赤ちゃんのうんちがゆるいまま。離乳食の内容を変えたほうがいい?(1才6カ月)

コラム
公開日:2015/02/12
更新日:2016/09/15
赤ちゃんのうんちがゆるいまま。離乳食の内容を変えたほうがいい?(1才6カ月)

Q うんちがいつもゆるゆるです。食事の内容を変えるべき?

A.機嫌がよく、食欲も変わらないならメニューを変えなくても大丈夫

うんちの状態や回数には個人差があり、いつもゆるめの赤ちゃんもいます。また、かぜをひいたりするとゆるゆるうんちになりがちです。治ったあとも下痢のような軟便がしばらく続くことも。機嫌がよく、食欲もあるなら心配ありません。バランスよく食べているなら、食事の内容もそのままで構わないでしょう。
ただ、ミルクを牛乳に変えることで、うんちが少しかたくなることもあります。1才6カ月なので、そろそろ卒乳にスイッチしてもいいですね。

b20160216nagasawa06

Yくん(1才6カ月)
(身長81.0cm/体重10.1kg)

「1才4カ月で歩けるようになり、それから一気に成長している感じがします。前よりもコミュニケーションがとれるので、かわいさもひとしおです! 最近はキッチンでいたずらをするのが大好き。しかられるのがわかっているのに、すきを見てキッチンに進入。今日もお米を見つけてこの通りです(汗)」(ママ)

お答え/わたなべ医院副院長 渡辺とよこ先生 
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。
出典:Baby-mo(ベビモ)2014~15冬春号「成長ダイアリー」
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム