これが私の「お産の前ぶれ」でした!

コラム
公開日:2016/09/07
これが私の「お産の前ぶれ」でした!

お産はどんなふうに始まるのかは、誰もが不安に感じること。本格的なお産の始まりの数日前に、「お産が近づいているというサイン」がわかれば、少し心の準備ができますよね。大勢の先輩ママに、お産の前ぶれを感じたかどうかを聞いてみました。

お産が近づいたサインは、一つとは限りません

陣痛、破水の数日前に、お産が近づいたサインを感じた人は多いようです。1人でいくつものサインを感じることもあるので、体の変化に注意してみましょう。「足がつりやすくなった」「おりものがふえた」「胎動の位置が変わった」などの声もありました。

20160907ks02.

1位 おしるし

お産が近づいて赤ちゃんが下がり、卵膜がこすれてはがれ、出血したもの。おりものに血がまじる程度から、薄いピンク色や生理のときのような出血、生理の終わりかけのような茶褐色など、色や量は人によってさまざまです。

先輩ママ’s voice
「おしるし」ってどんな感じ?

37週の健診のあと、下着にピンク色のおりものが!
(I・Kさん)

予定日の1カ月ぐらい前に、おりものに少し血がまざった程度のものが出ました。
(グリーンさん)

15分おきの前駆陣痛が始まってから、生理2~3日目ぐらいの量の出血があってびっくり!
(N・Mさん)

2位 おなかが張りやすくなる

子宮が収縮する回数が多くなるのは、体がお産への準備をしている証拠。「夕方から夜にかけてよく張った」、「寝るときに張りやすかった」、「動いたり、あお向けになるとカチカチになることが多かった」などの声が。

3位 足のつけ根が痛い

出産時に赤ちゃんが通りやすくなるよう、左右の恥骨の合わせ目が開いてくることが原因。「1日に5~6回、針で深く刺されるような痛みや電気が走るような痛み」、「ひきつるようなチクチクした痛み」と表現する先輩ママも。

4位 トイレが近くなる

赤ちゃんが下りてくると膀胱が圧迫されて、頻尿になりやすくなります。中には「ひどいときは15分おきに行きたくなった」という人も。「便がゆるくなった」「おなかが下りやすくなった」などの声も多く聞かれました。

5位 夜中に何度も目が覚める

眠れなかった原因には「トイレが近かった」「おなかが重くて寝苦しかった」こともあるようですが、「いつお産が始まるかわからない」という緊張感や本能(!?)も、眠りが浅くなる一因に。

6位 生理痛のような痛みがある

「夜になると下腹部が痛んだ」、「生理になる前のような、下腹部をぐーっと押される感じ」という声も。お産1週間前から3~4日前ごろの、お産間近にこのサインが表れた人が多いようです。

お話/育良クリニック 院長
 浦野晃義先生
 帝京大学医学部卒業。麻酔や救命救急などを経験後、愛育病院や国立成育医療研究センターなどで周産期・不妊治療に携わる。おだやかな人柄で患者さんからの信頼のあついドクターです。
出典:Pre-mo(プレモ)
 ※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム