自分時間も家族時間も楽しむ贅沢♡オールインクルーシブでスノーバカンス【クラブメッド・北海道 トマム】後編

自分時間も家族時間も楽しむ贅沢♡オールインクルーシブでスノーバカンス【クラブメッド・北海道 トマム】後編

連載 オールインクルーシブで安心・楽チン 親子旅

リピーターが多いことでも知られる、オールインクルーシブのリゾート「クラブメッド」。そこは一度訪れるとファンになってしまうという不思議な魅力を備えた場所でした。そんなリゾートをMilly編集部Kとその家族(夫・3歳女子)が訪れました。冬の家族旅行の行き先に、ぜひチェックしてくださいね! 後編の今回は、大人も子どももそれぞれに楽しめて、贅沢な時間を過ごすことができるキッズプログラムやアクティビティーの数々をレポートします。


(前編はこちら

 

4歳からは追加料金不要でスキーレッスンが受けられる!

ファミリーにクラブメッドをおすすめしたい理由のひとつが、キッズプログラムが充実していること! ここクラブメッド・北海道 トマムには、4歳から10歳までが追加料金不要で参加できる「ミニクラブ」と、2・3歳の「プティクラブ」(別途料金)があり、インターナショナルなG.O(ジーオー/ジェントル・オーガナイザー)と呼ばれるスタッフが年齢に合わせた充実の内容でケアしてくれます。 特にスキーなどのウィンタースポーツは、パパやママが得意ではないと体験させてあげられる機会も少ないもの。なんといってもミニクラブは、追加代金なしでスキーレッスンが受けられるので、ぜひ参加してほしいプログラムです。レベル別にクラスが分かれていて、キッズ専用のゲレンデもあるため、スキーデビューでも心配いりません! 初体験の子どもたちでも、すぐに上達してその日のうちに滑れるようになっていました。

バーから見渡すことのできるキッズ専用ゲレンデ。ベルトコンベア式のマジックカーペットが設置されているので、リフトに乗れなくても大丈夫。

娘は4歳に数日足りず、プティクラブに参加しました。

世界のお友だちとプティクラブで国際交流♪

施設内の専用ルームへ行くと、G.Oに手を引かれてなんの戸惑いもなくすんなり入っていきました。それもそのはず、クラブメッド2回目の娘はプティクラブを「英語保育園」と呼んで、旅行出発前から楽しみにしていたのです。

日本語がわかるG.Oもいるので、子どもが言葉に困ることはありません。 たっぷり遊んで、みんなと食べるごはんはおいしい!

プティクラブでは、雪遊びはもちろんさまざまな遊びが用意されていて、ランチもお昼寝もさせてくれるので、小さな子でも負担なくめいっぱい遊べます。

只今お昼寝中。活動時間中は、窓越しにこっそり様子をうかがうこともできます。 絵の具とクレヨンでお絵かきもしたよ!

プティクラブは定員制のため事前予約優先ですが、当日でも空きがあれば受け入れてもらうことが可能。申し込みは子どもとともに施設内の専用ルームへ行き、着替えなどの荷物を渡してサインするだけと簡単です。 世界各国から集まった子どもたちとの交流は、まるでプチ留学しているかのよう。娘にとって貴重な経験になったことは間違いありません。 なんと夕食のあとには、プティクラブとミニクラブに参加した子どもたちによるショーが! 舞台に上がり、みんなで練習したというダンスを披露してくれました。

本番でも元気に踊れました!

数時間会わなかっただけなのに、こんなに自信に満ちあふれた姿が見られるとは思わず、感動するのと同時にビックリしました。

“クレイジーサイン” (みんなで踊るクラブメッド特有のダンス)もノリノリで♪ もうすっかりクラブメッドキッズ☆

子どもが楽しく過ごしているから、パパママも楽しめる!

子どもがミニクラブやプティクラブで過ごしている間、パパとママは自分のレベルに合ったスキーレッスンを受けたり(追加料金不要)、パーでのんびり夫婦時間など、自由に過ごすことができます。家族で旅行に出かけると、子どもを中心に考えるあまり自分の時間はとれないことも多いもの。ここでは、子どももパパもママもそれぞれが自分に合った時間を楽しむことができるのです。 夫は午前中スキーを楽しみ、休憩を兼ねてバーでコーヒーを飲みながら仕事。窓辺の席で天候を見て、またスキーへと出かけていきました。こんな楽しみ方ができるのも、スキーインスキーアウトができるようデザインされたクラブメッド・北海道 トマムならでは。再会したときには、雪質の良さや上から見た景色など、かなりテンション高く教えてくれました。もしかしたら、この旅をいちばん楽しんだのは夫だったかも……!?

「ここがオフィスなら最高なんだけどなぁ」と夫。 [ページ区切り]

大自然に包まれて、最高のロケーションで過ごす家族時間

極上のパウダースノーを存分に味わって帰ろう!ということで、家族みんなでスキーを楽しむことに。長くなだらかに森の中を下る「シルバーベル」コースに挑戦しました!

初心者から上級者までコースも多彩。(スキー場は星野リゾート トマム運営)

どこへ行ってもサラサラの雪の中では怖さを感じることがなく、娘はチャレンジを繰り返してグングン上達。なだらかな場所では、ひとりで滑ることまでできるようになりました。

これ以上ない贅沢な練習環境! 森の幻想的な風景は、絵本の中の世界に迷い込んだかのよう。

すっかりスキーが好きになり、「できる」という自信が持てたようです。最初に「楽しい」「好き」と思えると、それが成長の糧になるんですね。子どもってすごい!

家族で楽しむおすすめスポットがいっぱい!

クラブメッド・北海道 トマムには、スキーができない小さな子どもや赤ちゃんでも楽しめるスポットが盛りだくさん! 家族みんなで楽しめる施設やアクティビティーのほとんどが、オールインクルーシブに含まれています。
※オールインクルーシブでは、星野リゾート トマムが運営する施設も一部利用できるものがあります。

霧氷テラス

ホテル横のゴンドラで向かう「霧氷テラス」では、雪に包まれた絶景が待っています。“霧氷”とは、氷点下で空気中の水蒸気や霧が樹木などにつく現象。早朝には朝日を浴びてキラキラと輝く霧氷が見られるそう。なんといってもゴンドラはホテルのすぐ横。一度は行っておきたいスポットです。

星野リゾート トマム運営/早起きをしてゴンドラで「霧氷テラス」へ。

星野リゾート トマム運営/夏季には「雲海テラス」と名前を変え、神秘的な雲海が見られると人気です。

アイスヴィレッジ

ここは冬の夕方からオープンする、幻想的な氷の街。アイスリンクや氷の滑り台、氷のスイーツカフェなど、ここでしかできない体験も。マイナス30度にまで気温が下がるので、あたたかくしてちょっぴり夜の散歩を楽しんでみては?(別途代金必要)

星野リゾート トマム運営/氷の門がアイスヴィレッジの入り口。森の小道を抜けると氷の街が広がる。

ミナミナビーチ、木材の湯

日本最大級の波の出るインドアプール ミナミナビーチ、解放感抜群の露天風呂 木材の湯なども利用可能。天候に左右されずに利用できる施設があるのはいいですね。

星野リゾート トマム運営/国内最大級の波のプール。水深30cmのキッズプールも併設されています。

家族それぞれが自分時間を楽しみ、そのうえで家族時間も満喫できてしまうのがクラブメッドのよさ。世界中のお友達だちやG.Oとの交流や、雄大な自然にふれた感覚は子どもに最高の思い出となるはずです。 娘の成長に驚きっぱなしだった3日間。私も手配や荷造りに苦労することなく、楽しむことだけに専念できたこの旅は大満足でした!

クラブメッド・北海道 トマム 予約受付中!

12月からはウィンターシーズンが始まります。クラブメッドでしかできないアクティビティー“マスト トライ エクスペリエンス(ここでしかできない体験)”がここに!

子どもを自然にふれさせたい!成長させたい!家族の時間も楽しみたい!という欲ばりが叶います。 ウィンターシーズンの予約はこちらから   協力/クラブメッド https://www.clubmed.co.jp 取材・文/木村亜紀子 ※情報は取材時のものです。


この連載について

旅の手配に荷づくり、移動ではまわりに気をつかい、結局つかれて帰ってきた……という話はもはやママあるある。そんなわずらわしさから一切解放されて家族それぞれが楽しめる、リゾートがあるんです! それが、滞在中は食事もアクティビティもキッズプログラムも、お財布いらずで過ごすことができるオールインクルーシブのリゾート「クラブメッド」です。

最新の記事

夏こそ旅育!…の予約をするなら今!ここでしかできない体験と美しい風景を【クラブメッド・北海道 トマム】後編

夏休みの予約スタート!国内プチ留学で子供の成長に出会う旅【クラブメッド・北海道 トマム】前編

子連れで行くスノーバカンス!ゲレンデデビューは最高の環境で【クラブメッド・北海道 サホロ】後編

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム