10月中旬出産ママが出産準備で買って使っておすすめだったものベスト4

コラム
公開日:2016/08/09
更新日:2018/09/10
10月中旬出産ママが出産準備で買って使っておすすめだったものベスト4

10月中旬に出産した先輩ママに、出産準備のおすすめアイテムと選び方のコツを聞きました! 出産準備をするのは夏の終わりだけど、だんだん肌寒くなるこの時期。冬育児をイメージして準備をすることがポイントなのだそう!

10月出産予定のママへのやっておくべき準備

出産準備の総額=約20万円

チャイルドシートやベビーカーなど大物アイテムをそろえたので、20万くらいかかりました。いちばん高い買い物は「空気清浄機」です。(Mさん&Kくん)

やってよかったこと

里帰り出産だったので、実家と自宅用にそれぞれ用意するもの、1つでいいものを考えながら出産準備。産後の環境を考えると、必要なものとそうでないものが見えてきます。

やっておけばよかったこと

里帰り出産のことばかり考えてしまって、自宅に戻ってきたときに、住環境になかなか慣れませんでした。里帰り出産の人は、自宅のお部屋づくりもやっておくと安心ですよ。

10月出産のMさんが買ってよかったおすすめアイテム

お出かけ解禁時期に備えて防寒アイテムを用意

mak2016080902

出産は10月で日中はあたたかい日が多いけど、1カ月健診を終えてお出かけが解禁になるころには、肌寒い11月に。フードつきジャンプスーツや、ベビーカー用フットマフがあれば、冷たい風が吹いている日でも赤ちゃんをガードできて、安心してお出かけが楽しめます。

夜のおむつ替えにおしりふきウォーマーが活躍

mak2016080904

ママ友から「夜のおむつ替えのときにおしりふきが冷たいと、赤ちゃんがびっくりして泣くことがある」と聞いていたので、迷わず産前に購入。じんわりとした気持ちのいいあたたかさで、夜中にびっくりして泣いたことは、今のところありません!

産後は来客が多いから授乳ケープで目隠し

mak2016080903

産後は友人が遊びに来てくれる機会が増えました。自宅にお客様がいても赤ちゃんの「おっぱい飲みたい攻撃」は待ったなし! そんなとき授乳ケープがあれば、気兼ねなく授乳ができます。ピンクトリップの授乳ケープは、胸元にフリルがついて私好みのデザイン♥

授乳ケープは必要?おしゃれで便利なおすすめ10選と選び方
授乳ケープは必要?おしゃれで便利なおすすめ10選と選び方
完全母乳&混合のママは、1日に何度も行うことになる授乳。家での来客中や、外出しているときに、授乳ケープがあればとても便利です。授乳ケープは、おっぱいをあげるときに胸元を隠すためのもの。さまざまなタイプの授乳ケープがあるので、今回はその選び方とおすすめケープをご紹介していきます!
記事を読む

ねんねの時期もメリーで飽きない工夫を

mak2016080901

メリー「くまのプーさん6Wayジムにへんしんメリー」は産前に購入、くるくる回るメリーを見るとゴキゲンになってくれるので、その間に家事をすることができます。床置きできるタイプなら、ベビーベッドを卒業しても長く使えます。

赤ちゃんが喜ぶベッドメリーのおすすめ15選と選び方
赤ちゃんが喜ぶベッドメリーのおすすめ15選と選び方
視覚・聴覚・触覚への刺激があり、赤ちゃんの脳の発達にとってよい影響を与えるといわれている「メリー」。気持ちのよい音とともにくるくる回るメリーを見ていると、いつのまにかうとうとと寝てしまう赤ちゃんもいるのだとか。最近ではねんねからたっちするまで発達に合わせて長く使えるもの、ベッドだけではなく持ち運びができるものなど、機能的なメリーも豊富です。今回は、先輩ママおすすめのメリーを15点ご紹介します。
記事を読む

10月出産予定のママへの3つのアドバイス

1.体温調節ができるアイテムが1枚でもあると安心

朝夕で気温差が激しいので、気軽に体温調節ができるアイテムはそろえておくといいですよ。

2.ベビースペースの確保はおなかが大きくなる前に

時間のあるうちにすませると、産後の生活がスムーズです。

3.「イザとなればネットで買えばいい」という心持ちで

あわてて駆け込みで買うと失敗することも。ネットを上手に活用して。

出産準備のことは発売中のPre-moで!

premohyoushi

Amazon_100,hyoushi

出典:Pre-mo2016年秋号
※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム