梅雨どきのニオイ防止講座! 洗いづらいベビーカーのシートや抱っこひも、どうお手入れするの?【新企画 ママスト ライフスタイルラボ Study2】

コラム
公開日:2016/06/02
梅雨どきのニオイ防止講座! 洗いづらいベビーカーのシートや抱っこひも、どうお手入れするの?【新企画 ママスト ライフスタイルラボ Study2】

家事・旅行・インテリアなど、ジャンルを問わずママたちが気になっていることや、みんなに知ってほしいことをシェアする【ママスト ライフタイルラボ】。今回は、これからの季節の重大テーマ「洗いにくいもののお手入れ」についてお勉強! 覚えておきたい日常のお手入れを専門家に教えてもらいます。

汗や湿気が多くなる季節は、まず菌の繁殖を防ぐことから!

b20160516nagasawa10

今回の生徒は……ラボメンバー04 はるかママ&いとちゃん(1才8カ月)
毎日のように使っている抱っこひもや、娘のお気に入りのぬいぐるみ。ちゃんとお手入れをしたことって、これまでに数えるほどかも……。手間をかけずにできる、カンタンな方法を教えて!

洗えない部分のお手入れは、除菌効果のある消臭スプレーが大活躍!

b20160516nagasawa02

雨や汗、食べこぼしなど、ベビーカーにはさまざまな汚れが付着! 放置したままだと、菌が増殖し、イヤなニオイが発生する原因にも……。ベビーカーのシートは洗たく機で洗えるものもありますが、毎日使うものだと、なかなか頻繁に洗うこともできませんよね。

b20160516nagasawa11

そこで、毎日できるお手入れアイテムとして「リセッシュ 除菌EX」などの、衣類・布製品・空間用消臭剤が活躍します。ベビーカーを使ったら、消臭スプレーで除菌対策。このとき、布がしっとりするまでスプレーするのがコツ。2~3回シュッシュッとするだけでは足りず、全体が軽く湿る程度、じゅうぶんにスプレーすることが大切です。対象物から20~30cmくらい離すと広範囲にスプレーできます。シートだけじゃなく、意外と汚れている幌にも使います。

b20160516nagasawa12

消臭スプレーをしたあとは、なるべく早く乾かしたほうがニオイの発生をおさえられるので、広げたまましっかり乾かします。乾いたらたたんでオッケー。玄関に消臭スプレーを置いておけば、帰宅後にまずシュッシュッと習慣づけられそうですね。

b20160516nagasawa13

b20160516nagasawa14

抱っこひもやぬいぐるみなども、リセッシュで除菌。使う前にスプレーするのもオススメ。そのときは、きちんと乾かしてから使いましょう。

ジュースや食べこぼしの汚れは、このワンステップが大事!

b20160516nagasawa15

b20160516nagasawa16

麦茶やジュースなど、水溶性の汚れがついてしまったときは、ぬるま湯につけて絞ったタオルでふきます。このあと、消臭スプレーをしておけば完璧!

b20160516nagasawa17

b20160516nagasawa18

牛乳や油を含んだ食べ物の汚れは、「エマール」などおしゃれ着用の中性洗剤を溶かしたぬるま湯にタオルをつけて絞り、たたき拭きを。こするのはNGで、必ずたたきます。そのあと、ぬるま湯につけて絞ったタオルで同じようにたたき拭きをして洗剤分を落とし、乾いたタオルで水気をとって完了。

お出かけ先での食べこぼしは、早めに応急処置を

b20160516nagasawa19

旅行中や外出先で洋服が汚れちゃった! というときは、食器用洗剤やハンドソープで応急処置を。タオルがなかったら、湿らせた紙ナプキンやティッシュで代用。湿らせた紙ナプキンで汚れた部分を上下から挟み、汚れをナプキンに移すように軽く押して汚れをとります。

汚れやニオイはその場で除去! 今日から実践します!

b20160516nagasawa20

ためになるお手入れ方法を教えてくれたのは、花王 消費生活アドバイザー・部屋干し研究員の弦巻さん。布類がしっとりするまで、しっかり消臭スプレーを吹きつけるのが大事だと知ることができてよかったです! 抱っこひもやベビーカーのシートなど、使用頻度が高いものほど洗いにくいベビー用品。なかなか洗えずに困っていましたが、今日から実践してみます!

花王 http://www.kao.com/jp/

タイトルイラスト/井川枝美 取材・文/長澤幸代

あなたにおすすめ

注目コラム