ベビーの水分補給&離乳食の落とし穴。夏はこんなことに注意!

コラム
公開日:2016/08/14
更新日:2016/08/29
ベビーの水分補給&離乳食の落とし穴。夏はこんなことに注意!

暑くて汗をたっぷりかき、食欲も落ちやすい真夏。気温&湿度が高いと、菌の繁殖も心配なところです。そんな真夏の離乳食に関する気がかりをドクターに聞いてみました。水分補給と栄養バランスのとれたごはんで元気に過ごしましょう!

Q ベビーってどれくらい汗をかくの?

b20160813nagasawa03

A 大人の約3倍汗をかくので水分不足になりがちです

大人よりも体が小さいベビーですが、汗の出口(汗腺)の数は大人と同じ。そのため、汗をかく量は大人の約3倍。夏はとくに汗をたくさんかくので、こまめな水分補給を心がけて。麦茶やベビー用イオン飲料が最適です。

Q ベビーの水分補給、どれくらいの量を飲ませればいい?

b20160813nagasawa04

A ほしがるだけたっぷりと飲ませてOKです

夏はいつも以上にたくさん汗をかいています。ベビーがほしがるだけ、たっぷり飲ませてかまいません。「飲んているわりにはおしっこが出ていないな」と思ったら、水分が足りていない証拠。ときどき水分を口元に持っていき、水分補給のタイミングをはかりましょう。

Q ベビーに食欲がないときの対処法は?

b20160813nagasawa01

A 食べられるものを少しずつ与えましょう

無理に食べさせようとすると、かえっていやがることも。1回の量が少なければ、複数回に分けてもOKなので、食べられるものを少しずつ与えて。お菓子やジュースは習慣化しやすく、離乳食にも影響するのでひかえましょう。

Q 離乳食の食べ残し、とっておいてまた食べさせてもいい?

A 口につけたものは雑菌の繁殖が心配。そのつど捨てましょう

夏は雑菌が繁殖しやすく、常温保存はおすすめできません。また、一度取り分けて口をつけたものも捨てましょう。食べるぶんだけ取り分けておいたり、小分け冷凍を活用すると、ムダを減らせます。

発売中のBaby-moでは、夏のおでかけやお部屋での過ごしかたをドクターがアドバイス!

babymo2016sa

buy-button-amazon

アドバイス/わたなべ医院 院長 渡辺とよこ先生 都立築地産院小児科、都立墨東病院周産期センター・新生児科部長をへて現職。NICUや定期健診、診察で多くの乳幼児&パパ・ママをみてきた先生ならではの親身な助言が好評です。
出典:Baby-mo2016年夏秋号より
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム