ママバッグの主流はシンプルトート! 脱・大荷物の賢い整理整頓術

コラム
公開日:2016/10/08
更新日:2016/10/17
ママバッグの主流はシンプルトート! 脱・大荷物の賢い整理整頓術

おむつに授乳関連、着替えやおやつ……。赤ちゃんとのお出かけって、荷物を少なくするにも限界があります。でもだからといって大荷物になるのも大変! そこで、普段持ちのトートバッグで身軽に外出しているママたちのバッグの中身をチェック。何をどんなふうに収納しているのか、ぜひ参考にしてください!

魔法のレースタオルをかければ中身が見えません!

b20161008nagasawa02

メインバッグ:UNITED ARROWSのトートバッグ/サブバッグ:CHANELのショルダー

「おむつ、ミルクグッズ、離乳食、着替えが、このミニトートに入っています。役立つのが手作りしたレースタオル。荷物が多少はみ出していても、上にふわっとかけると気にならず、パッケージがイマイチなものもさりげなく隠してくれます」(Kさん/Yくん・9カ月)

b20161008nagasawa03

(上段右より)パスケース・スマホ・おやつケース・スタイ・おむつポーチ
(下段右より)レースタオル・哺乳びん・キューブミルク・びん詰めの離乳食・除菌スプレー(ByebyeBacteria)・着替えポーチ、くし、口紅、鍵、ママが読む小説

b20161008nagasawa04

2枚に見えて1枚のロンパースなら、かさばりません。ウエアを汚したとき、気分が落ちないよう(笑)、小物もコーデして持って行きます。

5つのポーチにグループ分けしてすっきり!

b20161008nagasawa05

メイン&サブバッグ:wtwのトート

「出産前から夫婦で愛用しているwtwのトートは、たっぷり入るサイズ。中身をすぐに取り出せるよう、ざっくりと分類しています。ポーチは軽い素材のものをチョイス。多すぎても判別にとまどうので、5つ以内と決めています」(Cさん/Hちゃん・1才2カ月)

b20161008nagasawa06

(上段右より)メイクポーチ(snidel)・母子健康手帳ケース・おむつポーチ(LaBoutique)
(下段右より)サブバッグ(wtw)・おもちゃポーチ(MIKIHOUSE)・保冷バッグ

b20161008nagasawa07

フランフランのブランドLaBoutiqueのポーチには、娘のヘアバンドの替えも。SNSアップの写真撮影用に、いくつか持ち歩いています。

パパが持ってもサマになる! ブルーのバッグをチョイス

b20161008nagasawa08

メインバッグ:GOYARDのトート

「軽いのに丈夫なゴヤールのトートは、産後に購入。パパが持っても素敵に見える青にしました。中身は私の好きな赤色~ピンク色のものでトーンを統一。車移動なので、おむつは多めの8枚。着替えやおくるみの布類は大きなきんちゃく袋にまとめています」(Sさん/Rちゃん・8カ月)

b20161008nagasawa09

(上段右より)哺乳びん・着替え入れ・ミルクグッズポーチ(Victoria's select)
(中段右より)鍵・スマホ・おむつポーチ・ケアアイテムポーチ(MARC JACOBS)
(下段右より)鍵・財布・メイクポーチ(HERMES)・手動扇風機・ぬいぐるみ

b20161008nagasawa10

外出するときは、小さなケースに入った「フルフルほ乳びん洗い」が活躍。旅行に行くときは、洗浄剤も持っていきます。

育児に関する疑問はBaby-moで解決!

61h141y4kll-_sx389_bo1204203200_

出典:Baby-mo(ベビモ)より
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム