赤ちゃんにも大人気!室内用ジャングルジムのおすすめ商品13選

コラム
公開日:2018/03/13
更新日:2019/10/02
赤ちゃんにも大人気!室内用ジャングルジムのおすすめ商品13選

天気の悪い日など外で思いっきり遊べないとき、室内で、子どもとどのように過ごしていますか?家の中ではできる遊びが限られているので、体を動かして遊びたい子どもは退屈してしまうこともあるでしょう。そんなときには、赤ちゃんから幼児まで楽しめる室内用のジャングルジムがおすすめ。室内でも全身を使って遊ぶことができ、適度な運動にもなりますよ。今回は、ジャングルジムの選び方とおすすめの商品13選をご紹介します。

ジャングルジムを持つママに聞きました!「使い心地はどうですか?」

室内用ジャングルジムは、金額が高めでスペースを取ることから、購入をためらっているママも多いかもしれませんね。そこで、実際にジャングルジムを購入した経験のあるママに、使い心地やおすすめポイントについてアンケートを取りました。

遊び方で子どもの成長を実感できます

「子どもが1歳の誕生日に購入しました。我が家が購入したのは、滑り台がついているタイプ。滑り台の傾斜を変えることができるので、購入当初はなだらかな滑り台をおそるおそるすべっていましたが、今では少し急な傾斜にしています。今でも室内用ジャングルジムが大好きで、家にいるときにはよく遊んでいます。はじめは目が離せなかったのですが、だんだん1人でも遊べるように。子どもの成長を実感できるのも買ってよかったところです。」(3歳の女の子のママ)

外に行けないときに便利ですよ

「上の子が1歳になる頃、下の子の妊娠が発覚。つわりがひどくてあまり公園などに連れて行けなかったので、室内でも遊べるようにとジャングルジムを購入しました。とても気に入ってよく遊んでくれて助かりました。そのおかげでバランス感覚が磨かれたのか、公園の少し高いジャングルジムにも平気でのぼっていきます。下の子もお兄ちゃんのマネをしてジャングルジムで遊ぶのが大好き。見ていてハラハラするときもありますが、兄妹仲良く遊んでくれてありがたいです。」(4歳男の子、3歳女の子のママ)

コンパクトに収納できてびっくり!

「夫の両親から息子の誕生日プレゼントに買ってもらいました。我が家は社宅なので家が狭く、ジャングルジムを置くスぺースもあまりないため、正直はじめはあまり嬉しくなかったんです。でも、いざ家に届くと思ったほど大きくなく、意外とコンパクトに収納できて驚きました!息子もとても喜んで遊んでいたので、買ってもらってよかったと思いました。今は遊ぶ機会が減り、我が家にあっても宝の持ち腐れなので、夫の弟家族のところで活躍しています。」(7歳男の子のママ)

子も親も大満足です

「ジャングルジム、すべり台、ブランコがついているタイプを持っています。高い買い物だし、遊ばなかったらどうしようと不安でしたが、かなりお気に入りで収納するときがないほどです。ジャングルジムの棒の上でバランスを取ったり、ブランコに自分で乗ったりしてとても楽しそう。キッチンから見えるところに置いてあり、夕飯の支度をしながら遊ばせられるので、私にとってもありがたいです。」(4歳男の子ママ)

はじめは友人宅のジャングルジムに興味津々!

「友人の家に遊びに行ったときに、ジャングルジムがあり、娘は興味津々。帰ってから夫に話すと、夫も乗り気ですぐにおもちゃ屋さんに行ってどんなものがあるのかチェックしました。娘の好きなキャラクターのものがあったので、それに決めて購入。組み立ても簡単で、買ってすぐに遊びだしました。すべり台をすべったり、ジャングルジムの中に入ってトンネル遊びをしたり、本当に楽しそう。天気の悪い日でも室内で思いっきり遊べるので助かっています。」(2歳女の子ママ)

室内用ジャングルジムの選び方

おもちゃ屋さんやインターネットで見ると、いろいろなタイプのジャングルジムがあり、どれを選べばよいのか迷うママも多いかもしれません。そこで、選び方のポイントをご紹介します。

安心、安全に遊べる

のぼったりおりたり、ぶら下がったりして遊ぶジャングルジム。土台はしっかりしているか、パイプに強度はあるかなど、安全性の確認は重要です。ほとんどの商品には、重量制限などが記載してあるので、それを超えないように注意しましょう。万が一落ちてしまったときなどのために、下にマットを敷いたりして、自分たちで安全面を確保することも忘れずに。

収納時の大きさ

ある程度のスペースを必要とするジャングルジムですが、折りたたむと意外とコンパクトに収納できるものもたくさんあります。遊ばないときには収納しておけば、じゃまになることも少ないはずです。家があまり広くないから購入を迷っているという人は、収納したときの大きさを確認してみるとよいでしょう。また、コンパクトに収納できても、組み立てが大変だと遊ぶ機会が減ってしまう可能性があります。収納する際には組み立ては簡単かどうかもチェックしてみましょう。

子どもの成長に合わせて遊び方を変えられる

ブランコ付きは取り外すと鉄棒になる、すべり台の傾斜を変えることができるなど、子どもの成長に合わせて遊び方を変えることができるタイプであれば、年齢が上がっても楽しく遊ぶことができます。安い買い物ではないので、少しでも長い間遊んでほしいと思う人は、遊び方が多いジャングルジムを選ぶと良いでしょう。

室内用ジャングルジムの対象年齢は?

対象年齢は、その商品によって異なりますが、だいたい1歳半や2歳からという商品が多いようです。中には、8ヶ月から遊べるという商品もあるので、少し早めに購入したいと考えているママは、対象年齢を確認して選びましょう。メーカーは安全性を考え、その商品に合った年齢制限を設けています。子どもの安全を守るためにも、対象年齢や制限体重などの記載はしっかりと確認しましょう。

ジャングルジムを室内に置くにはどのくらいのスペースが必要?

必要なスペースは商品にもよりますが、たたみ1畳分で設置可能というものもあります。しかし、ジャングルジムは設置するだけでなく遊ぶスペースも必要とするので、記載してある実寸よりも少し広めのスペースが必要であると考えましょう。

家があまり広くないというときには、折りたたんで収納できるものがおすすめです。子どもが遊ぶとき以外は収納しておけばいいので、圧迫感も少なくあまりじゃまになりません。

室内用ジャングルジムのおすすめ商品13選

室内用ジャングルジムのおすすめ商品をご紹介します。シンプルなジャングルジムから、ブランコやすべり台が付いているものまで、その種類はさまざま。置くスペースや、子どもが興味を持ちそうかどうかを考えながら選んでみてはいかがですか。

おりたたみロングスロープキッズパークSP

Amazonで詳しく見る

ジャングルジム、すべり台、ブランコ、鉄棒あそびがこれ1台で楽しめます。設置面積は、たたみ約2畳分。折りたためるので、使わないときにはコンパクトに収納可能です。ジョイント部分も突起物がない設計なので、安心して安全に遊ばせることができます。

【商品サイズ】幅151×奥行157×高さ102cm(ゆるやか時)、幅151×奥行195×高さ102cm(すいすい時)、幅36×奥行103×高さ115cm(収納時)
【対象年齢】2~5歳(体重20kgまで)

アンパンマン うちのこ天才ブランコパークDX ボール付き

Amazonで詳しく見る

子どもの大人気キャラクター、アンパンマンのジャングルジムです。すべり台、ブランコがついているので、遊びの幅が広く、長い期間遊ぶことができる人気商品。ブランコを外すと鉄棒あそびも楽しめ、成長に合わせて鉄棒の高さも2段階に調節できます。折りたたみ時には、約1/3のサイズにまでコンパクトになります。

【主な製造国】中国
【セット内容】本体×1、のれん×2、パイプはずし器具×1、ボール×1、取扱説明書
【商品サイズ】幅195×奥行132×高さ118cm(組立時)、幅60×奥行145×高さ105cm(収納時)
【対象年齢】2才以上

白いわんぱくジム

ピープル 白いわんぱくジム YG-014ピープル 参考価格:¥13,800Amazonで詳しく見る

室内用では珍しい、4段タイプのジャングルジム。自分でいろいろ考えながら上にのぼろうとすることで、頭も体も使うことができます。8ヶ月頃はベビーサークルとして、1歳半くらいからはジャングルジムに挑戦!約1畳分のスペースで設置可能です。軽量設計のため、掃除などの移動も楽々行えます。

プレミアム おりたたみロングスロープ キッズパーク (ピュアホワイト)

プレミアム おりたたみロングスロープ キッズパーク野中製作所 参考価格:¥21,799Amazonで詳しく見る

白で統一したシンプルでおしゃれなジャングルジム。どんなタイプの部屋にもなじみやすいところが人気の商品です。すべり台は、110cmのロングタイプ。ゆるやかな角度とすいすい角度が選べるので成長に合わせてステップアップできます。

【商品サイズ】(cm) W151×D157×H102(ゆるやか角度)、W151×D195×H102(すいすい角度)、W36×D103×H115(折りたたみ時)、W45.5×D43.5×H82.5(ケース)
【対象年齢】 2~5歳
【重量】 13.4kg(本体)/16.1kg(ケース含む)

わくわくジャングルパーク

Amazonで詳しく見る

リビングなどのインテリアともなじみやすい落ち着いた色合いのジャングルジムです。パイプの組み立てがワンタッチで行え、外すときには付属の専用器具を使えば簡単に作業できます。パイプを持ったり離したりすることで手先の器用さを身につけ、体をよじってジャングルジムの間をくぐることで体の柔軟性を養います。

【商品サイズ】幅100×奥行130×高さ70cm
【対象年齢】2歳以上(重量制限25kg)
【セット内容】本体一式 、パイプ外し器具、ボール

アンパンマン NEW にこにこジャングルパーク

Amazonで詳しく見る

すべり台とジャングルジムが楽しめるアンパンマンのジャングルパーク。土台は、転倒防止の脚付きで安全に楽しく遊ぶことが可能。人気のキャラクターが描かれたのれん付きです。階段をのぼると、子どもが喜ぶピッピ音が鳴ります。

【本体サイズ】完成サイズ 103×71×133cm
【対象年齢】2歳から

白いチェアジム

Amazonで詳しく見る

ハイチェアとしても使えるジャングルジム。使わないときには、テーブルの下にすっきり収納できるので、掃除のときにも邪魔になりません。環境にも配慮した紙パイプで作られており、安心の日本製。紙パイプでも強度はしっかりあるので、安全に遊ばすことができます。

【本体サイズ】組み上がりサイズ:横幅65×長さ97×高さ65cm(すべり台取付時横幅112.5cm)
【対象年齢】8ヶ月から
【耐荷重】30kg

ロディ ジム&すべり台 No.3572

Amazonで詳しく見る

コンパクトに収納可能ですが、骨組みの組み立ては不要なので、届いたらすぐに遊ぶことができます。土台の四隅には、転倒防止スタンドがついていて安全、安心。まだジャングルジム遊びに不安がある月齢のころは、すべり台だけ出して遊ぶことも可能です。

【対象年齢】10ヵ月から

くまのプーさん ハニーポット おりたたみジム2

くまのプーさん ハニーポット おりたたみジム2野中製作所 参考価格:¥11,800Amazonで詳しく見る

すべり台、ジャングルジム、ボール遊びができるジャングルジム。8つのカラーボールが付属しており、ハニーポットをバスケットに見立ててボール遊びが楽しめます。収納時には23cm幅までコンパクトにすることが可能。

【本体サイズ】W102×D126×H69cm (使用時) W23×D63×H702cm (収納時)
【対象年齢】2歳から5歳まで
【セット内容】本体、カラーボール8個

アンパンマン NEW ロッキングパーク

Amazonで詳しく見る

ジャングルジムにアンパンマンの乗り物とすべり台がついたタイプ。公園でも大人気の、またがって遊ぶタイプの乗り物は、いくつになっても楽しめます。天気の悪い日なども、家で思いっきり遊ぶことができるアイテムです。

【制限体重】25kg

しまじろうのワクワク ぼうけんじま

しまじろうのワクワク ぼうけんじま野中製作所 Amazonで詳しく見る

角度の変わるすべり台は、ロングタイプの110cm。踊り場が数ケ所あるので、登り台を使わなくてもすべり台を楽しむことが可能。子ども自身が自分で考えて遊ぶことができます。的当てやバスケットゴール、カラーボールが付属しているので、ジャングルジムとしてだけでなく、いろいろな遊びを楽しむことが可能です。

【本体サイズ】折りたたみ時 約幅34×奥行100×高さ130cm
【体重制限】20kgまで
【対象年齢】 2から5才

くまのプーさん たためるジム

Amazonで詳しく見る

プーさんののれんや丸太のデッキがついた楽しいデザインのジャングルジム。工具などを使わなくても簡単に組み立てができます。のぼったり、すべったり、つかまったり、いろいろな動作で運動能力の発育を促してくれ、自然と体が鍛えられるでしょう。

【本体サイズ】1210×700×1350mm
【対象年齢】1歳6ヶ月から

ジムに変身! 頭と体の知育アスレチック

ジムに変身! 頭と体の知育アスレチックピープル Amazonで詳しく見る

全身を使った遊び方が30種類以上もできるジャングルジム。ドアの開け閉めやダイヤル合わせ、ボール転がしなど、赤ちゃんの大好きな手遊びボードがついています。歩き始めの頃は1段、大きくなったら3段ジムに組み替えることができ、長期間遊ばせることが可能。みんな大好きなロングすべり台もついています。

【対象年齢】8ヶ月以上

(文/坂本裕美)

こちらの記事もおすすめ!

子どもたちの秘密基地!キッズテントの選び方やおすすめ&人気13選!

子どもに人気のコンビカーはいつから何歳まで?選び方とおすすめ10選も紹介

イケアのおもちゃがおしゃれ!シンプルで可愛いおすすめ商品

ベビージムはいつから?おしゃれなおすすめ12選と選び方!プレゼントにも人気

あなたにおすすめ

注目コラム