お母さんへ「ちょっと待って」の言葉、一日に何回言ってますか?【読むサプリ41回】

コラム
公開日:2017/03/02
お母さんへ「ちょっと待って」の言葉、一日に何回言ってますか?【読むサプリ41回】

子育てに家事に、さらに仕事にとママはいつでもフル回転で動いている状態。あれもやらなきゃ、これも…と思っていると、「ママ!〇〇して~」「おかあさん、あそぼー!」と子どもから言われることってたくさんありますよね。そのときについつい返してしまう言葉「ちょっと待って」「あとでね」に思い当たる人はいませんか? とあるお母さんは「ちょっと待って」という言葉を言いすぎて、子どもに「〇〇ちゃん、行くよ!」と言ったら「ちょっと待って」とかえされたそうです(笑)。子どもは母親をちゃんと見ている証拠。つい口をついて出ちゃうこの言葉、ちょっと見直してみようとひろっしゅコーチが語ってくれています。子ども側にたったアドバイスを参考に、今日から気持ちを切り替えてみるのもいいですね。

ちょっと待ってね

「おかあさん、きて~」
「ちょっと待ってね」
「今度やろうね」

こんな風に子どもの要望をちょっと先延ばしにすることってありますよね?
忙しくて、ついついあと回しにしちゃいがち。

子育てって、満たしてあげることが大事。
子どもの心を満たすことです。

「今度」といって、そのままにしていませんか?
お子さんの中に“未完了”が増えていませんか?

全部は無理なので、ときどき約束は守ってあげてくださいね。
毎日は無理なので2日に1回、3日に1回でいいので
満たしてあげること、意識してみてくださいね

Profile
山崎洋実(やまざき・ひろみ)
1971年静岡県生まれ。自身の妊娠出産を経て、「ママのイキイキ応援プログラム」(通称・ママイキ)をスタート。ハッピーなママライフを送るための思考、視点を悩めるママたちに伝授する。ママ向けコーチングの第一人者・ひろっしゅコーチとして大活躍中。
ファインコーチングHPブログ

あなたにおすすめ

注目コラム