2才〜5才 青菜がきらい! 好き嫌い克服ポイント&子どもが喜ぶおすすめレシピ

 専門家監修
公開日:2017/06/11
2才〜5才 青菜がきらい! 好き嫌い克服ポイント&子どもが喜ぶおすすめレシピ
監修
牧野直子(まきのなおこ)
管理栄養士。料理研究家。ダイエットコーディネーター。

子どもから「いや!」「いらない!」と言われがちですが、栄養価の高いほうれんそうや小松菜は食べてほしいですよね。好き嫌い克服ポイントと食べやすくなる調理法を管理栄養士の牧野先生にうかがいました。

「青菜がきらい!」克服ポイント

ほうれんそうや小松菜などの青菜は緑黄色野菜の独特の香りや青くささが苦手という子は多いもの。
ごまや削り節など風味のある食材やベーコンのように油脂を含むコクのある食材と組み合わせると、食べやすくなります。

食べやすくなるポイント3つ

1 アク抜きを忘れずに
アクがあると子どもは「苦い」と感じます。ゆでて冷水にとり、水けをしぼってアクを抜いてから使いましょう。

2 短めに切りましょう
子どもは口が小さく、大人のようにじょうずにかめません。青菜類は2cm長さくらいに短めに切りましょう。

3 少量加えましょう
スープや卵焼きなど、子どもが好きな料理に少量加えて、「食べられた!」という自信を持たせましょう。

青菜が食べやすくなるレシピ

子どもが喜んで食べてくれる、ほうれんそうと小松菜の簡単おすすめレシピを紹介します。

スープワンタン

こまかく刻んだ青菜をひき肉が包んで食べやすい

材料(大人2人+幼児1人分)

ほうれんそう 1/2束
豚ひき肉 150g
かたくり粉 大さじ1
しょうゆ、ごま油 各 小さじ1
塩 小さじ1/4
ワンタンの皮 20枚程度
水 3カップ
鶏がらスープの素 小さじ2
酒 大さじ2

作り方

❶ほうれんそうはやわらかくゆでて水にとって冷まし、縦横にこまかく刻んで水けをしぼる。
❷①、ひき肉、Aをよくまぜ合わせ、ワンタンの皮で等分に包む。
❸なべにBを煮立て、②を1つずつ入れて煮る。
❹ワンタンが浮き上がって1〜2分煮たら、煮汁ごと器に盛る。

小松菜と油揚げのピーナッツバターあえ

ピーナッツと油揚げのコクで青菜っぽさが気にならない


材料(大人2人+幼児1人分)

小松菜 150g
油揚げ 1枚 
ピーナッツバター 大さじ1.5
砂糖 小さじ2
だし 大さじ2
しょうゆ 少々

作り方

❶小松菜はやわらかくゆでて水にとって冷まし、1㎝角に切り、水けをしぼる。
❷油揚げは熱湯でゆで、あら熱がとれたら水けをしぼってあらみじん切りにする。
❸ボウルにAをよくまぜ合わせ、①、②を加えてあえる。

*ピーナッツバターは3才ごろから様子を見て与える。

監修
牧野直子(まきのなおこ)
管理栄養士。料理研究家。ダイエットコーディネーター。
乳幼児健診などで食生活についてのアドバイスを行う。多くの乳幼児とその家族に接した経験とご自身の子育て経験とにもとづいて考案された、家庭で作りやすいレシピ、的確なアドバイスが好評。料理教室やテレビの料理番組などでも幅広く活躍している。「スタジオ食」代表。

あなたにおすすめ

注目コラム