10月中旬出産ママおすすめ出産準備品。抱っこひも、防寒アイテムは2つ持ちが◎

コラム
公開日:2016/08/29
10月中旬出産ママおすすめ出産準備品。抱っこひも、防寒アイテムは2つ持ちが◎

家族と一緒に子育てを楽しむ秘訣は、出産準備アイテム選びとグッズ収納法にあり! 10月中旬に出産した先輩ママは、パパ専用アイテムを準備することでパパをじょうずに巻き込んで子育てをしていました。これから出産準備をするママはぜひ参考にしてみてくださいね。

【10月14日生まれの場合】新品でほしいものを洗い出したことで出費をセーブ!

出産準備TOTAL約10万円
妊娠5カ月ごろからじっくり出産準備を開始。情報収集は主にネットで。子育てブログも参考にしました。
ベビーベッドを出産祝いでいただいたので出費が抑えられました。チャイルドシート&ベビーカーがいちばん高額購入アイテム。いただきものが多くてすごくありがたいです。(Aさん&Eちゃん)

●やってよかったこと
「新品でほしいもの、中古でよいもの、お祝いでいただけるもの」に分けて出産準備リストを作成。この3項目に分けたことで、ムダな買い物をせずにすんだかな。

●やっておけばよかったこと
あらためて、赤ちゃんのものは「使用期間が短い」ことを実感します。特にベビーバスは一瞬で使用終了。産前にそろえなくても、必要に応じて産後でも間に合った気が……。

Aさんが買ってよかったおすすめアイテム

■抱っこひもはママ用とパパ用をそれぞれ用意
私は小柄でパパは大柄な体格。なので、抱っこひもは夫婦で別のものを購入しました。私はアップリカの「コランハグ」、パパは「Mamas and Papas」のベビーキャリアです。使いやすいパパ専用の抱っこひものおかげで、積極的におでかけに連れ出してくれます。

<ママ用抱っこひも>
mak2016082903

日本人の体型に合わせて作られたコランハグは、フィット感がよくて小柄な私にぴったり。

<ママ用スリング>
mak2016082908

「ベッタ」のスリングは寝かしつけに重宝。外出先での「ちょっと抱っこ」のときにも便利です。

<パパ用抱っこひも>
mak2016082907

イギリスのベビーブランド「Mamas and Papas」は、スタイリッシュなデザインでパパ受けも◎!

■おうちで1枚、お外で1枚、防寒アイテムがあると安心!
産後1カ月ごろから、早くも足の動きが活発になってバタバタし始めたので、スリーパーを購入。フリース素材であたたかく、夜の寒いときに着せていました。おくるみは、買ったりもらったりして何枚かありますが、使うのはいつも星形のおくるみです。

<おうちの防寒アイテム>
mak2016082902

足をバタバタさせるようになった生後1カ月ごろ、スリーパーを購入しました。

<お出かけ防寒アイテム>
mak2016082901

星の形がかわいくてひと目ぼれ。このまま抱っこしてベビーカーに乗せれば防寒対策もバッチリ!

■お世話グッズはキャスターつき3段ラックにまとめて時短!
キャスターつきラックに赤ちゃんのお世話グッズを収納しています。部屋中を移動できるので、リビングに置いたりベビールームに置いたり、そのときどきでお世話しやすい場所に置いています。動かせないタイプはわざわざ取りに行かなければならないけど、移動タイプはその時間が省けて時短になっています。

<3段目>
mak2016082904

おむつやウエアなどのかさばるものは3段目に収納。おむつは少なくなったら補充します。

<2段目>
mak2016082906

ガーゼや肌着、ソックスなどの細々した小物はココ。取り出しやすいよう詰め込み過ぎに注意。

<1段目>
mak2016082905

つめ切りや綿棒などのケアグッズを1段目に。かわいい絵本もディスプレイ用に並べています。

10月出産予定のママへアドバイス

1. パパも使うことを前提に準備するのが正解
ママだけじゃなくパパも使い勝手のいいアイテムなら、育児参加率が上がる!

2.買う前に「本当に必要なもの?」なのかを考えて
赤ちゃんのものは使用期間が短いので、先のことも考えて用意すればムダ買いなし。

3.ウエアは前開きの2ウエイオールがおすすめ
ササッと着替えさせられる前開きで、寒さから赤ちゃんを守ってあげて。

出産準備のことはPre-moで!

premohyoushi

Amazon_100

出典:Pre-mo ※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム