卒乳をはばむ! 寝ない、泣きやまない、食べない、の3大困ったを乗り切った先輩ママアドバイス

コラム
公開日:2016/02/28
更新日:2019/10/18
卒乳をはばむ! 寝ない、泣きやまない、食べない、の3大困ったを乗り切った先輩ママアドバイス

スムーズな卒乳はママたち全員の願い。だけど、そうもいかないのが育児です。卒乳時の3大困ったを経験したママたちの乗り切りアドバイスを紹介。今、困ってる人、これから卒乳を考えている人は必見です!

お悩み1:おっぱいをほしがって泣き止みません

DMA-sotsunyu8

泣いたときの泣きやませの基本は抱っこ&おんぶ。おっぱいが飲みたいのは空腹のせいかもしれないので、あたためた牛乳をコップで飲ませたり、おにぎりなどの軽食を与えたりしてみましょう。

それでも泣き続けるならパパと交代で抱っこし続けて根くらべ!

【さらに先輩ママのプチアドバイス】

・泣いている子どもの口に手を当ててアワワ。おかしな声に思わず笑っちゃいます。 

・子どもはうちわの風が大好き。空気が変わるのを感じてギャン泣きがピタリと止まります。

 ・洗面所やキッチンに行って、蛇口の水をジャーッ。水の冷たい刺激が気分転換に。 

・鏡で泣いている顔を見せたり、自分の写真を見せたりすると「なんだ?」と興味津々。 

・ベランダや玄関の外に出たとたん、ピタッと泣きやむパターンが多いです。

お悩み2:おっぱいなしでは眠れません

すんなり眠るためには、生活習慣を整えましょう。朝は早く起こし、日中はたっぷりと体を動かします。ギリギリまで起きていないで、就寝30分前には寝室へ行き、静かに背中をトントンしましょう。卒乳すると夜泣きが減り、朝までぐっするという子が多いようです。

【さらに先輩ママのプチアドバイス】

・桃太郎などの昔話ほか、ママのオリジナルもときどき披露します。部屋は真っ暗にしています。 

・寝かしつけはパパにお願いしていて、抱っこ&ユラユラでがんばってもらいます。広い背中におんぶで外に出るのも効果ありです。

お悩み3:卒乳したのにご飯をあまり食べません

イラスト 食事の時間が楽しくなる工夫をしつつ、①おしっこがちゃんと出ているか、②機嫌はいいか、元気はあるか、③何日ぐらい食べないか、をチェック。かたくなに食べない子どももいます。栄養面が心配な場合はいったん卒乳をやめて、子どもの心を落ち着かせましょう。

【さらに先輩ママのプチアドバイス】

・レジャーシートを敷いて、雰囲気を変えてベランダでごはん。環境が変わると楽しい気持ちになり、よく食べました。 

・かわいく切ったり、おにぎりをデコったりしました。大好きなキティちゃんの形ににぎり、にんじんでリボン、のりで目鼻をつけると完食してくれます。

卒乳にまつわる素朴なQ&A

Q 男の子のほうがおっぱい好きで卒乳しにくいってホント?
 A 確かに男の子は精神的に幼い傾向がありますが、卒乳のしやすさ・しにくさは性別より個人差が大きいもの。精神的に成長が早いのに、こだわりのつよい子もいますよ。

 Q 卒乳したのにおっぱいにさわりたがります
A 卒乳して間もないと、さわっているうちにまた飲みたくなりがち。「絶対にダメ」ではありませんが、おっぱいにこだわらないよう、遊びで気持ちをそらしてあげましょう。 

Q 寝かしつけにおしゃぶりを与えてもいい?
A おっぱいの代わりにおしゃぶりを与える人もいますが、幼児期のおしゃぶりは歯並びが悪くなる原因に。はずすのにまた苦労するので、わざわざ与える必要ないのでは。 

Q 哺乳びんの卒業はどうしたらいいの?
A 哺乳瓶からストロー、コップへとスタップアップさせていきましょう。ストローやコップでのみのはお姉(兄) ちゃんらしくてかっこいいという意識を持たせてあげて。 

Q 卒乳のトライ中にママや子どもが病気になったら?
A 子どもが病気になり、食べ物を受け付けないけどおっぱいなら飲めそうという場合は無理に卒乳せず、体調がよくなってから再トライしましょう。ママの体調不良時も同じです。 

Q 添い乳をしてると虫歯になりやすい?
A 食事をしっかり食べるようになっても添い乳を続けていると、食べ物のカスに乳糖がつき、虫歯のリスクが高まります。添い乳をしているならしっかり歯磨きをしましょう。 

Q スパっと卒乳したらおっぱいが痛くて腕が上がりません
A 母乳の出がいい人は時間をかけて量や回数を減らしていきましょう。突然やめると激しい張りや痛みを伴うもの。入浴や運動を控え、冷やしながら乗り切りましょう。 このほか、イヤイヤ期Baby-moにはイヤイヤ期を乗り切る情報が満載!

あわせて読みたいおすすめ記事!
卒乳時期はいつがベスト?方法や進め方&先輩ママ経験談紹介【医師監修】

hyoushi アマゾンで買う

お話/米山万里枝先生 東京医療保健大学 医療保健学部看護学科教授。助産師として多くの出産に立ち会い、母乳育児の指導を行ってきた、授乳・卒乳のエキスパートです。

イラスト/古谷真澄  出典:イヤイヤ期Baby-moより※情報は掲載時のものになります。

あなたにおすすめ

注目コラム