こんなお出かけ先が子どもの“人間力”を育てる

コラム
公開日:2016/09/17
こんなお出かけ先が子どもの“人間力”を育てる

日常生活&特別なお出かけで豊かな人間体験を

日々の暮らしの中にも、人間体験のタネはあちこちに落ちています。散歩や買い物の途中でちょっと足を止めて地域の人とおしゃべりしたり、電車で席を譲ってもらったらお礼を言ったり、なにげないコミュニケーションが、社会性や人への思いやりを育む大切なステップになります。
そして、ときには親子で楽しめるショー、音楽会など、特別なお出かけにもチャレンジしてみましょう。同じショーでも、生で観るのと映像で観るのとでは、脳が受け取る刺激はまったく違います。目の前で繰り広げられるパフォーマンスは、五感を揺さぶるパワーに満ちています。赤ちゃん時代は、リアルな体験こそが脳をバランスよく刺激し、大きく育ててくれるのです。また、ママ、パパが心を動かしている様子を見せることも大切です。ママ、パパのリアクションとともに体験することで、どんなお出かけにも「人」の温かみがプラスされます。

働く大人の姿を見る

20160917ks02

街へ出れば働く大人の姿がたくさん! お仕事中の人を見かけたら、「荷物を運んでくれてるよ」などと子どもに説明してみましょう。会計やサービスを受けるときに、ちょっとした会話を交わすのも◎。

地域のお祭りや縁日に出かける

20160917ks03

神輿をかつぐ威勢のいいかけ声、屋台からのいいにおい、五感が刺激されるお祭りもおすすめの人間体験。子ども神輿にチャレンジしたり、ボールすくいなどのゲームを楽しむのも非日常のおもしろさがあります。地域の人とのつながりをつくるよい機会になりますね。

プロのパフォーマンスを堪能する!

20160917ks04

テーマパークで行われているパレードやショーに興奮したり、街角や公園で遭遇する大道芸の不思議なワザにびっくりしたり! 躍動感あふれる人間の力を肌で感じることができます。

ママ友と集まっておうちパーティーを開催!

20160917ks05

自宅に友人を招いたり、お呼ばれしてお出かけするのも立派な人間体験に。知らないママ、パパに抱っこしてもらったり、一緒に食事をするのも新鮮な刺激になります。ママ友同士なら、気軽に集まれてママもラクチン。

公共機関を利用してお出かけする

20160916ks06

電車やバスに乗れば、たくさんの人と一緒に乗り合わせることに。やさしいおばあちゃんに「かわいいね」と声をかけられたり、親切な人がベビーカーの上げ下ろしを手伝ってくれたり、見知らぬ人とのコミュニケーションをとる機会にもなります。

お話/成田奈緒子先生文教大学教育学部教授、小児専門医、主に脳科学を中心とした研究を行う。また、児童相談所医師、発達障害支援センター医師などを兼任し、医学と教育、福祉を融合した「子ども支援」を広く社会に提唱する活動を行う。
出典:お出かけベビモ 育脳スペシャル
※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム