ベビーの歯磨きっていつから始めるの?

コラム
公開日:2016/10/11
更新日:2017/08/15
ベビーの歯磨きっていつから始めるの?

「歯が何本生えてきたら歯みがきを始めるの?」「嫌がるときはどうすれば?」と赤ちゃんの歯みがきに関することについてわからないことがたくさんありませんか? 小児歯科の先生、小児科の先生、先輩ママがあなたのお悩みを解決します!

Q 赤ちゃんの歯みがきはいつから?

A 歯が生えたらはじめましょう 早くから歯ブラシに慣れることが第一。ガーゼでふくのでもいいですが、最初の歯が生えたときから、歯ブラシに慣れさせて。歯みがきはこわくない・痛くないというイメージをつけてあげましょう。 【ママ体験談】 歯が上下8本になったので歯みがきスタートしたら、動きたい盛りと重なって、すごく大変! もっと早くから始めればよかったです。(Mママ/Mちゃん・1才2カ月) [ページ区切り]

Q 歯みがきをイヤがったら、どうしたらいい?

A タイプ別に対応してみましょう。いつかはちゃんとみがけます! ベビモママたち実践の対策は 1  なんとか押さえつけてみがく! 2  おもちゃやテレビで気をそらしてみがく 3  歌を歌ってごまかしながら 気をそらすか、押さえつけるか、の2大作戦です。歌は、NHK「おかあさんといっしょ」に登場する「はみがきじょうずかな」が圧倒的人気でした! 以下は、歯みがきの嫌がり方のタイプ別に対策です。

こだわりが強い

道具をひと工夫。子ども主導で選ばせて ママが決めた1本のブラシでみがくのではなく、何本か用意して「きょうは、どれがいい?」と、本人に選んでもらいます。同じように、歯みがき剤も、何種類かあるなら、本人に選ばせましょう。1才半ごろからの「自分で」したがるころには特におすすめの作戦です。 b_2013-s-a_14-300x199

とにかく泣く

おもちゃや声で気をそらせて手早くみがこう 短時間で終わらせるのが勝負。「あ! あれはなんだ!?」と、少々大げさに叫んでみて、「は!?」となったすきに、ささっとみがきます。ママの演技力も大事! そしてうまくみがかせてくれたら、「わぁ、できたねぇ、えらかったね!」と、しっかりほめちぎりましょう。ほかには「あっ! あれなあに!?」とママの声でごまかしたり、テレビやおもちゃで気をそらすのも効果的のようです。また、多くのママが実際にしているのが、歌うこと。歯みがきの歌じゃなくても、好きな歌でOK。 20161011kseciyaiya

こわがり

もしかしたら、痛い!?「こわくない」を教えてあげて もしかしたら、歯みがきのときに痛い思いをしたことがあるのかもしれません。とくに、上唇と歯の間のに歯ブラシが当たると激痛なので、ここにふれないようにみがいてあげましょう。歯ブラシのヘッドのサイズや、毛のやわらかさなども、よくチェックして。こわがらせないためにも、ぬいぐるみや人形に歯みがきさせて「歯みがきは楽しい」と教えるのも有効。上唇小帯を、指で保護するように押さえて、歯ブラシが当たらないようにしてみがきます。 mama20151028osanai02

歯ブラシをかむ

なんとか口を開けてもらいましょう 歯ブラシはイヤがらずに入れさせてくれるけど、ガチッとかんでしまって動かせないタイプ。なんでもかみたい時期の赤ちゃんに多いですね。自分みがき用の歯ブラシをかませて、すき間からブラシを入れたり、口を開いた瞬間をねらってみがいたりしましょう。 ずっと口を閉じたままの赤ちゃんはいません。開くのをじっと待って、瞬間を逃さずみがいて! 自分みがき用の歯ブラシや歯固めをストッパーがわりにかませて、すき間から歯ブラシを入れてるというのも手。 b_2013-s-a_18-199x300

ガンコにイヤがる

気分転換して、とりあえず遊びましょ どうしてもイヤがるときは、歯ブラシをひとまずおいて、遊んで気分転換を。ママも「みがかなくちゃ!」と、こわい顔になっているかもしれません。赤ちゃん時代の歯みがきは、スキンシップの一環です。抱っこしたり遊んだり、気分をスッキリさせてから、再トライ! 遊ぶといっても、おもちゃでひとり遊びさせるのではなく、ママとふれあって遊んで。 b_2013-s-a_17-300x199

大暴れする

どうにもこうにも手が出せない!! あの手この手を尽くしても、歯ブラシを見ただけで号泣。このままでは親子関係も悪化しそう!?というほど大暴れしてしまうなら、最後の手段! 一定期間、歯みがきをお休みしてみてはどうでしょうか? けれども、そのためには次の条件を守るようにしましょう。 b_2013-s-a_22-300x199

歯みがきは3カ月休んでOK! ただし、約束事があります

ここまで大変なら、きっぱり歯みがきのことを忘れ去ってもいいでしょう。その期間は3カ月。3カ月の間に、今はわからないことが、話せばわかるようになるかもしれません。成長を待ちましょう。ただし、下記の約束を守ってください。必ず歯科を受診して、いま現在むし歯がゼロであることを確認してからです。歯科医とよく相談して、方針を立てましょう。 b_2013-s-a_24-300x199

<まず、歯医者に行きましょう>

いちばん大事な約束です。今現在、赤ちゃんにむし歯やむし歯予備軍の兆候があったら、すぐに対応してもらいます。3カ月後むし歯の兆候があったら、すぐに対処してもらうことも約束です。

<砂糖より果物の甘味のほうがベター>

砂糖で味つけしたものは、ねばりけがあって歯に付着しやすいものも多いのです。むし歯菌は、歯に付着したものがエサ。歯にくっつかない甘味をまず覚えさせましょう。果物や野菜の持つ自然の甘味に慣れさせて。

<甘い飲み物は与え方に注意して>

赤ちゃんの歯の第一の敵は、甘い飲み物です。野菜ジュースも危険信号。口の中に常に甘いものがあることが、プラーク(歯垢)をつくるのです。おやつも食事も時間を決めて、が基本。甘いものをダラダラ与えるのはやめましょう。

歯医者さんのじょうずな選び方チェックポイント

☑「小児歯科」を掲げている ☑電話で「歯みがき指導はしてもらえますか?」と聞くと、こころよく「どうぞ」と答えてくれる ☑受付にホームケアグッズが多数置いてある

お話/倉治ななえ先生 東京都大田区のクラジ歯科院長。日本歯科大学附属病院臨床教授。生活習慣や子育ての方法を見直すことで、子どもの美しい歯を育てることを提案する「子育て歯科」の第一人者。講演活動や本の執筆を行うなど、多方面で活躍中。 お話(いつから?Q&A)/水天宮前小児科 山田奈生子先生 東京慈恵会医科大学附属病院などの勤務を経て、水天宮前小児科を開業。子育ての不安や悩みについて、やさしくお話してくれる先生。小児アレルギー、小児夜尿症などの相談も。プライベートでは3児の母。 イラスト/あらいぴろよ 出典:Baby-mo

あなたにおすすめ

注目コラム