたくさんもらえている、と好評です。
コンドウ アキ (著)
単行本: 194ページ
出版社: 主婦と生活社

安心マタニティ280DAYS―2人で読む

安心マタニティ280DAYS―2人で読む主婦の友社 参考価格:¥6,090Amazonで詳しく見る

1日ずつ成長していく赤ちゃんのお腹の中での様子が手に取るようにわかる本です。30年以上にわたって、プレママと赤ちゃんを見守り続けてきた産婦人科医の著者だからこそ発信できる心温まるメッセージの数々は、読者に勇気を与えてくれます。お腹の中の今、を知ることで、出産がますます楽しみになってくる本です。
鮫島 浩二 (著)
単行本: 208ページ
出版社: 主婦の友社

(文/大中千景)

あなたにおすすめ

注目コラム