赤ちゃんの偏食・好き嫌いをなくしたい!ママたちの離乳食アイデア集

コラム
公開日:2016/10/11
赤ちゃんの偏食・好き嫌いをなくしたい!ママたちの離乳食アイデア集

好きなものばかりを食べたり、嫌いなものは徹底して拒否したり、離乳食をすすめるうえで赤ちゃんの偏食に困り果ててしまうママはたくさん。ここでは実際に壁にぶつかったママたちが考え抜いたアイデアをご紹介。ちょっとの工夫で、これまでのお悩みにサヨナラできるかもしれません!

イヤイヤ1 野菜・固形物をベーッ

とろみづけベビーフードで口当たりをマイルドに

やわらかいものが好きで、1cm角程度でも固形だと吐き出します。パサパサ感がイヤなのかと思い、野菜や魚にベビーフードでとろみをつけてみると、口当たりがよくなったので、口をモグモグさせて食べるようになりました。(Sさん/Kくん・1才1カ月)

イヤイヤ2 白いごはんが苦手

好きなおかずをのせてまぜまぜ

パンがゆは好きなのに、米がゆはダメ……。しらす干し、卵、ミルク、コーンやかぼちゃの裏ごし、ゆで野菜など好きなものをおかゆにのせ「今日はコレ♡」と見せながらまぜるとよく食べます。(Hさん/Hちゃん・10カ月)

かためにしたら白飯も食べました

どうやらベチャベチャの白がゆがダメでした。歯が見え始めたこと、軟飯よりややかためにしてみたら食欲全開! ちびおにぎりも、ごま、青のり、しそふりかけをまぶすと喜んで食べてくれます。

イヤイヤ3 とにかくイヤイヤ!

微量のしょうゆで風味づけ&味つけ

きげんが悪くてとにかくイヤ! と食べない日があります。ふだんはもちろん味つけしていませんが、そんな日だけは、半分くらい食べたらしょうゆを1滴だけたらします。それだけで食が進みます。(Yさん/Dくん・10カ月)

イヤイヤ4 だしの味をいやがる

ホワイトソースで洋風にして気分転換

和風だしの味が続くとあきて、食べるのに時間がかかるように。そんなときは次の食事にホワイトソースを使ってグラタン、ドリアなど洋風にするとモリモリです。ごはんをやめてサンドイッチにするのも効きます。(Sさん/Kくん・1才1カ月)

イヤイヤ5 昨日は食べたのに今日はダメ

おなかをすかせたタイミングをのがさない

最近は食べムラが出てきて、食べない日もあります。公園で思い切り遊んだり、お散歩をしたり、おなかをペコペコにすかせた状態でごはんタイムにするとパクパクです。(Mさん/Yくん・1才3カ月)

専門家のアドバイス!  イヤがる原因を除いて食べやすくしてあげましょう

肉や魚は繊維が多くて、赤ちゃんには飲み込みにくいですね。野菜も繊維が多いうえ、特有の苦味があります。赤ちゃんはこういった食べにくさを本能的にイヤがります。大人の知恵でイヤな要素を取り除いて、食べやすくしてあげましょう。

たとえば肉はたたいてやわらかく、ポロポロ食べにくいひき肉は、まとめると食べやすくなります。魚は煮魚にしてとろみをつけたり、あんかけに。いもやかぼちゃのポソポソした食感をイヤがる場合には、ポタージュやプリンにしてあげましょう。

甘みが苦手なら、ほんの少し塩味をつけてもいいですね。意外ですが、白いごはんをイヤがる子もいます。実は、白米は食べ続けることでおいしく感じるようになるのです。ベビーフードのふりかけを使うなどして、食べさせてあげましょう。

育児に関する疑問はBaby-moで解決!

61h141y4kll-_sx389_bo1204203200_

アドバイス/上田玲子先生 帝京科学大学子ども学部教授。栄養学博士。乳幼児栄養の第一人者。「ママたちがとてもまじめに離乳食に取り組んでいることに、感心しています。ときにはおおらかに構えて、親子の食事を楽しんでくださいね!」
出典:Baby-moより
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム