12月下旬出産ママがおすすめする出産準備アイテム&室内で過ごすときの服の着せ方

コラム
公開日:2016/09/08
12月下旬出産ママがおすすめする出産準備アイテム&室内で過ごすときの服の着せ方

本格的な寒さがやってくる時期に生まれる12月下旬ベビー。お出かけは最小限に、なるべく室内で過ごすことを考えて出産準備をした先輩ママの出産準備品をご紹介します!  肌着やウエアは、お部屋の温度に合わせてそろえたことでムダなくそろえられたそう。

【12月30日生まれの場合】ネットより雑誌を読み込んで情報収集しました

出産準備TOTAL約25万円

お店とネットの半々で買い物をしました。ベビーカーが一番高価でした。でも、すごく使いやすいので買ってよかったです。(Sさん&Rくん)

●やってよかったこと
性別がぎりぎりまでわかりませんでしたが、着るものは後回しにして、日用品など性別と関係ないものを先に購入。出産間際で一気にあわてて買うことなく準備できました。

●やっておけばよかったこと
特にはありませんが、新生児用おむつを産前にたくさん購入しすぎて、意外とすぐにサイズアップ。一気に買わずに産後に購入すればムダにならなかったかなと思います。

【Sさんおすすめ】その日の気温に合わせて薄着だったり厚着だったり

生後2カ月ごろまではあまり外出しないので、家の中でどんな洋服を着せるかを考えて準備しました。室内は暖房を入れているので意外とあたたかい。そんなときは肌着1枚で過ごすこともありました。肌着1枚のときはコンビ肌着がお役立ちでした!

暖房であたたかいとき

mak2016090802

室内があたたかいときはコンビ肌着のみで。股下がスナップ留めなので、足をバタつかせてもはだけません。

いつもの服装

mak2016090803

短肌着かコンビ肌着+2ウエイオールが基本スタイル。あまり厚着させなくてもこれでOK。

肌寒いとき

mak2016090801

ふわふわでやわらかい素材のブランケットを用意。寒い日はさっとくるんで防寒対策に。

【Sさんおすすめ】抱っこひもケープがあれば寒い日のお出かけも安心

mak2016090806

産後1カ月健診や、ちょっとした買い物で外出するときに、あたたかい素材の抱っこひもケープが便利でした。抱っこの揺れとケープをかけたときの暗さで、入眠率100%(息子の場合ですが)。直射日光が赤ちゃんに当たるのも気になっていたけど、ケープでガードできるから安心。

【Sさんおすすめ】リビングでのお昼寝はハイ&ローチェアでスヤスヤ

mak2016090805

リビングのお昼寝はハイ&ローチェアで。電動タイプは高価なので手動タイプを購入。電動は自動で揺れるからラクだと思うけど、手でゆらしながら声がけをしてあげると安心した表情になるので、手動のほうが子どもとのコミュニケーションがはかれる気がします。

【Sさんおすすめ】授乳ケープはスカーフ風をチョイス

mak2016090804

デザイン性の高いスカーフ風の授乳ケープなら、「今おっぱい飲ませてます」感がありません。薄手でバッグに収納しやすいのも便利です。

12月出産予定のママへアドバイス

1. 家で過ごすことを考えた洋服選びが◎
12月生まれだと寒い間は室内で過ごすので、あまり厚着させなくてもOK。

2. お出かけするときは防寒対策をしっかりと!
12月、1~2月はとにかく寒い! お出かけのときは防寒対策をして。

3.あっという間に成長するので買いすぎ禁物
みるみるうちに体が大きくなるので、洋服&おむつの買いすぎには注意。

出産準備のことはPre-moで!
premohyoushi

Amazon_100

出典:Pre-mo ※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム