七草がゆの7種類、子どもに言えるかな?【頭のいい子を育てる歳時記】

コラム
公開日:2017/01/06
七草がゆの7種類、子どもに言えるかな?【頭のいい子を育てる歳時記】

1月7日に七つの草の入ったおかゆを食べるとその年は病気にかからないといわれています。お正月にごちそうを食べた胃を休ませる意味もあるのでしょう。この時期に青果店やスーパーマーケットに行くと、七草が売られているのをよく見ますね。子どもとのお散歩中に、道端でナヅナやセリを見つけることもできそうです。生活のなかで自然と、昔ながらの食文化を学ぶ経験をさせてあげられたらいいですよね。

七草がゆのつくり方

1.米1カップは洗って ざるに上げ、炊飯器に入れる。 5~7倍の水を入れ、すずな・すずしろの根をきざんで加えてスイッチを入れる。

2.七草の葉の部分は、塩ひとつまみを入れたたっぷりの熱湯でゆでて、細かくきざみ、水気をしぼる。

3.おかゆに2を適量入れてまぜ、塩で味を整える。

p229-08

春の七草で 元気に なろう!

七草には、春に芽吹く青菜の栄養がたっぷり。古くから体調を整える作用が知られています。七草の葉の部分は、どれも緑黄色野菜。β(ベータ)-カロテンなどのビタミンが豊富なほか、骨を丈夫にするカルシウムや、貧血を防ぐ鉄などのミネラルも多く含まれます。青菜の少ない早春に栄養を補う、昔の人の知恵なのでしょう。

これが七草、言えるかな?

子どものころに、「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」とリズムよく唱えて、七草を覚えた思い出がある人もいるのではないでしょうか? 忘れてしまったというママは、これをきっかけに子どもと一緒に七草を覚えるのも楽しいかもしれませんね。

せり 【セリ】
香りがよくて体が 温まります。

p229-09%e3%82%bb%e3%83%aa

なずな 【ナズナ】
血のめぐりをよくする作用が あります。

p229-10%e3%83%8a%e3%82%ba%e3%83%8a

ごぎょう 【ハハコグサ】
せきを止める作用が あります

p229-11%e3%82%b4%e3%82%ae%e3%83%a7%e3%82%a6

はこべら  【ハコベ】
いたみ止めになるといわれています。

p229-12%e3%83%8f%e3%82%b3%e3%83%99%e3%83%a9

ほとけのざ 【コオニタビラコ】
胃腸の調子を整えます。

p229-13%e3%83%9b%e3%83%88%e3%82%b1%e3%83%8e%e3%82%b6

すずな 【カブ】
かぜを 防ぐ栄養がつまっています。

p229-14%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%83%8a

すずしろ 【ダイコン】
疲れた胃腸の消化を助けます。

p229-15%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%b7%e3%83%ad

総監修/宮里暁美先生 国立大学法人お茶の水女子大学人間発達教育科学研究所教授。文京区立お茶の水女子大学こども園園長。子どもの姿に「耳をすますこと、目をこらすこと」を心がけ、30年以上、保育の現場や保育者養成に従事。お茶の水女子大学附属幼稚園の副園長を7年間務める。十文字学園女子大学幼児教育学科教授を経て、2016年4月より現職。子どもたちや親たちとともに、季節を味わいながら過ごす日々を重ねている。著書に『子どもたちの四季』(主婦の友社)。3児の母。  出典:できるよ! せいかつ366 ※情報は掲載時のものです4074144867

あなたにおすすめ

注目コラム