夏の食べ物はどこまでOK!? ゴックン期・5~6カ月ベビーの離乳食ガイド

コラム
公開日:2016/06/21
夏の食べ物はどこまでOK!? ゴックン期・5~6カ月ベビーの離乳食ガイド

季節を感じられる旬の味わいは、ぜひ赤ちゃんにも食べさせてあげたいもの。でも、離乳食が始まったばかりのゴックン期は、どこまで食べさせていいのかギモンだらけ! 夏の食材から定番メニューまで、食べていいもの・悪いものをまとめました。お出かけ時などにもぜひ参考にして!

【○……安心して与えられます △……量や調理法に気をつければ与えても大丈夫 ☓……塩分や脂肪分が多すぎるなど、赤ちゃんには不向き】

ギモン① ビールに合うおつまみ。ベビーにあげるのはダメ!?

枝豆……☓ ポテトフライ……☓ おしんこ……☓ から揚げ……☓
お酒のつまみは塩分や油分が高め。赤ちゃんにあげるには不向きです。ゴックン期から食べられる枝豆も、おつまみ用はゆで方がかためで塩がふってある場合が多いので☓。洗って薄皮をむき、食べやすくつぶせばOKです。

ギモン② 冷たいめん類は食べやすそうだけど……どこまでならいい?

そうめん……△ うどん……△ 冷やし中華……☓
そうめんはゆででから水洗いを! 暑い夏でも、離乳食は人肌程度の温度を心がけましょう。

ギモン③ 夏が旬のフルーツ。どのくらいあげていい?

b20160621nagasawa01

1回あたりの量はごく少量で……
マンゴー……○ スイカ……○ メロン……○ パイナップル……☓
果物は糖分が多いので食べすぎに注意。アレルギー予防のため、慣れるまでは加熱してからが安心です。

ギモン④ 大人のおやつはあげちゃダメ?

アイスクリーム……☓ かき氷……☓ ゼリー……☓ ところてん……☓
大人のおやつは糖分や脂肪分が多く、赤ちゃん向きではありません。

ギモン⑤ 生で食べられるものってありますか?

b20160621nagasawa02

刺し身……☓ 冷ややっこ……△ 生野菜……☓ 生卵……☓
赤ちゃんは内臓や免疫の機能が未熟で、少しの細菌でも食中毒を起こす恐れがあります。離乳食は、中までしっかり火を通すのが原則。冷ややっこはさっと湯通しすれば大丈夫です。

ギモン⑥ 夏食材の下ごしらえは、どこまで必要?

少なくとも2才まではトマトの皮はとり除きます

b20160621nagasawa03

トマトの皮は消化しづらく、のどにはりついてしまう危険もあるので除いて。種は、便がゆるくなりすぎなければ食べても大丈夫。

とうもろこしの薄皮は奥歯が生えるまでは除きます

b2010621nagasawa04
奥歯ですりつぶせるようになるまでは、下ごしらえを。ゴックン期は裏ごし、モグモグ期以降は食べやすく刻むか、薄皮を除いて。

かぼちゃの皮は食べやすく調理すればゴックン期からOK
かぼちゃの皮には、βカロテンなどの栄養がたっぷり。やわらかく煮て、すりつぶせば、ゴックン期から食べられます。

オクラの産毛はとらなくても大丈夫
板ずりして産毛をとるほうが舌あたりがよくなりますが、そのままでも大丈夫。モグモグ期以降は、種も除かなくてOKです。

発売中のBaby-moでは、赤ちゃんの食べていいもの・悪いものについてさらに詳しく解説!

Baby-mo2016夏秋

buy-button-amazon

アドバイス/帝京科学大学 こども学部幼児保育学科教授 上田玲子先生
小児栄養学の第一人者として活躍するかたわら、トランスコウプ総合研究所取締役として栄養コーチングの手法を開発。『はじめてママ&パパの離乳食』(主婦の友社)など著書多数。
出典:Baby-mo2016年夏秋号より
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム