赤ちゃんの間食はよくない? むし歯になりやすいおやつはコレ!

コラム
公開日:2016/07/12
更新日:2016/08/25
赤ちゃんの間食はよくない? むし歯になりやすいおやつはコレ!

赤ちゃんの大好きなお菓子やジュース。でもおやつのなかには、むし歯になりやすいもの、なりにくいものがあります。幼児期に備えて知っておきましょう(※例に出てくる食品は赤ちゃんにはまだ不向きなものもあります)

むし歯になりにくいおやつ

◆口の中を酸性にしないもの……チーズ、ナッツ、野菜、キシリトールタブレットなど
◆口の中に残らず、サッと通り過ぎるもの……ゼリー、アイスクリーム、砂糖抜きのヨーグルト、シュークリーム、ショートケーキ
◆よくかんで食べるもの……煮干し、りんご、するめ、キシリトールガム
◆ゆっくり酸性になるもの……おにぎり、ピザ、サンドイッチ

むし歯になりやすいおやつ

◆口の中を酸性にするもの……チョコレート(クッキーやヌガーなどを含むタイプ)、あめ
◆粘着性があるもの……ヌガー、チューイングソフトキャンデー、
◆口の中に停滞するもの……クッキー、チョコクッキー
◆甘くてすっぱいもの……乳酸飲料、スポーツドリンク、りんごジュース
◆長い間楽しむもの……チューブ入りアイス、ぺろぺろキャンデー

b20160712nagasawa02

ちょこちょこ間食せず、正しい食習慣を身につけて

むし歯になりにくい生活は、歯みがき以前に正しい食習慣が大切です。食事をすると口の中は酸性に傾き、歯が少しずつ溶け出しています。それでも時間がたつと、だ液などの働きで中性に戻り、溶け出した成分も元に戻ります(再石灰化)。しかし間食が多く、中性に戻る前に次の食べ物が口に入ると、再石灰化が追いつきません。口に食べ物が入っていない時間をできるだけ長く保ちましょう。

b20160712nagasawa01

歯みがきは基本。むし歯がないなら甘いものを控え、機嫌のいいときや週末の徹底的みがきでも。

発売中のBaby-moでは、むし歯予防&歯並びをよくする基本ルールを紹介!

babymo2016sa

buy-button-amazon

アドバイス/クラジ歯科 院長 倉治ななえ先生 日本歯科大学附属病院臨床教授。日本学校歯科医会副会長。生活習慣や子育ての方法を見直して歯を育てる「子育て歯科」の第一人者。講演や執筆など多方面で活躍。
出典:Baby-mo2016年夏秋号より
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム