歯ブラシを拒絶! タイプ別・歯みがき成功のコツ!

コラム
公開日:2016/07/24
更新日:2016/08/25
歯ブラシを拒絶! タイプ別・歯みがき成功のコツ!

歯ブラシを見ただけで号泣! 寝転んだら絶対に口を開けない! など、歯みがきや歯ブラシをイヤがる赤ちゃんに、ママもヘトヘト……。赤ちゃんのイヤイヤ対策には、それぞれのタイプに合わせたアプローチが効果的です。上手なブラッシングの方法とあわせ、ドクターに教えてもらいました!

イヤイヤその1 絶対に口をあけない大暴れタイプ

痛くないみがき方を工夫し、子どもの抵抗心をリセットして

イヤがる原因は、歯みがきが痛い場合がほとんどなので、やわらかい歯ブラシを選び、痛くないみがき方を工夫しましょう。また、歯みがき絵本を読むなどで赤ちゃんの抵抗心も減らして。

イヤイヤその2 歯ブラシを見ただけで逃げる恐怖症タイプ

b20160724nagasawa03

絵本やぬいぐるみで、歯みがきをイメージアップ

歯みがきはこわいことではないと教えてあげましょう、歯みがきの絵本やDVDを見せて、楽しい気分で歯ブラシをもたせ、絵本や人形に歯みがきをさせてみるといいですね。

イヤイヤその3 大泣きしてみがかせない号泣タイプ

「ハッ!」とすることで注意を引き、短時間ですませる

とにかく手短にすませましょう。「あ、にゃんこだ!」など子どもがハッとするようなことを言い、一瞬泣きやんだすきにみがいてしまいます。できたら大げさにほめてあげて。

イヤイヤその4 仕上げの姿勢が無理! 寝転がるのがイヤなタイプ

スキンシップ遊びで、姿勢への恐怖を除く

日常のスキンシップを強化しましょう。マッサージ、くすぐりっこ、ゴロゴロいも虫遊びなどで体にふれられることに慣らし、姿勢の変化に対する恐怖をとり除きます。

歯ブラシが上唇小帯にあたると歯みがき嫌いに!

b20160724nagasawa01

イヤイヤの最大の原因は痛いこと。とくに上の前歯をみがくときに「上唇小帯」(上唇と歯ぐきをつなぐ、筋のような部分)に歯ブラシがあたると痛がります。ママの人さし指で上唇小帯をカバーし、歯ブラシをふるわすようにやさしく1本ずつみがきましょう。

発売中のBaby-moでは、ママたちが気になるベビーの歯のケアについてドクターがアドバイス!

babymo2016sa

buy-button-amazon

アドバイス/クラジ歯科 院長 倉治ななえ先生 日本歯科大学附属病院臨床教授。日本学校歯科医会副会長。生活習慣や子育ての方法を見直して歯を育てる「子育て歯科」の第一人者。講演や執筆など多方面で活躍。
出典:Baby-mo2016年夏秋号より
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム