出産の入院や手術でソンしない! 出産でもらえるお金のダントリをチェック!!

コラム
公開日:2016/12/23
出産の入院や手術でソンしない! 出産でもらえるお金のダントリをチェック!!

出産時にも手続きすることでもらえるお金があります。突然その時がやってきてもあわてないよう、しっかりチェックして早めに準備を進めておきましょう。

退院時は差額のみを払えばいいんです

mak2016122302

退院するときに!【出産育児一時金】

加入する健康保険から42万円もらえます
入院や分娩の費用をまかなえるよう、加入する健康保険から子ども一人につき42万円が受け取れます。受け取りは健康保険から産院に直接支払われる“直接支払い制度”が便利。退院時の支払いは42万円を超えた分だけですみません。42万円に満たない分や直接支払制度を利用しない場合には、自分で健康保険に申請して受け取ります。

<誰が?>
健康保険に加入している人
<いくら?>
子ども一人につき42万円(双子の場合は42万円×2)
<手続き>
★退職した人は、加入していた健康保険へ
★会社員・公務員の人は、勤務先か健康保険、または共済組合へ
★自営業の人、自営業の妻は市区町村役場へ(夫の扶養の場合は、夫が加入する健康保険)

<利用した先輩ママの体験談>42万円+αもらいました
出産費用は、ポイントを貯めたかったのでカードで支払い、あとから勤務先の健康保険に請求しました。42万円の一時金に、十数万円の附加金も! ポイント分でベビーグッズや洋服を購入♪(東京都・Tさん)

医療費がかかりすぎたら!【高額療養費】

入院や手術をしたら必ずチェック
妊娠・出産でかかる医療費は原則、自費ですが、切迫早産や帝王切開など医療措置が施されて健康保険が適用されると、自己負担は3割に。それがさらに高額になったら一定額を超えた分が戻る「高額療養費制度」を利用できます。ただし月をまたいだ分は合算されません! 限度額適用認定証があれば、窓口での支払いは限度額まででOK。

<誰が?>
健康保険に加入し、同じ病院で支払った1カ月の自己負担額が一定額を超えた人
<いくら?>
一般的な所得者の場合、8万100円+αを超えた分(+αは「医療費-26万7000円×1%」で計算/戻る額は年齢や収入で異なる)
<手続き>
★専業主婦・退職した人は健康保険へ
★会社イン・公務員の人は、勤務先か健康保険、または共済組合へ
★自営業の人、自営業の妻は市区町村役場へ

<利用した先輩ママの体験談>3万円戻りました
帝王切開で保険が適用に! でも、入院が1、2月と、月をまたいでしまったので、それぞれの月で申請することに。結局、高額療養費の還付金は手術を行った1月分のみの3万円でした……。(千葉県・Jさん)

妊娠出産のことはPre-moで!
20161015ks00Amazon_100

お話/ファイナンシャル・プランナー 山田静江先生 「損得だけでない、豊かな暮らしを送るためのマネープラン」をモットーに、ライフプランや保険のコンサルティングから執筆、講演会やセミナーの講師など幅広く活躍中。
出典:Pre-mo ※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム