やっぱり便利!トイレトレーニングを成功に導く必須アイテム

コラム
公開日:2016/06/12
やっぱり便利!トイレトレーニングを成功に導く必須アイテム

「そろそろかな」と思っても、何からどう始めればいいのかわからないトイレトレーニング。始めたばかりやこれから始める場合は、練習グッズを活用するのがおすすめです。多くのママたちが愛用してきた2つの必需品の上手な使い方とは?

ちっちゃなおしりを支えてくれる補助便座

20160612nagasawa01

補助便座はトイレの座面にのせて使う、子どもの小さなおしりに合わせたサイズの便座です。トイレにそのまますわらせると、子どもの小さなおしりではスポリと穴に落ちてしまうことがあるので、洋式トイレでのトイレトレーニングには必需品。

便座にただおくだけのもの、持ち手がついているもの、おしりにフィットするやわらかいタイプのもの、2~3段のステップがついていて子どもが自分で上れるようになっているものなど、いろいろな形状のものがあります。また外出先でも使えるよう、折りたたんで持ち運べる携帯用の補助便座も出ています。選ぶときは自宅の便座の奥行きなどをはかり、きちんとセットできることを確認してください。

おまるではなく補助便座を選んだ理由で圧倒的に多いのは「トイレのあと処理がラクなので」という声。おしっこが出たら流すだけですから、それもうなずけます。また、おまるでトレーニングを始めても、いつかはトイレでのトレーニングに移行することになるので、それなら最初から、という声も多数ありました。

「自分でできる!」の自信がつく踏み台

20160612nagasawa02

洋式トイレに補助便座を置いてトイレトレーニングをする場合、大人が思う以上に、子どもにとって便座の位置は高いようです。
トレーニング中は大人が抱き上げて乗せればすみますが、いずれひとりでトイレができるようになったとき、便座から落ちるなどの危険もあるので、踏み台はあったほうが便利です。「できるだけひとりでできる達成感を味わわせたいので踏み台を買いました。自分で上り下りするよりも楽しいようでしたよ」という声が多く聞かれました。

踏み台として独立したものではなく、ステップがついた補助便座を選ぶケースも多いようですが、「踏み台は別に買いました。少し大きくなったら、洗面台で歯をみがいたりするときにも使えるから便利よ、と姉に教えてもらったので」という先輩ママの声も。大人は何の気なしにやっていることでも、子どもには届かない、高すぎる、という場所は家の中にたくさんあるので、踏み台はトイレトレーニング以外にも使う頻度が高いかもしれません。

『トイレトレーニング大成功100のコツ』にはママを助けるヒントがたくさん詰まっています!

toilet100アマゾンで買う

出典:トイレトレーニング大成功100のコツより ※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム