赤ちゃんの歯磨きに歯磨き粉はいつから必要?選び方とおすすめ12選

 専門家監修
公開日:2018/03/05
更新日:2018/12/19
赤ちゃんの歯磨きに歯磨き粉はいつから必要?選び方とおすすめ12選

赤ちゃんの乳歯が生え始めるのは、6ヶ月ごろ。乳歯が1本でも生え始めたときが、歯磨きの始めどきです。赤ちゃんに歯ブラシを持たせると、ブラシの部分をカミカミするだけなので、汚れはきちんと落ちません。だから、ママが磨いてあげることが大前提。では、歯磨き剤はいつから使うのがいいのでしょう。おすすめの歯磨き剤についてご紹介します。

赤ちゃんに歯磨き粉って必要なの?

赤ちゃんの歯を磨くときは、まずは歯ブラシが口の中に入ることに慣れさせることから始めましょう。歯が生える前から、ママがやわらかい歯ブラシで歯や歯ぐきをマッサージしてあげると、その気持ちよさに、赤ちゃんは歯ブラシを受け入れるようになります。歯が生えてきたら、まずは何もつけずに歯の表面の汚れを歯ブラシで磨きます。そして、朝と夜、1日2回磨くことを習慣にしていきます。赤ちゃんの歯磨きで大事なことは、口の中に歯ブラシが入ること、そして、ママに毎日磨かれることに赤ちゃんが慣れることです。歯磨き剤を使うのは、それらがクリアしてからでOKです。

赤ちゃんの歯磨き粉っていつから使い始めるの?

ママに質問!赤ちゃんの歯磨き粉はいつから使った?

アンケート結果を見ると、1歳を過ぎてから歯磨き剤を使い始めたママが7割以上であることがわかります。
基本的に歯磨き剤を使い始める時期は、磨いたあとの歯磨き剤をぶくぶくぺーっとうがいをして吐き出せるようになってからです。うがいができるようになるのは、早くて2歳ごろ。でも、アンケート結果では、1歳ごろから歯磨き剤を使っているママも多いですね。これは、うがいをしなくても大丈夫な歯磨き剤を使っているからでしょう。歯磨き剤の種類によって、使い始める時期が違うのです。

赤ちゃんの歯磨き粉の選び方が知りたい

赤ちゃんの歯を磨くときに使う歯磨き剤には、いろいろな種類があります。歯科医がすすめるのは、歯垢を除去するだけでなく、むし歯の予防や抑制などの効果のある薬用成分である「フッ素」や「キシリトール」を配合しているものです。

●フッ素
フッ素は、歯の再石灰化を促進し、歯のエナメル質を強くする働きがあります。うがいができない子は、フッ素の含有量が500ppm未満の歯磨き剤を使います。うがいができるようになったら、500~1000ppm未満の歯磨き剤を使い、歯磨き後にうがいをする習慣をつけます。

●キシリトール
キシリトールはシラカバの樹液からとれる天然素材甘味料。むし歯菌が食べても酸やプラークをつくることがないため、むし歯の原因にならないだけでなく、むし歯菌の活動を弱らせる働きもあります。

監修
倉治ななえ先生
テクノポートデンタルクリニック院長
東京都大田区のテクノポートデンタルクリニック院長。日本歯科大学附属病院臨床教授。生活習慣や子育ての方法を見直すことで、子どもの美しい歯を育てることを提案する「子育て歯科」の第一人者。講演活動やテレビ出演、本の執筆など、多方面で活躍中。

(※倉治先生の監修は上記の解説部分となります)

赤ちゃんが歯磨き粉を誤飲したときの対処法と対策は?

歯磨き剤を使って赤ちゃんの歯を磨くときに心配なのは、歯磨き剤を誤飲してしまうこと。ママたちはどんな対策をとっているのでしょうか。

●「歯磨きしながらこまめにガーゼで拭きます」
●「万が一、誤飲しても大丈夫なものを使ってます」
●「ほんの少ししか歯ブラシにつけない」
●「手に届かない場所に置いています」
●「歯磨き剤を歯ブラシにつけるのを子どもにはやらせなかった」

赤ちゃんが歯磨き粉を食べたら悪影響ってあるの?

赤ちゃんの歯を磨くときに使う歯磨き剤の量は、ごま粒大×年齢が目安。もしも、少量飲んでしまった程度ならば、あまり心配はありません。すぐに口をすすいで、コップ1~2杯の水を飲ませましょう。その後、気分が悪いようなら医師に相談してください。

赤ちゃんの歯磨き粉は何がおすすめ?ママに人気の歯磨き粉12

<うがいなしでも使えるフッ素入り歯磨き剤タイプ>

ゾンネボード製薬 薬用レノビーゴ

レノビーゴ増量品 38ml フッ素配合 薬用ハミガキレノビーゴ ¥ 998 ※2019/11/20 09:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

歯磨き後のきれいな歯に、歯ブラシにふきつけて歯にまんべんなく塗って使います。100ppmの低濃度フッ素配合でうがいが必要ないため、乳歯の生え始めから使えます。毎日継続して使うことで効果を発揮します。

<うがいができるようになったら使いたい!フッ素入り歯磨き剤>

ライオン歯科材 チェックアップ コドモ

ライオン チェックアップコドモ 60g(DENT.Check-Upkodomo) ストロベリーライオン ¥ 234 ※2019/11/20 09:26 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

ソフトペースト状の歯磨き剤。950ppmのフッ素を配合し、低研磨、低発泡、低香味で磨きやすいタイプ。ブラッシング後に歯磨き剤を吐き出し、大さじ1程度の水で口をすすぎます。ストロベリー、アップル、グレープの3種類。

丹平製薬 ハモリン

ハモリン コートジェルハミガキ ぶどう味 30g丹平製薬 ¥ 607 ※2019/11/20 09:26 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

950ppmのフッ素を配合し、研磨剤、発泡剤は無配合のジェル状歯磨き剤。クリアブルーの色がついているので、子どもの歯に塗り広げた箇所をママが確認しながら磨けます。歯磨きのあとは、うがいをさせましょう。

サンスター ガム・デンタルペースト こども

ガム・デンタルペースト 子供 70g (医薬部外品)GUM(ガム) ¥ 190 ※2019/11/20 09:26 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

フッ素と殺菌成分CPUを配合した、むし歯を予防するペースト状の歯磨き剤です。使いやすいワンタッチのスタンディングタイプ。

<うがいができるようになったら使いたい!フッ素とキシリトール入り歯磨き剤>

雪印ビーンスターク ハキラ はみがきジェル

ハキラはみがきジェル ほんのりリンゴ味 40gビーンスターク ¥ 465 ※2019/11/20 09:26 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

フッ素とキシリトールを配合し、歯質を強くして、むし歯の発生と進行を防ぎます。研磨剤、発泡剤、着色料は使用していないので、泡立たず磨きやすいジェルタイプ。ブルーベリー味とりんご味の2種類。

花王 クリアクリーンキッズ

クリアクリーンキッズ グレープ 70gクリアクリーン ¥ 152 ※2019/11/20 09:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

フッ素883ppmとキシリトールを配合。ソフト顆粒入りなので、歯のすき間の歯垢をかき出し、すっきり落とします。泡立ちが控えめなので、赤ちゃんも嫌がりません。グレープといちごとメロンソーダの3種類。

ジーシー こども用はみがき フッ素・キシリトール配合歯科用歯みがき

ジーシー GC こども用 はみがき 40g × 3本セット 医薬部外品 (ストロベリー)GC ¥ 489 ※2019/11/20 09:26 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

ソフトペースト状の歯磨き剤。900ppmのフッ素とキシリトールを配合。低研磨、低発泡、低香味。ブラッシング後にうがいができる子はうがいをし、できない子はママがガーゼでふいてあげて。オレンジ、ストロベリー、アップルの3種類。

ライオン クリニカkid’sジェルハミガキ

ライオン クリニカ キッズジェルハミガキ いちご 60gクリニカ Amazonで詳しく見る

フッ素とキシリトールを配合し、研磨剤、発泡剤、着色料を使用しない透明なジェルタイプ。小さな子どもでもすすぎやすく、ママが磨いているときの子どもの口の中が見やすいので、すみずみまで磨けます。いちごとグレープ味の2種類。

<天然成分で作られた歯磨き剤>

サラヤ アラウ.ベビー はみがきジェル

arau. アラウベビー はみがきジェル みかん味 35garau.(アラウ) ¥ 599 ※2019/11/20 09:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

研磨剤や発泡剤は使用せず、みかん味の天然製油100%とキシリトールを配合し、小さな子どもが嫌がらない味に仕上げています。無添加・天然成分で作られているので、口をゆすげない子も安心して使えます。

太陽油脂 パックス子どもジェルはみがき

Amazonで詳しく見る

赤ちゃんが好きな味(オレンジ、グレープフルーツ)で歯磨きを嫌がらないように習慣にするための歯磨き剤。天然原料、研磨剤や発泡剤不使用です。

ヴェレダ 歯みがき 子ども用

WELEDA(ヴェレダ) 歯みがき 子供用 50mlヴェレダ(WELEDA) ¥ 880 ※2019/11/20 09:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

天然由来成分にこだわるヴェレダの子ども用歯磨き剤。スペアミントのさわやかな風味ですが、ペパーミント油やメンソールは使用していません。※キク科のカレンドラにアレルギーのある人は使用しないでください。

N&O Life アロベビー歯みがきジェル

アロベビー 歯みがきジェル 50g オレンジ味ALOBABY ¥ 1,595 ※2019/11/20 09:25 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

天然由来100%にこだわり、虫歯ができにくい歯を育てるキシリトール、虫歯菌を減らす乳酸菌、歯の汚れをとるマスティックを配合。ほんのり甘いオレンジ味で、歯磨きを嫌がる子に。

こちらの記事もおすすめ!

かわいい乳歯ケース10選!選び方とおすすめ保存方法
かわいい乳歯ケース10選!選び方とおすすめ保存方法
赤ちゃんに歯が生え始めたのを見て、子どもの成長に感動したママも多いはず。その感動を記念に残したいと、抜けた乳歯を保存する人も増えています。なかでもきれいに保存できる乳歯ケースが人気。かわいくて、メモリアルとしてもおすすめの乳歯ケースをご紹介します!
記事を読む
赤ちゃんの歯磨きはいつから? 乳歯のホームケアのポイントとやり方レッスン
赤ちゃんの歯磨きはいつから? 乳歯のホームケアのポイントとやり方レッスン
歯磨き嫌いな赤ちゃんに仕上げ磨きをするのは本当に大変! だけど、虫歯にしたくないし、歯並びのいい子に育てたい! そんなママ・パパを対象にピジョン本社にて「早期からはじめる親子いっしょの乳歯ケア」勉強会が開催されました。講師は、育児誌『Baby-mo(ベビモ)』でもおなじみ倉治ななえ先生。歯磨きの目的や年齢別 歯磨き剤の量など乳歯のホームケアにまつわることを徹底的に解説してくださいました。虫歯をつくらず歯並びをよくするためのQ&Aも必見です!
記事を読む
赤ちゃんのむし歯を予防する方法は? いつから始める?
赤ちゃんのむし歯を予防する方法は? いつから始める?
赤ちゃんにかわいい小さな歯が生えてきたら気になるのがむし歯のこと。乳歯をむし歯から守ってあげたいけれど、どんなふうに予防すればいいの? いつから歯みがきを始めればいいの?…などママの気がかりは多いもの。そんな赤ちゃんのむし歯予防について、まるっと解説します!
記事を読む

出典 :Baby-mo2017-2018年冬春号※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム