野菜嫌いを克服したい! 幼児食レシピ

コラム
公開日:2016/11/02
野菜嫌いを克服したい! 幼児食レシピ

子どもの野菜嫌いも、ママの調理テクでおいしくカバー! 苦みや青くささ、繊維質などをやわらげた調理法の幼児食で、野菜の甘みとうまみを引き出しましょう。嫌いなはずの食材だって、モリモリ完食して克服できちゃうかも!? ※本レシピは離乳食を卒業した幼児食メニューになります。 とろとろチーズでほうれん草を包み込んで

クロックムッシュ

dma-140313hu0037 材料(大人1人+幼児1人分) 食パン(6枚切り)…1.5枚 ほうれんそう…50g スライスチーズ…1.5枚 ハム…3枚 (A)塩、オリーブ油…各少々 バター…大さじ1 作り方 1.ほうれんそうはゆでて刻み、水けをよくしぼって(A)をまぶす。 2.食パンは1枚を半分に切り、切り口から耳のほうへ切り込みを入れて本のような形にする。等分した1 とチーズ、ハムをパンの切り込みにはさむ。 3.熱したフライパンにバターをとかし、2を焼く。バターが片面だけ吸わないように手早く裏返し、フライ返しで上からギュッと押しつけながら両面をこんがりと焼き、食べやすい大きさに切る。 繊維質の多い野菜は、とろみをつけるとかみやすい

ふわふわ卵の野菜あんかけ

dma-140318hu0009 材料(大人2人+幼児1人分) 卵…3個 鶏がらスープの素…小さじ1 かたくり粉…大さじ1/2 こしょう…少々 油…大さじ2 もやし…200g にら(2㎝長さに切る)…1/2束 かに風味かまぼこ(食べやすく裂く)…50g (A)かたくり粉…小さじ2 (〃)オイスターソース…大さじ1 作り方 1. 鶏がらスープは、湯1カップに入れてとかしておく。 2.卵は割りほぐし、かたくり粉との半量、こしょうを加えてまぜ合わせる。 3.フライパンに油半量を熱し、2を回し入れて大きくまぜ、ふんわりして火がほぼ通ったらとり出して器に盛る。 4.同じフライパンに残りの油を熱し、もやしとにらを加えていため、かに風味かまぼこ、残りの1、(A)を加えてまぜ、とろみがついたら 3にかける。 ショートパスタにからめれば、ツブツブ感も気にならない

ブロッコリーのパスタ

dma-140313hu0032 材料(大人1人+幼児1人分) ショートパスタ(フジッリなど)…100g ブロッコリー…1/2株(150g) にんにく…1/2かけ アンチョビ…2枚 オリーブ油…大さじ1 塩…少々 作り方 1.鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩適量(分量外)、オリーブ油適量(分量外)を加え、小房に分けたブロッコリーを入れて5分ほどゆで、とり出す。同じ湯でパスタを表示の時間どおりにゆでる。 2.フライパンにオリーブ油とつぶしたにんにくを加えていため、香りが出たら、アンチョビと1のブロッコリーを加えてつぶすようにいためる。 3.2にパスタを加えてまぜ、塩で味をととのえる。 酢水にさらして、アクやえぐみをしっかりオフ!

れんこんのカレーエッグサラダ

dma-140319hu0045 材料(大人2人+幼児1人分) れんこん…100g かたゆで卵…1個 マヨネーズ…大さじ1/2 カレー粉…少々 レタス…2〜3枚 ミニトマト…3個 作り方 1.れんこんは皮をむいて薄いいちょう切りにし、酢少々(分量外)を加えた水に2〜3分さらしてアク抜きする。 2.鍋に湯を沸かして酢少々(分量外)を入れ、を加えてやわらかくなるまでゆでて、水けをきる。 3.かたゆで卵はボウルに入れて、白身があらみじん切りになるようにフォークなどでつぶす。 4.3のボウルに2、マヨネーズ、カレー粉を加えてよくまぜる。レタスを敷いた器に盛りつけ、半分に切ったミニトマトを添える。 舌ざわりなめらかな豆腐に包んで、葉野菜を食べやすく

とうふと小松菜のグラタン

dma-140318hu0026 材料(大人2人+幼児1人分) 木綿どうふ(半分にスライスし て水きり)…1丁 小松菜(ゆでて1㎝長さに切る) …200g 塩、こしょう、しょうゆ…各少々 バター、小麦粉…各大さじ3 牛乳…1.5カップ 顆粒スープの素…小さじ2 レモン(薄切り)…1枚 粉チーズ…大さじ2 油…大さじ1 作り方 1.とうふはしょうゆをまぶす。 2.小松菜は水けをしぼって耐熱皿に入れ、バター大さじ1をのせ、塩、こしょうして電子レンジで2〜3分加熱する。 3.鍋に残りのバターと小麦粉を入れて弱火でいため、牛乳を加えて煮立てる。スープの素を加え、弱火で4〜5分煮て、粉チーズの半量、塩、こしょうを振り、レモンをしぼる。 4.フライパンに油を熱して、1の両面を焼く。耐熱皿に 3少々、とうふ、2 、残りの3 を入れ、残りの粉チーズを振ってトースターで10〜15分焼く。

お話/帝京科学大学こども学部児童教育学科教授 上田玲子先生 小児栄養学の第一人者として活躍するかたわら、トランスコウプ総合研究所取締役として栄養コーチングの手法を開発。『よくわかる離乳食』(主婦の友社)など著書多数。
社会福祉法人あすみ福祉会 茶々保育園園長 海沼和代先生 保育士歴25年。子どもたちや保護者をあたたかく見守り、多くの保育士さんを率いる。家庭的であたたかい保育が評判の茶々保育園は、現在関東近県に10保育園と1こども園を運営。
レシピ提供・調理/ほりえさわこ、牧野直子 撮影/梅澤 仁  出典:イヤイヤ期Baby‐mo ※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム