発熱のあとに、あせもが! かぜと関係ある?(1才1カ月)

コラム
公開日:2015/07/20
更新日:2016/09/15
発熱のあとに、あせもが! かぜと関係ある?(1才1カ月)

Q 熱が下がってからあせもができ、鼻水も続いています。発熱によって免疫力が下がったのが原因?

A かぜをひいたあとにはよく見られることです

免疫が落ちている、というより、かぜをひいたあとによくある反応です。発熱すると、入浴を控えるため、汗や汚れがたまり、結果あせもになることがあります。あせもを防ぐためにも発熱のピークを過ぎたら部分的にシャワーで汚れを洗い流してあげましょう。特におむつかぶれになりやすいおしりは、しっかりと。
また、しばらく続いている鼻水も一般的な反応なので、心配いりません。食欲もあって機嫌もいいようなら、近場の外出程度ならOKですよ。

b20160711nagasawa02

Rくん(1才1カ月)
(身長77.0cm/体重9000g)

「360度回転するおもちゃで、伝い歩きをし始めてから、数日であんよができるように! ……にしても、ずっと回転し続けているので『目が回らない?』とママもオロオロしてしまいます(笑)」(ママ)

お答え/わたなべ医院院長 渡辺とよこ先生 
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。
出典:Baby-mo(ベビモ)2012年10月号「成長ダイアリー」
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム