よだれでほおや鼻の下まで真っ赤に! 悪化させないためには?(5カ月)

コラム
公開日:2015/04/07
よだれでほおや鼻の下まで真っ赤に! 悪化させないためには?(5カ月)

Q 最近よだれの量が増え、口のまわりのほか、ほおや鼻の下まで赤くなってしまい困っています

A.離乳食が始まる前後は、日常的に口まわりのケアをしましょう

離乳食が始まる5カ月は、よだれが増えてくる時期。さかんに手や指もしゃぶるようになるので、よだれがほおやあごにまで広がり、赤くなったりかぶれてしまうこともあります。しぼったガーゼで、こまめに手や指、顔をふいたり、ワセリンを塗るなどして日ごろからケアをするといいでしょう。
赤ちゃんの皮膚の性質にもよりますが、離乳食が始まると食べかすや塩分で赤くなることも。ケアは続けていきましょう。

b20160405nagasawa11

Tちゃん(5カ月)
(身長66.0cm/体重7300g)

「両手で物をつかんだり、手にしたものをなめるだけじゃなくアムアムかんだり、日々できることに変化を感じ、毎日新鮮な気分です。ミルクを飲む量やスピードが以前よりも増し、旺盛な食欲を実感。今は1日3回で各220mlを飲んでいますが、そろそろ離乳食を始めるので回数も考えていきたいです」(ママ)

お答え/わたなべ医院副院長 渡辺とよこ先生 
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。
出典:Baby-mo(ベビモ)2013春夏号「成長ダイアリー」
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム