夫を育てればママがラクになる♪ みんなのイクメン育成大作戦!

コラム
公開日:2016/04/20
更新日:2016/08/25
夫を育てればママがラクになる♪ みんなのイクメン育成大作戦!

パパはイクメン? それともガキ夫ですか? 自分の楽しみを優先する、自分で考えない、楽しいことだけやる、自分のことすらまともにできない……、そんな「ガキ夫」を持つとママの疲労度は増すばかり。元ガキ夫を変えた先輩ママに、イクメンの育て方を聞きました!

さすが!すごい!そして「似てる!」でダメ押し【ほめほめ作戦】

20160413133139

おむつ替えや授乳、寝かしつけなど育児には協力的な夫ですが、そのたびに、私は「さすが!」「スゴイ!!」「わかっているね」「ありがとう」と積極的にほめるようにしています。そのほか、娘のしぐさや顔つきなど、夫に似ているところを言うと大喜びで、ますますやる気に。やっぱり自分に似ているほど、かわいいのかな。(Hさん&Hちゃん5カ月)

感謝の気持ちは第三者がいるところで伝えています【他人の目作戦】

パパをイクメンにするために、感謝の気持ちを口に出すようにしています。ダイレクトじゃなくて、間接的に伝えるのがポイント! たとえば友人ファミリーと会ったときにパパのイクメンぶりを披露したり、夫に聞こえるように「パパはすごいね」とベビーに話しかけたり。そのおかげか、いつも気持ちよく手伝ってくれます。(Kさん&Eちゃん10カ月)

大喜びでパパを出迎えるベビーの顔を見たらやらずにはいられない【パパッ子作戦】

20160413133210

妊娠中から夫にはおなかに話しかけてもらいました。生まれてからはベビーに「パパはSくんが大好きなのよ」と語りかけてきた効果なのか、夫が帰宅すると大はしゃぎでお出迎え。「こんなになつくなんて」と感激した夫はどんどんイクメンに。「すっかりパパッ子ね」と事あるごとに伝えて、その気になってもらっています。(Mさん&Sくん6カ月)

あれもこれもは求めない。楽しく遊んでくれればOK【欲張らない作戦】

子どもが生まれるまでは家事を頼んでもカラ返事で、正真正銘のガキ夫くん。多くを求めるとストレスがたまるので。産後は、家事はいいから息子とたくさん遊んであげてとお願いしました。それだけでも私の気は楽になるし、2人の仲よしな姿を見るとほほえましくなります。私としては、99%満足です。(Mさん&Rくん7カ月)

イクメンを育てる方法は、発売中のBaby-moで!
hyoushiBaby-mo

buy-button-amazon

出典:Baby-mo 2016春夏号
※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム